忍者ブログ
うぃっと次回公演「ニコ先生と説教の森」5月3日(木)~6日(日)あさくさ劇亭にて。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
先日の連休の旅の最後に、すごいトラップが待っていた!

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。


奈良で豆腐屋と会い、
翌日は平城宮跡を走ってから
夕方電車に乗って柏へ移動。

日曜は柏の葉公園10周30kmを走る大会。
フルを走るのに30km走ってすごく役立つのだ。

相棒と共に走り終えて北千住へ。
先日の公演の写真を撮ってくれた元劇団員のNM氏と会うために。

そして着いた店が…イタリアン。
店外からわかるくらいの猛烈なチーズ臭…

いやいやすごかった。
くれぐれも、今回だけな(´Д`)

******
□1
GRANDSLUM2018
うぃっとのうたのじかん
□2
「TOKYO WANGAN WIT」
解説(9)
******

□1
GRANDSLUM2018
うぃっとのうたのじかん
2/24土
夜18:30~
江東区文化センター4階和室にて。

○うぃっとのうたの秘密に迫る!

・「あの名曲」を一緒に練習して唄ってみよう♪

・まだまだいっぱいすごい歌がある。
その成り立ちも聞きながら、
うたのじかんをゆったり愉しんでみませんか。


「興味がある」
「一緒に歌ってみたい」
「私も何かやりたい」という方は、
連絡くださいね♪

#コメント欄からどうぞ。


○次回本公演は、
5/3(4?)~6
毎度おなじみ
あさくさ劇亭 にて。

詳しくは、また次号で。

******
□2
劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第9回
9)シレットクイズ(2)

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
G=ガーギー木村

--------

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した イヤな奴
シレット (シレット) シレット クイズ

C:みなさんこんばんは、シレットクイズの時間です。
本日の出題者は、港屋八兵衛さんです

T:こんばんは、4.5.6.7、港屋八兵衛です。

C:続いて回答者を紹介します。
____さんです。

※G:よろしくお願いします。

C:それでは早速問題をどうぞ。

T:議員要請に行きました。
署名を見せると
「区外の人が入ってる。当事者じゃないじゃないか」
と突っ込まれました。
ところが、
現に困ってるお母さんが赤ん坊を抱いて訴えると、
今度は「住民エゴだ」と言いました。
この議員は一体何が言いたいんでしょう!

C:回答をお願いします。

G:これは難しい。
大陸か半島の陰謀かもしれない。
あるいは、アメリカと財界がつるんで…
ウソです。簡単ですね。
議員は何を言いたかったか。
会場の皆さんでもわかりますね。
さんはい、

「お前の話は聞きたくない」

C:またのお越しをお待ちしてます。

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した クソ野郎
シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ

(CM)

※二人の時は、GのところはCが兼ねる。

--------

○困った議員

これは実話が元です。
何党とも言いませんが、
どこでもいるんだな、こういう議員が。

福祉とか子育てとかを話し合う委員会にいながら、
充実を求める要請に対して、粗探しして難癖つけて。
そういった輩の負の働きがなければ、
待機児問題がここまで深刻になることはなかったわけで。

はっきり顔に書いてありましたよ。
「お前の話は聞きたくない」って。

「こんな奴らがいなくなるまで、やめてたまるか」
おかげでボスは長いこと、
保育運動に関わることになりましたとさ。


次回は「瓶詰めにされた男」
ついにキタ!!
これテキストでも載せちゃっていいのだろうか???
「禁断の」なんちゃらです。
お楽しみに。
(つづく)

************

うっかり気を許して息を吸うと、
激しい臭いにぶちのめされる。

食べるものはチーズの入ってないものでお願いしたが、
正直、美味いのかどうかもわからなかった。

最初に出てきたのは胃袋とか言ってたが、
空気も吸いながら食べてるので、私にはゲ●の味がした(´Д`)

次に柔らかく調理された茶色の肉が出てきた。
基本、肉は大好きだが、×××の臭いに感じられた(´Д`)

臭いがそこまでさせたのか、イメージが増幅されたのか、わからない。
だが、わからなくていい。
再現テストとか絶対やめて!

お店の人に失礼な態度は取れないので、大人しくしてた。
お店を決めて誘ってくれた彼にも怒ってはいない。
知らなかったのだから。
どうもありがとう。
ただ、2回目はナシだぜ(´Д`)
今度は違うもので。

あと、これは別の場面で経験したことだが、
そういうネタで茶化されるのも、すごく嫌だ。

食べるものが体を作るし、
その責任を負えるのは本人以外にいない。

人の嫌がることについて、いろんな例で言われることが最近多い。
いじめ、差別、ヘイト、ハラスメント…

言葉とか視覚的な嫌がらせはもちろん困るが、
見えやすいし指摘もしやすい。

だが食べ物は直接体内に入るものだから、
それ以上にきつい面もある。

なのにフーハラは自覚してない場合も多く、
理解を得るのに骨が折れる。

人と一緒に飲み食いするのは嫌いではないが、
そういう理解を示そうとしない人も残念ながらいる。
「この人との会食はパスしたい」
そんな人がいるのも事実だ。


ではまた来襲。

拍手[0回]

PR
箱根の山中を猛烈に追走中、
カメラにバッチリ映ってる前で、
足が攣ってきたので一瞬止まって、
その場で靴紐結ぶくらい
少ない動作で冷静に直す、

そんな駅伝選手を見れて、
新年から大変勉強になりました。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。
今年もよろしくお願いします。

各地のマラソン大会で、
これから流行るかもしれないな(´Д`)

写真は、
落ち着いて畑のネットを直すうちの女優


******
□1
今年の活動予定
□2
「TOKYO WANGAN WIT」
解説(8)
******

□1
うぃっと、
2018年活動予定


○うたのじかん、やります!

2月24日(土) 夜
東陽町にて。

先月、某所のクリスマスパーティで、
場繋ぎで短い曲やネタをやる機会があった。

仲間内の遊びとはいえ、
人前でピンで歌うなんて機会は、
公演の時2,3曲歌う以外、
最近ほとんどなかったので、
(カラオケすら行かなくなった)
いろいろビックリ。

マイクがあったから良かったけど、
声を支える力がだいぶ落ちていて、
自分の中では「うわぁ、どうするんだ」状態でしたが、
あんまり押し出さずに上手に繋ぐ力は、
昔から思えばついたよなぁ。

これが老人力、
もとい、おじさん力ってやつか!

で、思ったこと。

・今まで作ってきた、歌ってきた歌を
このまま錆びさせてしまってはいけないな。

・新しい歌もまた作ってみたいな。


本格的なライブではなく、
音の大きい楽器も使いません。
うぃっとのうたの世界を紹介する
稽古場の延長のような形でやります。

詳しいお知らせは次号以降またしますが、

「興味がある」
「一緒に歌ってみたい」
「私も何かやりたい」という方は、
連絡くださいね♪

#コメント欄からどうぞ。


○次回本公演は、5月のG.W.の予定です。

今のところボスとしては、
去年もやったような変則2本立て、
新作と再演にしようかなって考えてます。


今年はいぬ年だから、
フフフ、
あの作品かな…


詳しい日時・内容などは、
次の稽古場以降で決まり次第お知らせします。


******
□2
劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第8回
8)ババアの店(2)

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

T:いらっしゃい。
今日はひとりかい?

C:今日もひとりだ。
今日もひとりかい?

T:今はふたりだよ。
待ってね、いつもの。

C:いつもの。

T:はい。

C:こないださ、高校の同級生と飲んでてさ、
選択科目何だったっけ、って話になって、
そしたらさ、突然こう言ったんだ
「保育園落ちた!」

T:日本史、ね。

C:会話が弾まない…

T:だめよ、不倫しちゃ。

C:そういや、日本史って必修になったんだっけ。
どんな歴史を教えるかが問題だ。

T:そりゃあ、「聖徳太子は10人の言葉を聞き分けられる」とか。

C:「歴史なんて大河ドラマ見せておきゃいいだろ」って言った奴いたよな。
ホリエモンだっけ? 「歴史修正テープ」

T:エロビデオみたいなの? あれは無修正か。

C:そういや、お尻に貼るテープってあったじゃん。
ピンテープ?

T:ぎょう虫検査、やらなくなっちゃったんだって?

C:ぎょう虫って絶滅しちゃったのかな?

♪ ぎょう虫 ぎょう虫 お尻で ウヨウヨ

T:じゃ、またね

♪ ファウル ファウル ~

--------

○せっかく二人なのに

週刊誌みたいな会話。
つける薬もない。
ピンテープでも貼るしかないね。

20年前は、もっと色っぽいシーンのような気もしたが、
役者も観客も時代もお疲れなのに合わせて、もうね。

一応話のネタとしては、下記のように繋がってる。

------
選択科目

↓ 保育園落ちた
↓ ↓
↓ 日本死ね→不倫叩きの風潮
↓  ↓
 日本史→ホリエモン?の暴言
  ↓       ↓
歴史修正主義→歴史修正テープ
        ↓
ぎょう虫検査←ピンテープ

ぎょう虫の歌
------

だから何だ?と言えば、それまでだが。

さりげなくエロい会話に
行きそうで行かないとこが
いーじゃないか!


次回は「シレットクイズ(2)」
オチが読めたら、
一緒に叫んでみてください♪
お楽しみに。
(つづく)

************

これから奈良に行ってきます。
何しに?
豆腐食いにかな。

初詣は富岡八幡宮じゃなさそうだな(´Д`)
実はどうでもいいんだけどね。

有名な歴史とか観光名所って、
詳しくないしあまり興味もない。

広まってるメジャーな歴史なんて、
勝者に都合のいいものだから、阿りたくないしね。

ただ、土地土地の人に触れるのは、大切なことだ。
声高に叫ばれる、宣伝文句やおためごかしの類はスルーして、
土地や事物から沸いてくる、
生きている者、生きていた者の声を、
皮膚に染み込ませながら、
自分自身の歴史認識を築いていこう。


ではまた来襲。

拍手[0回]

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。


君は10年後の未来を知りたくないか?
知りたい奴は地下鉄に乗るといい。

窓の向こうに映るシワクチャのジジイが、
君の10年後の顔だ。

そして気がついた。
あの頃映ってた顔に、今なってることに。

「そうか、
俺は10年後の未来に辿り着いたんだ。
おめでとう!」


この10年、
走り始めて、運動量も増やした。
食生活も改善した。
ストレスの原因も、だいぶ整理した。

なんのなんの。
だからどうした。


ガッカリするほど時が経ち、
すっかりくたびれてるのを自覚した
年の瀬ですが、
いかがお過ごしですか?

前号のメルマガの文面に、
自ら励まされて、
今年最後の力を振り絞り、
書いてます。
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第7回
7)様々な類焼

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
※今回参考にした名作
小林秀雄「様々なる意匠」
--------

森の中。

C:「吾々にとって幸福な事か不幸な事か知らないが、世に一つとして簡単に片付く問題はない。
(中略)
而も、若し言葉がその人心眩惑の魔術を捨てたら恐らく影に過ぎまい。」

うーん、小林秀雄は難しいだにゃ。

「私は、ここで問題を提出したり解決したりしようとは思わぬ。
(中略)
このような私にも、やっぱり軍略は必要だとするなら、「搦手から」、
これが私には最も人性論的法則に適った軍略に見えるのだ。 」

「批評家の芸風を愉しむ俺ってすごいだろ」って知らしめるために、
ずいぶん回りくどい苦労をしたんだな。
その努力は認めよう。
今はネットの時代だから、何か目立つことやれば注目されるだにゃ。


T:牛を肉鍋で煮たネコ店長、炎上中。

水銀入りのサンマ、炎上中。

ショーケースに入った高校生、炎上中。

線路に入ったアイドル、炎上中。

国際試合であの旗を出したサポーター、炎上中。

守備妨害で優勝を逃した最後のバッター、炎上中。

逆送老人、炎上中。

このハゲ!炎上中。

W不倫子持ち議員全部乗せで炎上中。

叩く奴も、
叩く奴を叩く奴も、
叩く奴を叩く奴を叩く奴も、
火が燃え移って炎上中。


C:(何とか逃げ延びて)
はぁ…ネットは怖いだにゃ…

T:続いて大相撲、
8日目を終わって全焼は、

・段ボール工場
・隅田川沿いの木造密集地
・異常気象の森林
・すき家

以上、各社の提供です。

--------

○シーンタイトル=様々な類焼

もちろん、「様々なる意匠」から派生したアンクル・ギャグである。


○読書の秋?

ガラにもなく真面目に本を読んでる(ように見える)赤っぽいネコ。
小林秀雄に感化され、行動に移そうとする。

赤ネコの結論=「目立って注目される」
難しい本を読んでも、結局のところ、
本人の知的レベルに近い程度の理解や実践に留まるようだ。


○炎上中。

目立つために思いつくことも、
アホなポーズで自撮りしてネットに上げる、ぐらいで、
たちまち炎上してビビリまくり、
あちこちに上がる火の手を見て呆然とするのであった。

みゃあ。
ネットは怖いだにゃ。
SNSは怖いだにゃ。
そこらのガキでも店1軒ぐらい簡単に潰せる。
そいつの未来も同時に潰すけどな。


○続いて大相撲、

…炎上してますね。
公演やってる当時は、想像もしなかったし、
ここまでグダグダ長引くとも。

市場問題、大相撲、富岡八幡、
東京の東の名物にケチがつくことが最近多い。

光が強ければ、闇も深い。
オリンピックが来る分は、何が来るのだろう?

葛西橋の向こうへ逃げれば助かったみたいだ
(東京大空襲)


次回は「ババアの店(2)」
どうしてもお洒落な会話にならない男と女。
お楽しみに。

(つづく)

************

♪訪れてしまった 僕らの近未来
ふちが欠けた切手みたいな 僕らの近未来 ~
(「悪い奴がモーモーマンをやっつける」2001.10 より)


気がつけば、
「限界を受け入れる」体験を多く持った1年だった。

今月だけでも、
先々週のクリスマスパーティと、
先週のリレーマラソンは、正しくそうだった。
どっちも素直に受け入れられたのは、
一緒にいたのが高校の同窓生だったからかもしれない。

自分の知ってる自分の力の
2割でしか歌えない、
5割でしか走れない、
それでもその2割の、5割の100%を、
しっかり準備して、やる。

「もっとできるのに」とは思うが、
できない内外の諸事情を含めて、
これが今の限界、自己ベスト。

「向上することを諦める」のとは違う。
向上したけりゃ、体作るとこから、
息して立って歩くとこから、
積み上げる、それしかない。
1年365日、大晦日でも元旦でも。


2号続けて説教っぽくなってしまった。
おじさんだからな。

では、よいお年を。

拍手[0回]

ライネンキング。

来年こそ十二支に入る!
来年は王になるぞと吠えるネコの話。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

「明日から本気出す」とも似てる。
だがそもそも、
そんな明日などあるのだろうか?


「お前は俺の若い頃に似てる」
先輩や上司に、そう言われた人がいる。

言われた方は様々な受け取り方をするだろう。

「そうかな?」
「いやいや、僕なんか」
「それって高評価?」

でもある時、気づいてしまった。
あの人はなぜ、
「お前は俺の若い頃に似てる」って言ったのか。

今回はそんなお話。
答は続きを読んでね!
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第6回
6)お前は俺の若い頃に似てる

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

T:お便りを紹介します。

「最近先輩から『お前は俺の若い頃に似てる』と言われます。
正直どう受け取ったらいいか、ちょっとわからないところもあります。
先輩は業界の中でも力があり、技術も高く、自分にとっては尊敬できる人の一人です。
ただちょっと通り一遍で、威勢はいいんですが、守りに入ってる感じもします。
自分は堅苦しいのは苦手なので、ちょっとずつ変えようとしてるんですが、
もちろん気を配りながら己を抑えてここまでやってきました。
先輩にはお世話になってるし、人間的にもよくできた人だと思いますが、
ぶっちゃけもう伸びしろはないと思います。
自分は若手のエースとして、次代を担う存在と見られています。
素直に喜んでおくのが正解なのでしょうか」

C:
♪ 明日になれば 明日になれば
明日になればと 言い続け
明日になったと 思ったら
明日は今日だった

約束の時間に 現れず
延ばして延ばして 待ち続け
地球の果てまで 延ばしても
明日はまだ 見えない

T:『お前は俺の若い頃に似てる』
そんな風に言う先輩は、お前のことをどう思ってるか。

こいつだけは認めたくない
甘すぎる
そんなやり方通用しない
躓くと、それ見たことかと内心思う
調子こいて、憎たらしい
世の中なめてる
おいしいとこだけ持ってく

そんな奴を丸めて蓋する魔法の言葉
『お前は俺の若い頃に似てる』

C:
♪ 延びる延びる延びる 影が延びる
延びる延びる延びる 影が延びる
影が延びて 影が延びて
影が延びて 日が落ちる

明日は 永遠に来ない
明日は 永遠に来ない
明日は 永遠に来ない
明日は 永遠に来ない

--------

○なぜそれに気づいたかって?

自分がおじさんになったから。
おじさんのボヤキが、自分の心の中からも聴こえるようになったから。

「こいつは俺のことなんか目標ですらない。
さっさと抜き去れると思ってる。

だが今は勢いやツキがあっても、そうそううまくは行かない。
仕事も組織も人生も、思ったようになんて行かないもんさ。

気づいた時にはガッカリするほど時が経ってる。
心も体も見た目も状況も、すっかりくたびれてる。
柵だらけで動けない。

お前は自分に任せてもらえれば思った通りの仕事はできると言いたいだろうが、
全体の2割も見えてないお前の全力のパフォーマンスは、
掌の上で踊る猿に過ぎない。
対して、年を経た俺たちは、見えてることの2割も動けない。

→結局思ったような仕事なんてできない。
組織でできることなんて限られてる。
人生なんて、借り物の眠ったような場面がほとんどだ。
せいぜい今のうち、ブイブイ言わしとけ」


○そんなおじさんの諦めから導き出される教訓とは

まずそんな前提に縛られないこと。
そこから抜けられない組織は衰えるし人は朽ちてくだけだから、
言ってもわからなかったらとっとと打ち棄てれば良し。

何のために人は人と一緒に仕事を進めるのか。
互いを縛り合い、潰し合い、能力や可能性を抑え込むためではない。
自分も相手も活かす、補い合い、力になる、
一人じゃ見えなかったものまで見え、手の届かなかったところまで届く、
それができなきゃ一緒にやる意味なんかない。

そういう意味のない事業、意味のない組織がうじゃうじゃある。
巻き添え食わないように避けて、枯らしてしまえばいい。

若い人に対して、
世代とか経験とかの括りでくるんで、上手いこと抑え込もうとしちゃいけない。
それは自分たち自身を抑え込んでることでもある。
そんな風に飼い馴らしても、組織も仕事も、枠の中から出られない。

私自身も守りに入るとやってしまうことだから、気をつけたい。
世代や経験の差を越えて、ぶつかり合えばいいし、協働すればいい。

やる気のある奴と、組む。
組んだら明日と言わず始動する。


…最後は強引に前向きな結論にしてしまった(汗
聴いてるか?俺


明日は永遠に来ない。
あるのはどこまでも続く今日だけ。
息絶えるまで、どこまでも。


次回は「様々な類焼」
いつになく勉強熱心な赤ネコが、ネットの炎上にびびる。
お楽しみに。

(つづく)

************

赤っぽいネコは、王になれない。
アキレスが亀に追いつけないように。
来年になると、来年がまた次の年に逃げてしまう。

むしろ己の若い頃に学ぼう。
ろくに物も知らず、全く不器用で、戦いにすらならなかったが、
気構えだけは立っていた。

曰く、
「私はいつも完成品」

常に王者の心持ちでいよう。


それではまた。

拍手[0回]

歴史は繰り返す。
ただの年表です。

1981/6 深川で軍司が襲
1981/10 幸四郎が白鸚を襲
2017/12 深川で宮司が襲
2018/1 幸四郎が白鸚を襲

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

白鸚は隠居名。
白鵬は隠居な。

ゴシップとスキャンダルと事件の
識別をせずに垂れ流すメディア。

タレントの不倫騒動なんて、
何かの宣伝以上の何ものでもない。
その「何か」が美味しいと思って食い付く奴は味音痴。
ゲテモノ食いの方がマシなくらい。

はい、そういうわけで、
今回のお話は高貴な人々の下衆な嗜みについて。
はじまりはじまり♪
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第5回
5)出歯亀論

C=しなやかしなちゃん
(うぃっと国の王子)
T=てんこ
(ふにゃばし国の王女)

※今回参考にした名作
「デカメロン」

--------

T:おお! おおお!
いいねいいね。
あのねえちゃんいいスタイルしてる。

牛(召使)「姫様、私にも私にも…」

おおお!

C:楽しそうだね。

T:王子も見る?
うひょう、キュッと締まってて
あ、王子は機械モノ嫌いだからやめとく?
いいねいいね…

C:何でも毛嫌いするのは良くないからな。
どれ?貸してみて

T:もう!
素直に見たいって言えばいいじゃない。

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん

C:(覗く。キュウリが見える)
ありがと。

T:どうだった?

C:ちょっと細過ぎるかな。
肌はあんまりゴツゴツしてない方がいいな。

T:旦那、結構要求高いねえ。
ちょっと待ってて。探してみるから。
お。これはいい!
肌に艶があってパッツンパッツンだ。

牛「姫様姫様…」

おおおおお!!

C:悪いね。
催促するつもりはなかったんだけど。

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。ナスが見える)

うーーん、

T:パッツンパッツンでしょ?

C:ちょっと黒過ぎるかな。

T:この贅沢者!

C:あ、でも、このシリーズいいから続けてよ。
1日10本ずつ、10日間とか。

T:そうかい?
まあ言われなくたって、やめられないんだけどね。
おおお!!! 完璧なフォルム。

牛「姫様、早く…」

おおおお!!
ラインがくっきり…

C:あ、並んでください。
僕が先ですから

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。オクラが見える)

お、そう来たか。 
綺麗な曲線だ。
でも硬いんだよな…

T:王子ったらもう手厳しい。
よし決めた。
王子の好みのど真ん中、探しちゃお!

牛「姫様、こんなのはどうですか?」

T:あ、これ、いいねいいね。
ボリュームたっぷりでむっちりしてて。
王子はこういう感じが好みだよきっと。

C:わざわざありがとう。
どれどれ?

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。大根が見える)

おお! むちむちで。
色に染まってない素朴な感じもいいね。
てか、いつから俺は草食になったんだ?

T:草食なのに、エロい。
王子も好きだね。

C:お互い様だろ。
あ、ちょっともう1回貸して。
えーと、この辺だったかな。
あったあった。
これはすごい。美しい。
地球上にあるのかってくらいの美だ。
これってむしろ、男より女性の方が好みかもしれない。

T:期待しちゃっていいの?

C:もうバッチリ。
今までのお礼ね。
ちょっと覚悟して、見た方がいいよ。

T:そんなにすごいんだ。 どれどれ…

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。上半身裸の王子が見える)

…………。

C:お気に召しましたか?

T:何で手ブラなの?

C:今いろいろうるさいから。
「男でも乳首出すな」とか。

♪ファウル ファウル ~

--------

5月公演で再演した「ふにゃばし」の
王女と王子の設定が早速ここに登場!

○双眼鏡でねえちゃんの体を覗き見してる王女

機械モノと人の噂話が大好きな王女だが、
こんなゲスい趣味を持ってたとは!
作者もビックリだ。


○何でも毛嫌いするのは良くないからな。

王子もツンデレ、
というかむっつり?


○でぃろんでぃろん

「キュウリ.net」のシーンではカカキンのサンバのリズムが出てきたが、
このでぃろんでぃろんも、「テクニカルファウル」初演の時に使われたものだ。
当時はカカキン同様踊っていたのだが、
今回はレンズの向こうのアヤシイ肢体を覗き見る効果音だ。

実際見えるのは、野菜なわけだが。


○このシリーズいいから続けてよ。

1日10本ずつ、10日間のお話。
いわゆる「デカメロン」ってやつだな。
作者は真夏の新幹線で1日目だけ読んでお腹いっぱいになった。
これでもかこれでもかと語られる宗教の権威の腐敗ぶりは、
今の世でも変わってないようだ。


○いつから俺は草食になったんだ?

大根のところで、王女が野菜を出して見せてたのに王子が気づく。
これが1つめのオチ。


○今までのお礼ね

王子も仕返しに、とっておきのものを見せる。
もちろん自らの上半身ヌード!
という2つめのオチのはずだが…
何で手ブラなの?


○今いろいろうるさいから。
「男でも乳首出すな」とか。

これがホントのオチ。
「どいつもこいつも風紀委員」
的な最近の風潮に対して毒づいてる。
バカバカしいネタにこそ、主張が入ってる。


次回は「お前は俺の若い頃に似てる」。
これも残酷な本音入り。

毒がいっぱい 栄養満点 うぃっとの芝居♪

お楽しみに!

(つづく)

************

大人になったから、
裸とか絡みとかナシで
とびきりエロいシーンを書きたい、作りたいって、
常々思ってる。

だが実際焼き上がるのは、
小学生のお楽しみ会みたいなお話。
王女の衣装は災害用のアルミシート。


知ってる人は知っている。
家庭料理が一番美味い。

立派なお店になれなくてもいい。
私は炊き出し鍋になろう。

それでは、また。

拍手[0回]

うぃっとが一番よく使う稽古場までの通り道に、
富岡八幡宮がある。

こんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。



地元の人は大変だろうな。
これから年末年始で賑わう時期なのに。
今年の深川の冬は、寒そうだ。。。

ブルブルブルブル…
今日は電車で行こうかな?

******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第4回
4)シレットクイズ(1)

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
G=ガーギー木村

--------

3)シレットクイズ(1)

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した イヤな奴
シレット (シレット) シレット クイズ

T:みなさんこんばんは、
シレットクイズの時間です。
本日の出題者は、赤っぽいネコさんです

C:どうも、赤っぽいネコです。

T:続いて回答者を紹介します。
____さんです。

※G:よろしくお願いします。

T:それでは早速問題をどうぞ。

C:俺が物事を短い言葉で言うと、
「全然わかりません。
もっと具体的に言ってください」
と言われる。
じゃあと思って、
今度は詳しく説明し始めると
「もっと簡潔に言ってください。
何を言いたいのかさっぱりわかりません」
と言われる。
こいつは結局何が言いたいんだ。
俺に何を求めてるんだ。
こっちがさっぱりわかんねえや。

T:回答をお願いします。

G:それは困りましたね。
具体的で簡潔で、それで話が通るって、
気心知れた仲間内か、
誰でもわかりきったことか、
あんまり中身のないことぐらいでしょう。

C:でしょ?
何でそんな無茶言うんでしょうか?

G:答は簡単です。
その人があなたに言いたいことは、
ただ一つ。
「お前の話は聞きたくない」

T:ありがとうございました。


♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した イヤな奴

T:あなたも、シレットクイズに出演してみませんか?

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した 糞野郎

T:応募はこちらまで。じゃあね、バイバーイ♪

♪シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ

(CM)

※二人の時は、GのところはTが兼ねる。


--------

○シレットクイズ

いわゆる「シルエットクイズ」なのだが、
回答者がしれっと憎たらしい答を出すのが特徴。
それを聞いた出題者が怒り狂うのも見どころ。
クイズと言うより悩み相談のような気もするが…


○回答者____さん

練習の時からいろんなキャラクターでやってみました。
あなたの知ってるキャラクターで想像してみてください。
楽しみが広がりますよ。


○この回の内容を整理すると、

・具体的で、
なおかつ簡潔で、
話が通るのは、
ごく限られた関係内か、
話自体にあまり価値がない場合である。

・にも拘らず
両方を求める聞き手は
あなたに対してどう思っているのか。


「お前の話は聞きたくない」

あ、もちろん、
作者の生きてきた中で味わってきた実感も入ってます。
救いのない、胸糞悪い話。
ひねくれてますかね?

筋って通らないもんです。
悔しいけど、諦めたくないけど。

相手や場面によって、やり方を工夫しないとね。


次回は「出歯亀論」。
あの古典が、覗きのレンズ越しに甦る?!
お楽しみに!

(つづく)

************

ガスコンロと椅子を新調した。
机もポチッと注文。
お世話になったモノたちとはお別れも。

寒いけど、風通し良く、
カードを切って、いいカードに替える。
モノも体も。
日々、生まれ変わり。

傍らで日常が切り裂かれても、
今日を生きないと。

それではまた。

拍手[0回]

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

蔵前のドイツ料理店が都電の冊子に載ってた。
相棒が前から通るたびに気になってたそうだ。
「マイネクライネ」

それって津軽では
「ダメだ、来られない」って意味だったような。
俺が思い出したのは、
昔、ぴあだかフロムエーだかに載ってたネタ。

…俺って根っからアンクル・ギャグ(´Д`)


そういやあ、
蓄電池で動く電車のことを
DENCHA(デンチャ)って言うんだって。
「DUAL ENERGY CHARGE TRAIN」の略。

ちなみにイタリアの登山電車の歌
「フニクリフニクラ」の作曲者の名前は、
デンツァ。

東西問わず、
世の中アンクル・ギャグでできている。

↓写真は夏に行った下関

♪行こう行こう、火の山へ~

それでは今週も、行ってみよう!
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第3回
3)ババアの店


C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

T:いらっしゃい。
今日はひとりかい?

C:今日もひとりだ。
今日もひとりかい?

T:今はふたりだよ。
待ってね、いつもの。

C:いつもの。

T:はい。

C:おしぼり。
じゃなくて、口がさびしくないやつ。

T:あ、いつものね。
(マイクを渡す)

C:♪

T:はい、サービス。

C:何だこりゃ。

T:ヘタ。

C:歌手じゃないからな。

T:女と二人きりで唄う歌じゃないでしょって。

C:女はお気楽だよな。

T:そうよ。
男もお気楽じゃない。

C:こうやって毎日、出されたものを飲み、食い、

T:交替する?

C:やだね。哀れさが引き立っちゃう。
別に俺が料理出したってちっとも哀れじゃないけど、
でも女はさ、
出されたものを食ったってちっとも哀れじゃない。
男だけさ。

T:言う割にはよく食べるね。

C:しつけがいいからさ。

C:こないだ入った店でさ、
いきなりピチピチした魚を出してきたんだ。
動いてるやつ。
「何だこれは?」って訊いたら、こういうんだ。

「一昨日きな。
おとと生きな」

T:一昨日でも、昨日でもよろしくってよ。

C:後悔しなくなる飲み物をご馳走になったのって、
いつだったっけ?

T:もう、切れちゃった?

C:…また来る。

T:じゃ、また。


♪ ファウル ファウル 
気まぐれな 出来事
テクニカルファウル

--------

90年代にシリーズ化した「ババアの店」。
うぃっと新聞に連載してた。

男と女の、甘くて苦くてしょっぱくて煮え切らないお話。
話の設定に追いつけるくらいの実年齢になってきた。

初演の頃と大きく変わったのは、
当時は「イカした台詞をキメるいい男」だったのが、
今は「ギャグかまそうとして滑るオヤジ」になったところ。

いずれにしろ、
ボスにはハードボイルドは無理なようだ。
一生消えないギラつきは隠しようがない。


○こうやって毎日、出されたものを飲み、食い、

初演では男はヘアヌードを見ながらぼやいてる。
台本の内容は全然違うのだが、
この辺のフレーズだけは被ってる。
裸の写真を見てなくても、
哀れさが引き立つ男になったぜ。


○後悔しなくなる飲み物

過去にご馳走になったんですね。
男と女の間に、
これまで何があり、
あるいはなかったのか。
多く語らないから、
いろんな想像ができる。

○♪ファウル ファウル

このジングルは初演の時のものをそのまま使用。
最初この部分だけ曲ができてて、
後で足してできた「テクニカルファウル」は、
ちょっとアイドルっぽい曲だ。


○ボスより。

うちの女優は素晴らしいので、
滅多にNGを出すことはないのだが、
今回ババアの店に関しては、
相当繰り返して練習した。
なぜか。

ババアに常に求めていたのは
「この女には勝てねえ」
って存在だったのかもしれない。
男がカッコよくてもカッコ悪くても、
常に手が届きそうな高さで、かなわない。


永遠に
恋していたい
それだけだ

今日の一句でした。


次回は「シレットクイズ」。
人に伝えるのって、難しい。
でも、伝わらない理由がこっちにあるとは限らない。
お楽しみに!

(つづく)

************

なぜメルマガで作品を惜しげもなく公開し、
解説・ネタバラシするのか。

芝居を観たお客さんに対しては、
作品を愛してほしい、
ずっと憶えててほしいから。

観てない・これから観る人たちに対しては、
「まだまだこれからいっぱい書きまっせ作りまっせ」
予告も兼ねた意思表示。

自身にとっては次へ進むため。
1つ1つの作品は、永遠であり、
作る者・作り続ける者としてはとても愛着が深い。
だが、愛にズブズブに嵌ると次へ行けなくなる。
書き記し、残すことで、一区切りつけることはできる。

芝居やるだけじゃ、
やった芝居自体は消えちゃうから、
作品だけが想いとして残っちゃうんだよね。


次はどうする?
年内はゆっくり考える。
そう言ってる間に終わっちゃいそうだな。

また来襲。

拍手[0回]

おはようございます、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

次の公演予定を決める前に、
衣装や小道具の整理整頓棚卸。
作品や資料なんかも。

そんなモードに入ってると、
家の中のモノの寿命や行く末にも目が行ってしまう。
てか、今まで物持ち良すぎた。

家の中の家具や電化製品に、買った年月を貼っている。

掃除機は2004年。
その前が1991年だったから、そろそろか。
既に根元が壊れてて、吸わせるのにコツがいる。

乾燥機は2009年。
あと2年で壊れる。
急に動かなくなるんだよね。

洗濯機は2008年。
色々ケチがついて気分的にはハズレの機種だが、
来年には買い換えられるぞ♪
粉石けんで使いやすい、
自分で設定できる余地が大きいものが条件。

基本的に、機械には指図されたくない。
終わってアラームでさえ、鬱陶しいくらい。

ガスコンロ、2009年。
もう壊れてる。
グリルが片面焼けて止まると、
次がすぐ点火できない。



調理は毎日なので、新しいのを注文。
今度は両面グリルだぜ!

子どもが小さい頃からあった
「愛着仕様」のタンスも粗大ゴミに出す。
パソコンデスクも、3台処分する。
1台は、調理家電置きになってた。

で、何がしたいかって、
床をできるだけ開けたい。

そして、でかい机がほしい。
広くて奥行きがあって、果てしなく平らで。

「創作するには、目の前が開けてた方がいい」
稽古場にいてそう思った。

机は選ぶのに時間がかかってる。
乗って飛び跳ねても壊れない、
傷つけてもしょぼくならない、
頑丈なものだと高いし重い。
処分もしづらくなる。
逆に消耗品と割り切って、
必要最低限の強度のものにするか。
ドラフト1位が、まだ決まらない。

今更ではあるが、作品を創る環境から、
まずは整えつつあるところだ。

******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第2回
2)キュウリ.net


C=しなやかしなちゃん(ニコ先生)
T=てんこ(おくさん)

--------

C こんにちは、ニコ先生の園芸相談です。

T もしもし。

C あ、おくさんですね。
どうしました?

T あのう、
紫蘇が育ったので採って食べてみたんですけど、
紫蘇の香りがしないんです。
もしかして、ただの草なんでしょうか。

C わかりました。
ちょっと調べてみますね。

♪カカカキンキン ~

おかしいですね。
ちゃんと生えてますよ。
紫蘇だと思います。

T ニコ先生、ありがとうございます。
あと、ブロッコリーの芽が食べられてしまうんです。

C おやおや、困りましたね。

T 犯人は誰なんでしょう。

C 誰でしょうね。
鳥とかでしょうかね。

T ネットの隙間をくぐった跡がありました。
犯人は誰なんでしょうか。

C ずいぶん知恵がありますね。

T 虫さんかもしれません。

C いえ、違います。
犯人はキョロちゃんです。
おくさんのベランダにちょくちょく来てるでしょ?

T まあ大変。
でもキョロちゃんは肉しか食べないんですのよ。
ネットの隙間に入るには大き過ぎるし。

C 「肉の付け合わせにちょうどいいわ。
バッサバッサ」
とか言って食べたんじゃないですか?


T キョロちゃんだったら、別にいいんです。

C そうですか。

T 次に何を植えたらいいですか?

C ぜひ私の畑まで、足を運んでみてください。
毎日ガツガツかまってやると、
何でもよく育ちますよ。

T わかりました。

♪カカカキンキン ~

毎日ガツガツしてないんですけど、
何か育てることができますか?

C そうですね。
まずはそこになってる野菜をもいでみてください。

♪カカカキンキン ~

T 冬でも実がなりますか?

C そして私と一緒に踊りましょう!


♪カカカキンキン ~

--------

毒がいっぱい地雷だらけのうぃっとの芝居なので、
たまにはひたすらお気楽なシーンも良いかと。


○ニコ先生の園芸相談

有名なラジオ番組。
ここでニコ先生とおくさんは知り合った。
全ておくさんの妄想という説もあるが。


○ちょっと調べてみますね。

なぜかおくさんのベランダをすぐ調べに行けるニコ先生。
ハエみたいなフットワークだ。


○♪カカカキンキン

「テクニカルファウル」で使われたサンバのリズムが、
ここでこんな形で使われるとは!


○犯人はキョロちゃんです。

ニコ先生は以前酷い目に遭ったので、キョロには厳しい。
一方、おくさんはキョロちゃんには甘い。
色々噛み合わない二人だが、それでもお互い好意を持っている。


○私の畑まで、足を運んでみてください。

それで行っちゃうおくさん。
しまいには二人で踊ってしまう。

ラジオ番組なのに踊ってどうする?
もうわけわからん!


次回は「ババアの店」。
90年代のうぃっとを象徴するようなシリーズが、
四半世紀を越えて、甦った!
(つづく)

************

ここ数年、内省に入って、
再発進の準備をしている。

老後と言うのかわからないが、
「60歳を越えてから、表現活動で生きていく」
そこに照準を合わせて、
色々考え直したり、組み直したり、
鍛えたり整理したりしてる。

最後は時々ステージに立ちながら、
自作の資料館の館長やりながら死ねたらコンプリートだな。
↑そんな平凡な人生に耐えられるか?俺

葬儀はそこのホールで、
1週間本人が語るビデオ流し続ける。
歌と芝居と説教。
仕込んでおいた料理もご馳走するぜ。

死ぬならそれぐらいやれないと納得できないな。
世のため人のためを置いといて自分のことだけで考えてみても、
俺はそれぐらい、タダでは死ねない。

だから誰であれ、
死にたい、消えたいと言って殺されてたまるかよ!

富士山マラソン、走ってきます。
ではまた来襲。

拍手[0回]

長らくお待たせしました。
風邪で寝込んでました。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。
まさか1週間も苦しみ続けるとは思わなかった。

10月末に、台風接近の中決行された
「しまだ大井川マラソン」を
元気に完走した時は、
「俺って強い、無敵!」な気分だった。

その後も1週間は全然無事で、
連休は焼津に泊まって
港の周りを元気に走ってたが、
突然やられてしまった。

まあ、急に寒くなったしね。
病魔は慢心を見逃さなかったか。
色々考えさせられる体験でした。


******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第1回に入る前に、
まずセットリストの確認からどうぞ。
↓ ↓ ↓

<1・2日目>
【TOKYO WANGAN WIT】

出演:
しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村

[オープニング]
・秋の夜長に虫の声

・ボウリングのピン?※
・シレットクイズ(1)※
・シレットクイズ(2)※
・リスクの分さん※

[うぃっと名作劇場
「ひかり1975ひよこ2005(後編)」]

・京都(乗務停止)
・舞鶴(からしれんこん殺人事件)
・明石ロボ牛(乗務停止解除)
・山陽道を西へ
・鞆の浦(浦島伝説)
・瀬野八(意地悪ゴードン)
・廣嶋(土龍ケンジロウ2000本達成)
・オーノ練習場(メイドの合宿生活)
・錦帯橋(鵜飼音頭)
・防府天満宮(ミッキーの正体)
・ユダ温泉(最後の婆さん)
・小倉(伝説のひかり号の傾き)
・博多(ひよこは何になる?)

[エンディング]
♪それでも地球は青かった※


<3・4日目>
【TOKYO WANGAN WIT
powered by テクニカルファウルver3.0】

出演:
しなやかしなちゃん
てんこ

[オープニング]
・ボウリングのピン?※

・キュウリ.net
・ババアの店(1)
・シレットクイズ(1)※
・出歯亀論
・お前は俺の若い頃に似てる
・様々な類焼
・ババアの店(2)
・シレットクイズ(2)※
・瓶詰めにされた男
・リスクの分さん※
・雨と官憲
・ボロボロな妥協
・凍死ジャーナル
・ともあれ、君は美しい

[エンディング]
♪それでも地球は青かった※

--------

※のシーンは全回共通でやったものです。
「ひよこ」の話が一番長いので最後にして、
お話の解説は後半2日間のプログラム順に追って行きます。


第1回
TOKYO WANGAN WIT~ボウリングのピン?


C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
G=ガーギー木村
後半2日間は不在のガーギーの分は、
二人で分担。

--------

C みなさんこんばんは、
しなやかしなちゃんです。
TOKYO WANGAN WIT、
この番組は、
辰巳東雲枝川豊洲有明台場夢の島の7局と、
ロシアの森下放送局を結んでお送りします。

今日1曲目のナンバー。
朝の連続テレビ小説
「蟹工船」
オープニングテーマ
「地獄のロッカー」

♪ おら、地獄さ行くっぺ
(イントロ)
 ~
(曲が続く)

T おい! 何だよそれ!!

C うわ。お前、何だよ。
何でそんなとこに置いてあんだよ。
ディレクター!

T お前、早くどかしてこい

G いやですよ。
先輩が行ってくださいよ

C いいから何とかしろ!

G 危ないから離れた方がいいですよ

C お前、爆発とかしたらどうすんだよ

T 落ち着いて、とにかく離れて様子を見よう

G あ、何か光ったぞ

チ、チ、チ、ポーーーン

ピューーーン シューーーーン
チャポ

(各自、離れて頭を伏せている)

「只今の記録、1200km、1200km」

(水色の布を持って)

T ♪ くくくなしり なしり

G ♪ くくくなしり なしり

C ♪ くくくなしり なしり

CTG 
♪ くくくなしり なしり
わ、歯舞 納沙布の沖
ロシアの実効支配にある 
だけど日本の領土
択捉 大きな島
色丹 あと何だっけ 
もう1個 北方領土の名前

くくくなしり なしり
くくくなしり なしり

♪ TOKYO WANGAN ~

T TOKYO WANGAN WIT、
この番組は 
アリサンマ悪の引越センター
アリバイク寿司
くすりの再起堂
健緑社
JRと鵜飼
天知る地知る ヒトゲノム
東京〆卜□
ペーパーカンパニー
ボってる質屋 ボルシチ
以上、各社の提供でお送りします。

(CM)

--------

○みなさんこんばんは、
しなやかしなちゃんです。~

最初のこのあいさつは、
あるミュージシャンの番組の影響。

放送局は、ホントにあるのかは不明。
なお、うぃっとの世界観では、
森下はロシアということになっている。


○「地獄のロッカー」

知る人ぞ知る、
うぃっとのオリジナル曲(1995)
オウム事件の頃作られたので、
歌詞はそんな感じだが、
ブラックな内容をアイドルっぽく唄ってる。

で、ここでツボなのは、
それを「蟹工船」のオープニングテーマに使ってるって設定。
そもそも朝の連ドラが蟹工船って重過ぎだろ!

(うぃっとの設定やキャラクターや台詞・小道具等には
甘くさりげなくソフトにブラックが入ってることがある。
気がついたら「これはひどい」と顔を歪めてね)

で、わざわざ冒頭に
「おら、地獄さ行くっぺ」と
新たに録音して追加までした。

蟹工船の書き出しは正確にはちょっと違うのだが、
自分のうろ覚えを優先して入れてみた。
自作のスタンダードナンバーに、名作のパチモンぽい風格がついた。

元々約10年前の蟹工船ブーム以前から、
「いつか舞台化・映画化するなら絶対地獄のロッカーだよな」と思ってた。
北島三郎に「煮るぞ!1貫」を唄わせるのと共に、ボス長年の妄想である。


○おい! 何だよそれ!

舞台上にいつの間にかボウリングのピンが置いてある。
だがそれは、怪しく光る不審物である。
怖くて触れない。
…やがて、何かが光り、飛翔する音がした。
そういうネタ。

ああ、怖い怖い…
何が?


○くなしりの歌は、何回かやってるからいいよね。
わからなかった方は個別にメールください。


○提供とCM

これまでのうぃっとの芝居で出てきたCMのうち、
いくつかを並べてみたもの。
相撲の懸賞みたいに広告がグルグル回る!
それを舞台でやってみたかった。

CMは昔のネットラジオにも入ってるので、
気になった方は探してみてください。
●TOKYO WANGAN WIT●
http://www.geocities.jp/nikochanda4/radio/radio.html


次回は「キュウリ.net」、お楽しみに。
(つづく)
************

そんなわけで、次回公演どころか、
公演の写真さえ、まだ受け取ってません。

年末大掃除よろしく、
小道具・衣装やこれまでの活動の棚卸しをしがてら、
楽しい話をお届けできればと思います。

それではまた。

拍手[0回]

公演が終わって、
あっと言う間に半月が経ちました。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

新たにメルマガ登録された方には、
こちらでははじめまして。

不定期ですが時々送りますので、
これからもよろしくお願いします。


お客さんの感想には、
いつも感謝してます。

私たちが舞台で伝えたものが、
東京で2017年に記したこの公演が、
広い世界や長い歴史の中で、
どんな位置にあり、意味・役割を持ち、
どんな色や模様を描き、音を奏でていたのか、
あらためて確認できました。

月並みですが、今後も歩む糧にします。


○公演の写真データがまだなので、
開演前の舞台の写真をどうぞ。


******
劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

---------

○公演の感想より


・初めてみるお芝居で近さにびっくりしました。
内容は私には少しむずかしかったのですが
迫力が伝わってきました。

・初めて!初めて!観させていただきました。
お二人の“エネルギー”というか“
表現”したいことしようとする姿に圧倒されました。
思うことを日頃深くしていない(?)ので
わずかしか受け取れなかった~と思います。
(最後だけはストレートにわかりましたが)


今回は初めての方も多かった。
ビックリしたんじゃないかな。
これからもよろしく。


・不思議な感覚。
野菜がたくさん出てきて…
育てているものって出るもんだ。

・本当に久しぶりの公演でした。
あっという間でした。
“ウィット”ですね。
また楽しみにしています。

・斬新な舞台だなと感じました。
二人だけですべて進行するのが単純にすごいなと思いました。
今まで見たことがない種類の舞台で新鮮でした。
未来と現在へのメッセージが込められているのが
個人的に良かったです。



舞台って元来
ものすごくローカルなものだと思う。
特に小劇場なんて。
私信に近い表現・表現者がもっとあってもいい!

近年小劇場も、きれいで、わかりやすく、
普段観ない人にも入りやすくなってきた。
ハード面でもソフト面でも。
それはいいことだとは思う。

マニュアル化テンプレート化した部分も多く、
「制作から役者まで」
チェーン店のように当たり外れの少ない品質で
エンターテイメントを堪能できる、
そんな状況がだいぶできてきた。
好き嫌いはともかく。

ただ、ツールの進歩や知識・経験の蓄積も、
≪ここにしかないもの≫
に向けて行かなきゃ勿体無いな。

うちはそういう意味じゃ家庭菜園だから、
育ってみないと上演時間すらわからないけどね。


・これが昔のモノ?びっくりです。

・キャストが多くて楽しかったです。


正確には昔のテキスト・設定・作り方を
今の世界や自分たちの状況を見て再構成したものを軸に、
大部分が新作になりましたね。
当初は昔の作品の手直し程度で考えてたのに
労働量が増えて作者も役者もビックリ!

中の人は二人か三人ってのはナイショ!


・後半のところから難しくなってしまいわからなかったです。


どうもありがとう。
昔は「難しい」って言われることがすごく多かった。
良くも悪くも。

それで何も残らなかったら意味がないので、
今世紀に入ってからは相当わかりやすく作ってる。
あえて安直な方法を取ることも覚えたし。

いつも宣伝文句に使ってるけど、
「小学生のお楽しみ会」レベルを極める方向でやってる。
それでもハンバーガーにポテトばかりじゃ飽きる。
たまには分厚い肉を出して、歯応えも感じてほしい。

ただ嚙みづらかったのは反省しないとね。
今回はパンフが簡単なものしか出せなかった分、
物足りなかったお客さんもいるでしょう。
次回はナイフとフォークぐらいは用意します。


・いきなり北方領土から始まり
架空か現実かわからない世界が次々と流れ不思議な感覚でした。
ただ世の中何だかわからない混沌としたworldに突入した感じとよく重なり
最後の歌に集約された感じがします。


そうそう、世の中の狂い方とはいい競争だよね。
「まさかこんなバカなことはしねえだろ」と台本を書くと、
そんな俺たちが口あんぐりするようなバカが現れる。


・公演お疲れさまでした。
ゆっくり休んで、次の公演まで充電してください。


はい、とっても疲れました。
今回はメッチャきつかった。。。
まあ、変則2本立てで、
1本はほぼ新作だったからな。

ラヂヲショーってスタイルとか、
お題を決めて、書き下ろすってのは
いい経験になったし、
構成・演出する力も舞台で出す力も
そこに挑戦できるくらいついたことも確認できた。


あと、
古今の名作が持つ「ことばの力」を
今回は強く感じた。

公演の振り返りと、
今後についてはまた次号で。

************

「人生フルーツ」
月曜にやっと観た。

素直に、
あんな風に生きてみたいなあ。

結構影響させやすい性質なので、
模様替えの神が降りてきて大変だ。


ではまた来襲。

拍手[0回]

メルマガ登録はこちら
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]