忍者ブログ
うぃっと2019師走公演「僕らの近未来」ご来場ありがとうございました。…劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
「21世紀の歴史」という本があって、
現在2020年の3月です。
「東京オリンピック延期…」あたりまで読みました。

みなさんこんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

その先を読もうとしたら、ページが焼けてて読めません。
空襲でもあったのか??

戦争を疑似体験してるような世の中でございます。
このまま実物の戦争に気がついたらなってるとか、
戦闘はないけど国民が臣民に切り替わってるとか、
こわいこわい(´Д`)

来週は、東京から出られないかもしれない。
再来週は、家からも出れないかもしれない。
その翌週は、病院から出れないかもしれない。
そのまた翌週は、現世から出れるかもしれない。。。。。

不要不急の用事は自粛して、どこかで憂さ晴らし。
不要不急の仕事は休めばいいのに、通勤電車は混んでいる。
不要不急の幼児はいない。
不要不急の老人はゆっくり過ごせばいい。

削ぎ落とし、切り捨てるものを誤らないように。
意図的に誤らせないように。
ホントに大切なもの、営み、関係、人…
見失わず、しっかり掴んでいたい。

大事に握り締めたそれが、
おまけの切れ端だったり、
お慰め程度のポイントやクーポンだったら残念過ぎる。
お前の人生、おままごとで終わっていいのか?

[結論]
戯れ事は劇場で楽しむのが良いと思う。
↓ ↓ ↓
というわけで、次回公演のお知らせです。

********
□1
次回公演は、7月10日(金)~12日(日)。
場所はいつものあさくさ劇亭です。


「こんな時だから」と
あれこれ気負いたくなる性分だったりもしますが、
しれっと通常運転で、いつものうぃっとの芝居をやります。
むしろ、毎回実験で挑戦だし。
「これはひどい」と役者に言わせるのが楽しみなボスですから、
いつも通り、人々の度肝を抜くショボい展開をご期待願います!


新型コロナ対策をどうするかって?
もうその頃にはいろんな対応がなされてて、
何をやっても当たり前になってるからなあ…

・劇場に入ると、役者が「この虫ケラどもめ!」とアルコール除菌してくれる。

・観客は一人ずつ、段ボールの箱に入って覗き窓から観劇。
入退場も一人ずつ。病院の予約みたいに時間ずらして。

・扉は開放し、工事現場用の巨大扇風機で換気。
風速10mなので、持ち物が飛ばされないよう注意。

・大声は出せないため、観客は備え付けのイヤホンで音声を聴く。
役者は台詞を憶えなくてよくてラッキー♪ ←口パクかよ!

想像するのは楽しいが、実際やるとなるとめんどくせえ…
小劇場の趣も風情もあったもんじゃない。
笑い話で済んでくれればいいが。

まだ時間があるので、考えとくわ。

次号でタイトルをお知らせします。

□2
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」より

前回公演のシーンの紹介と解説です。

第2回は、未来の若旦那。
番頭はん、丁稚どんと来ればもう一人は???
パペットと人形でお届けします。

(T=てんこ
G=ガーギー木村
C=しなやかしなちゃん)

--------

2) 未来の若旦那

G:番頭はん 丁稚どん プチダンファン


C:未来の世界でも、創業400年を超える老舗は繁盛している。
未来の世界なので、事業の効率化が進められた。
番頭はんは悪だくみもできず、丁稚どんもサボれない。
しっかり者の番頭はん、よく働く丁稚どんに囲まれて、
プチダンファンはすることがない。

T:まずいぞ。
このまま若旦那になっても何もできない。
何もできない奴は、メルカリで300円で売られてしまう。

G:そこでプチダンファンは、先代に倣って、
若旦那になるための修行を密かに始めた。
それは、茶屋通い。
おねえさんと仲良くなって、お金を使うことで、店のステータスを保つ。
若旦那の大事な役割だ。

T:だが、プチダンファンには誤算があった。
未来の世界では、透明なチューブで移動するので、
誰がどこへ行ったのか、筒抜けだ。

これでは落ち着いて遊ぶこともできない。
当然丸見えだから、未成年の飲酒も無理。

C:しょうがないからプチダンファンは、お茶だけ飲んで帰ってきた。
毎日毎日お茶だけ飲んで、何がいいんだかさっぱりわからない。
お茶ばっかりで、チューブも滑りが良くて、全然詰まらない。
まことに、つまらない世の中になったもんだ。

--------

○未来の世界では、透明なチューブで移動する

子どもの頃見た未来の本に、そう描いてあったんだもん。

○よく見ると教訓がいろいろ書いてある

・何もできない奴は、メルカリで300円で売られる
・茶屋通いは、若旦那の大事な役割

前者は新自由主義者、後者は老害の絶大な支持を得そうな話だ。
両者の複合体である自民党の広報誌にうぃっとは成り下がったのか…

○つまらない世の中

番頭はんは悪だくみもできず、丁稚どんもサボれない。
プチダンファンは、茶屋へ行ってもお茶飲むだけ。
コンプライアンス重視の世の中だとこうなるんだってさ(´Д`)

(つづく)

********

今月末で終わる「赤塚不二夫会館」へ行ってきた。
昔の作品がいっぱい展示してあって、
「今だったらNG、アウト、あり得ない」だらけで楽しかった。

「タクシーの値上げで客が運転手をリンチする」
「郵便の値上げで客が職員をリンチする」
「鉄道の値上げで…」

やっていけないことではあっても、心の叫びというのはある。
表現するのもありだ。
いけなくてもくだらなくても、思わず膝を叩いてしまう表現もある。

一方で、現実が想像を超えて進展する局面もある。
来週あたり、大臣の二人や三人、感染してるかもしれない。
オリンピックも中止を飛び越えて廃止になるかもな。
学校もやらなくても大丈夫みたいだし。
それでも社畜は休めない(´Д`)

来週の日本の、世界の、運命Y蟹?!

ではまた来襲!

拍手[0回]

PR
学校が休みになったり、
イベントや公演が中止になったり、
いろんな予定が大きく変わった2020年3月。
元気でお過ごしですか。

みなさんこんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

「いつもと違って調子狂うよ」が日常となった数週間。

あれ?
じゃあ、いつも調子の悪い人、
日常と上手く合ってない人は、
どう過ごしてるんだろう??

1)さらに生きにくくなってる
2)やりづらいのはいつものことだから変化ナシ
3)逆にホッと一息つけてる

答は一つではない。
いろんなケースが考えられる。

今年はうぃっとは5月に公演を行わない。
いくつか事情があって、準備が間に合いそうになかったからだが、
最近の状況を見ると、公演入れてなくてラッキーだったかもしれない。
例年通り5月上旬だったら、難しい判断を迫られることもあっただろう。

次回の公演は、7月第2週の予定です。
さすがに7月になって公演中止だ無観客だ…な状況なら、
日本全体おかしくなってるはずだから、そこまでは考えません。
やります。

********
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」より

お待たせしました。
前回公演のシーンの紹介と解説です。

第1回は、オープニング。

暗い灯りの下で、カードを取り合う者たち。
かるた取り?
神経衰弱?
その様は、人の暮らしを覗き見るようでもある。

(T=てんこ
G=ガーギー木村
C=しなやかしなちゃん)

--------

1) カードが見えた。

(カードをめくるT、G)

C:
震災や大災害で、愛しい人や故郷を喪った。
世の中も、政治も、もっとマシになるかと思ってた。
ところが現実は、災害そのもの以上に荒廃してる。 
それはなぜか。


世界を支配し、人を意のままに操りたい奴らがいる。 
顔の見えない奴ら。
奴らは人々を、丸裸にして追い出したい。
締め上げたり、泳がせたり、脅威を煽ったり、
あの手この手で、篩にかけてくる。

だが、人の暮らしは簡単には壊せない。
重ねた歴史、根付いた文化、人の繋がり、
それらの上にある日々の営み。
金だけじゃない、目に見えない蓄えがあるかぎり。
それは奴らに見えないところにある。

大地震が起きた。 
大洪水が起きた。
家や街が崩れた。 
暮らしを支えるシステムが壊れた。


普段はめくられないカードが見えた。
そのほとんどは見たくないもの。
自分の内臓を見るようなものだ。
元々は、愛おしく、なくてはならないもの。

空から誰かが見てる。
ビッグデータの俯瞰図から、虫の大きさのドローンまで。

大災害でカードが見えた。
人の営みの蓄えがどれだけあるかが晒された。

「何だ、まだ行けるやん」


姿の見えない声がする。
奴らはいくらなら搾り取れると、今も計算している。

--------

○暮らしを支えるシステムが壊れた。
普段はめくられないカードが見えた。

いつの間にか、ルールが変わることがある。
今まで当たり前だったものがなくなったり。
突然、屋根や布団を剥がされたり。
偉い奴が悪いことしても、なぜかノーカンになったり。

上が変えることもあるし、
現場が過剰に?対応して、自粛や規制をかけたりもある。
人々の習慣的な部分で、空気を読んで変わったりもする。

自己防衛の加減がわからない。
保身と責任回避。
煽りを受けないよう、叩かれないよう。
あるいは、動けるうちに、儲かるうちに、叩かれる前に。

それらの変更、それらの動きは、
生きにくい人たち、
弱者であり少数者であり、
≪簡単には解けない困った事情をいくつも抱えている人≫に大きく降りかかる。

既存の社会のシステムにうまく適合せず、
何とか隙間に生きる場を見出してきた人たちの、
その隙間を踏み荒らし、破壊し、なかったもののようにする。

それらの実際の多くは、悪気のない多数者によって行われる。

(つづく)

********

大雨とか台風とか来て、
予定が狂ってどうしようって人もいれば、
周りの動きが止まった分、命拾いする人もいる。
毎日平常運転で予定通り進行する環境だと、潰れてしまう人もいるのだ。
雨や嵐があったおかげで助かった人を、叩かないでほしい。

日頃表で生きづらく、葉っぱの陰に隠れるように生き延びている人もいる。
非常時になると、葉っぱの陰に避難してくる人たちもいる。
後から大勢やってきて、邪魔だ退けと追い出したり、
お前たちはズルいと叩いたりしないでほしい。

こんな時だからこそ、多くの選択肢を確保しなければ。
「文句を言わず、出されたものを食え」と言われても、
その人にとってそれが石や岩と同じだったら食べられないわけで。

今この環境で生きにくいと感じた人は、
そうなる前からずっと生きにくい人のことを、考えてみてほしい。

ではまた来襲!

拍手[1回]

2020年3月、
世の中がこんなになってるなんて、
思ってもみなかった。

みなさんこんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

新型コロナウイルスの問題は、
日が経つにつれ新たなフェーズに入り、

イベントの中止や、
突然学校が休みになったり、
あれもこれも買い占め品切れ犯人捜し、

多様な困難と、
想像力の欠如と暴走、
分断と不寛容、
強要する空気…

1ヶ月もメルマガ休んでると、
どこから食いついていいかわからないほど
ツッコミどころだらけだが、

どこをどう突っ込んでも角が立つ、
表現者としても難しい状況だ。

言っても言わなくても、
やってもやらなくても、
どこからでも炎上しかねない、

ウイルスも恐ろしいが、
人間の恐ろしさも薄皮一枚向こうに感じる。

なんのことはない、
人類こそが最凶最悪の病原体なのではないか。

そんな自己嫌悪に襲われてしまう今日この頃、
いかがお過ごしですか。

けれどもこんな時だからこそ、
劇団として、舞台人として、
できること、果たすべき役割はあります。
それを今、話し合い、考えているところです。

ひとまず、もうだいぶ昔の話に思えますが、
昨年末の公演の振り返りを続けます。

お客さんのアンケートより(2)
↓ ↓ ↓ 

********
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

○「面白かった」「気に入った」「印象に残った」シーンがあったら教えてくだ
さい。

・関門…山口県は今…
 色々と今回は笑えました。
 安全なID710
 PCに振り回されている日々
 セキュリティのために何も進まない…
 アナログ時代はそれこそ温故知新…

→近未来つうしんき、ID710があれば、バッチリです!
 何がばっちりかは、回答を控えさせていただきます(´Д`)

・青り運転 にれにれ東京=2020

・ヤギのお母さん、最後のネコちゃん、面白かったです。

→サンマの青り運転、被害者の会を一蹴するヤギのお母さん、
 そしておでんを煮る中の人(と書いてこびとさんと読む)、
 ガーギーはキャラで笑いが取れる天才だと思うわ(´Д`)

・ヤギのお母さんのキャラクターが強烈でした。
 未来の若旦那好きでした。
 てんこちゃんが終始かわいらしかったです。

・チューブの演出、いいです!

→チューブで空中を移動し、茶屋通いする若旦那(になる前のプチダンファン)
 FAXに入り込んでチューブの中を移動するおじいさん(詰まったけど)
 近未来になくてはならない、都市と都市を結ぶチューブは、今回の陰の主役。

・猫三兄弟がおもしろかったです

・来年はねこどし、はじめてきたけど、近未来、わかりやすかったです。

→1000円を割り勘するネコ三兄弟、
 悲願の十二支入りを信じてやまないネコ、
 彼らに幸せが訪れますように(´Д`)

・ぎょう虫のうた

・おもしろかった所は、歌をうたっていた所!!

・「~あと、どれだけ搾り取れるか、今も彼らは計算している」
 高齢者にスマフォを売り付けよう、健康食品を買わせようとする風潮をCMを見
ていて感じています。
 ニコちゃんがあんなに歌が上手だと初めて知った。音痴な俺はうらやましい。

→もうね、世の中そんなんばっかり。
 日本は世界に毟られて、中は既に共食い経済だからな(´Д`)
 20世紀には世界を荒らす側だったって(´Д`)
 こんな時は歌っちゃうしかないでしょ!
 ↓ ↓ ↓

○劇中歌一覧

「僕らの近未来」2001 佐野元春※
「やきいもの歌」1976 荒川少年少女合唱団※
「ぎょう虫の歌」1976 狛江第二小学校6年3組
「なまにく」1999 ブラックビスケッツ※
「モリカンしましょ」1993 CHARA※
「プロにおまかせ」2019
「日本GU-CHA-CHA」1995 近藤真彦※
「恐怖の大王」1999
「煮れ煮れ東京」2019

※は全部ウソ。
劇中でその人の作品と言ってるだけ(´Д`)
実際には「ぎょう虫の歌」以外は全部、うぃっとのオリジナル曲です。

歌の引き出しを開けたら最後、止まらないから♪

(つづく)

********

沼津で高校の教員をしている兄が、
1月末、脳出血で入院した。
それからもう、バタバタ。
2020年、自分が沼津に通うなんて、全く思ってもみなかった。
兄は歴史が専門で、長年演劇部をみていて、
異変に気付いたのも高校演劇の大会の任務の最中だったそうだ。

部屋の片づけをしながら、
その中身の重み、凄みに圧倒され、
積み上げてきたものを無駄にしてなるものかと思う。

それらを失うことは、地球上の知の損失だ。
兄本人にも、自覚してほしいし、決して諦めてほしくない。

一大事が起きて、初めて気がつき、
考えを深め、確信することもある。

外出が減り、経済が足止めを食った今、
ある程度のパニックも仕方ないし、怒りや叫びも必要だが、

この国や世界の人たちは、
とても大事なことを考え、話し合う時だと思う。


ではまた来襲!

拍手[0回]

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。
遅くなりましたが、2020年もよろしくお願いします。

新たに読者になった方、はじめまして。
このメルマガでは、公演情報や作品の解説に、
日々の雑談も交えて、うぃっとの世界を紹介してます。

一応毎週発行が目標ですが、
2週間とか1ヶ月とか、スコーンと飛んだりもします。
寒いと机に向かうのも面倒ですね(´Д`)

先月の公演からだいぶ経ちましたが、
お客さんのアンケートを紹介します。
↓ ↓ ↓ 

********
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html



○ご来場ありがとうございました。
よろしければ、ご感想などをお願いします。

・来られて少し気が晴れました。

→何よりでございます。

・未来 老後 Good
糸でんわ通信もよい皮肉。

→近未来つうしんきID-710。
情報の秘匿性を極めた、高度なセキュリティ。
第三者に漏れることも、データが残ることもありません。

・ゴキブリ印象的でした。
まさか未来は…たしかに自分がおばあさんになるって考えなかったかも。
幸せホルモン…おいしそう、たべてみたい。
ようやくガーギーに会えました。
いやぁーいつもながらシュールなギャグがちりばめられていて、おもしろくみさせていただきました。
てんこさんのトレーニング、ステキでした。

→ハ、ハエなんですけど…
じいさんにならなくてよかったじゃないですか!

・近未来、そうでした。
子どもの頃は夢いっぱいなのに、ちょっとこわい未来、うなずいてしまいました。
こわくて、笑えたおしばいでした。

→人間が一番怖いし、狂気は日常の中にありますから(´Д`)
どこ掘り返してもモグラ叩きのように出てきますよ。

・シュールな世界観、時には分からないこともありましたが、面白かったです。
音響、とてもよかったです!音楽もマイクの声も、すごくよかったです。
舞台もおしゃれですてきでした。
温かくてステキですね~。
楽しい時間をありがとうございました。

→今回は歌がいっぱいでした♪
苦しい時、困った時ほど歌っちゃいます。
小学生の頃の作品とか、放送禁止レベルのあの歌とか、
舞台に載せるなんて、自分でもビックリです!

・ショートショートのストーリーで星新一のような世界観で面白かったです。

→おお!
スタンダードな名前が。
未来を描くとSFっぽくなりますね。
星新一に例えられるとは、だいぶわかりやすいものが作れたのかな。
難解だった頃は、中井英夫っぽいとか言われたからな。

・いつものことながら、ことばにしなきゃいけないことをしっかり、ことばにしてくれる ここのおしばいが好きです!!
なつかしいキャラが時に出てくるので楽しいです。

→日々稽古場でたっぷり雑談して、放牧されたメンバーのエキスを、
秘密の圧搾機でじわーりじわりと搾り出した珠玉のテキストでございます!
キャラクターが勝手に動いて書かせているとも言えます(´Д`)

・その名の通りウィットにとんだおしばいでした。

→W.I.T. ようこそ、わなへでございます。

・初めてみたのでおもしろかったです。
あととてもつたわりやすくうごいていたのでわかりやすかったしおもしろかった。

→そりゃあもう、
糸電話のように伝わりやすいお芝居を、心掛けました!

・みなさんが大きな声で話していたので、とてもわかりやすかったです。
そして面白い歌もうたっていたのでいいと思いました。
また見たいです。

→クラスにいるだろ?
変わった遊びやヘンな歌、唄い出したりする奴!
半世紀経っても懲りないから!!

・小、中学生のまごたちにもお人形?がよかったみたいです。
私は、ところどころきょうめいしました。

→パペットに操られてるみたいで驚きました。
指が攣るかと思ったけど、そうでもなかったな。

・おつかれさまです!「僕らの近未来」は素晴らしいテーマです。ぜひ“後編”も
作って下さい。
(オープニングのバックには、アームストロング船長の音声か、ユーミンの「未来は霧の中」がいいと思います)
坊っちゃん刈りのズラに、半ズボン、ランドセルで登場してもらいたいところですが、ヒゲがあるので、ガーギーにやってもらいましょう。
“未来が明るいとは限らない”って、結構な年になるまで気付かなかったけど(少なくともオレは…)当時の大人は、そんな事は指摘してくれなかった。
今日できなくても明日がある、明日できなくても未来がある、と思い込まされていた。
そしてそんな状況は、昭和も令和も変わらない。
(デジタル機器に囲まれている今の子供たちの目には、未来はどう映っているのだろうか?身近に子供がいないのでわかりません)
結局のところ、“未来”を騙ったサギ商法なのだろう。

→どうもありがとう。
急に思い出したんだけど、
1975年の初頭に、今年の日本を占うみたいな番組がやってて、
ちょうど高度経済成長が終わり、オイルショックの後の時代だったのもあって、
結構悲観的な予測もあって、どっかの占い師が、「●千万人の餓死者が出る」とか言ってた。
まあ、そこまで行かなかったけど、わが家は少し後に貧乏になった(´Д`)

今と比べ物にならないほど情報量が少ない時代だったけど、
暗いもの、怖いもののタブーは少なかったので、
語られてるのはバラ色の未来ばかりじゃなかった。
サギとしては、今の方が悪質だな(´Д`)

(つづく)

********

今回はボスとしては超しんどかった。
短い作品にする方が手数はかかる。

わかりやすさを追ってクオリティが保てるのか?
モチベーションは上がらんし、やめちゃおうかな?とも思った。

「誰だよ、近未来とか言い出したの」…俺か。
暗いテーマになるのわかってたし、面白がってやるには準備が要った。

でも役者たちはすごく楽しんでくれた。
ありがとう、助かったよ。
そしてドッと疲れた。

次の作品をつくるまで、もう少々お待ちください。

ではまた来襲!

拍手[0回]

「マンモスの毛でブラピを釣ってやったぜ。
見よ、宇宙飛行士の俺様のゴッドハンドを」(ドヤ顔)

だが、彼は気づいていなかった。
自分自身が、既に化石になりかけてることを。


こんにちは、うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。
今朝見たネット記事から拾ってみました。
↓ ↓ ↓ 

☆毛利衛さん、貴重な毛を「拝借」 
ブラピに来てほしくて 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00000009-asahi-soci

※記事を読んだだけの感想です。
詳しい事情は知らないので、あしからず※


…このようなちょっとブラックな切り口で、
お芝居を作ってます。
明後日木曜から公演です。
ご来場お待ちしてます。
↓ ↓ ↓ 

********
□1
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

12/26木~28土
あさくさ劇亭にて。

出演:
しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村

--------

俺が育ったのは、学校が荒れてた時代、
通った中学は、監獄みたいなところ。
ひどく自己肯定感の低い少年だった。

高校に入って、終戦を迎えた俺は、
コンプレックスの塊だった。
シャイなんだけど、
周りに合わせたくなくて、
人にとやかく言われるのが嫌で。

そんな俺を見て、
やたらと口出しして
かまってくる女がどこにでもいた。

「こいつだけ何か変」 
見ていてイラつくか、
弄りがいがあるんだろうな。

俺はそれがすごく苦手で苦痛だった。
何とか避けたいと思った。

で、具体的にどうしたか。
弱者の戦略だ。

俺はそいつに対して切れずに、
逆に好意を匂わせた。
手紙を書いたりもした。
ハードルは高くなかった。
あの頃は何十人にも手紙出してたからな。

嫌われる自信はあった。
「わあ、気持ち悪い」と思ってくれと。
うるさくて厳しい女たちだったから、
相手以上に、うるさく行ってみた。

それが功を奏してか、
やがて絡んでくる奴はいなくなった。
実は俺に惚れてたって奴は、
その中にはいなかったようだ。

だが年が経っても、
人の臭いはあまり変わらない。
似たようなケースに遭っても、
大人の対応ができるように準備しておこう。


→月日は流れ、すっかり大人になった男が、
性懲りもなく現れるうるさい女にとった態度、とは???


…続きは公演をお楽しみに!

--------

開演時刻:
12/26木 19:00
12/27金 14:00/19:00
12/28土 15:00

開場は開演の1時間前です。
特にお構いはしませんが、
寒いので、中でゆっくりお待ちください。

チケット:
前売・当日共2000円
(小中学生1000円)
↓ ↓ ↓ ↓
直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/

あさくさ劇亭への道
http://wittokyo.web.fc2.com/gekitei/

劇場で、待ってます♪

********
□2
前回公演
「身も蓋もない話」より

シーンの紹介と解説。


ボロボロに輝いて見えるあの頃には、
自分の分身とも思えるあいつがいた。

若い頃って、
純粋で、不器用で、エネルギッシュで、熱くて、
そんな風に美化しちゃう部分もある。

だが冷静に考えると、あいつも俺も、結構酷い奴。
デタラメで、自分勝手で、姑息で、狡猾で、
視野が狭くて、偏見の塊で。

急に怒ったり、平気で約束忘れたり、
突然いなくなったり、人を盾にしたり…

俺たち、大人になれたかな?
俺たち、まともになれたかな?
今会ったら、どうなるんだろう??

--------

15)昔の仲間と会った

C:何十年ぶりに会ったそいつは、いいおっさんになってた。
思ってたより感じもいいし、話してて面白い。
頭もいいし、昔より気も利くし、それなりに苦労もしたんだろうな。


T:すっかり意気投合して、時間を忘れるほど飲んだ。
なぜこいつと別れたんだろう。
今となってはわからない。
こんなすごい奴と、しばらく会ってなかったなんて、もったいないことした。



C:会わなかった空白なんて忘れたように、それから何度も会った。
今なら一緒に面白いこともできそうだ。
無敵のコンビになれるんじゃないか。
語る毎に夢は膨らみ、それをまた語り合った。

T:けれどもある日、ほんの些細な出来事で、思い出してしまった。
こいつと何で別れたのか。
たった一言、いや、一言にもならないわずかな動きから、
人はそれを思い出すものだ。

C:そうなるともう、隠せない。
言葉にせずとも、彼もまた、思い出す。
そしてある時を最後に、また会わなくなる。
あの時と同じ、ロクでもない後味を残して。

T:この何十年かで、
会わなくなった、関わりを持たなくなった人が、何十人といる。
彼もきっと、そうなんだろうと思う。
多分俺も、そう思われてる。

--------

○キャラ設定

新幹線「ひよこ」と運転士「ハンガー猛」でやってみた。
二人は「ひかり1975ひよこ2005」(初演2005.7)でコンビだった。
http://wittokyo.web.fc2.com/31_hikari/


○思い出してしまった。こいつと何で別れたのか

あの繰り返しは嫌だ、
二度とその手は食うか、
そう思って身構えちゃうから、もう無理になる。
結局、同じようなガサつきを残して、会えなくなる。

じゃあ、全部晒して殴り合うか?
それができるにゃ、失うものを持ち過ぎた。
裸になったフリして、着ぐるみ着たまんまがせいぜいのところ。

会えたことに感謝する。
人生の苦みをありがとう。

お前みたいなすごい奴なら、
どこかで誰かと何でもできるさ。

まあそう言いながら、
会うこともあるかもしれないが、
一歩離れて、応援するよ。

(つづく)

********

冒頭のニュース。

地元・江東区の、
「科学未来館」のお話ですよ。
これもまた、ひとつの近未来(´Д`)

スターの来館も、毛の抜き方も、
情報の洩れ方も、記事の書き方も、
あれもこれも、世の中みんな仕込み。

そしてうぃっとも明日小屋入りで仕込み。
もう、脳みそがうわぁぁ~ ですよ。

…頑張ります!

拍手[0回]

どうしようもなく疲れてくると、
椅子からズリ落ちてくる。
体幹が支えてられなくなるんだろうね。

こんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

身体は去年よりは元気になったし、
ストレス源も段々減らしてるのですが、
それでも机に向かってると限界は来る。
自分が思ってるより早く(´Д`)
この時期だから、仕方ないのかな。

ランニングでも不調な時や疲れが出た時などは、
腰が落ち、上体が後ろに寄っかかってくると、
ズボンまでズリ落ちてくる。

身体が先なのか、メンタルが先なのか?

【剥がれ落ちないうちに書き上げるぞ!】

********
□1
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

12/26木~28土
あさくさ劇亭にて。

出演:
しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村

--------

公演まであと1週間となりました。

私たちは2019年の近未来の世界にいます。
過去から未来を、
あるいはまた未来から過去を見るとどんななのか?

さらに、迫り来る2020年の超近未来も、
チラ見してみましょう♪

演芸の街・浅草と道具の街合羽橋の間にある、
劇亭で、あなたの、私の、近未来がお待ちしてます!


あさくさ劇亭への道
http://wittokyo.web.fc2.com/gekitei/

--------

開演時刻:
12/26木 19:00
12/27金 14:00/19:00
12/28土 15:00

開場は開演の1時間前です。
特にお構いはしませんが、
寒いので、中でゆっくりお待ちください。

チケット:
前売・当日共2000円
(小中学生1000円)

☆前売特典

・【先着30名様限定】
本公演を記念して、
うぃっと特製
「近未来つうしんき」を
プレゼント。
↓ ↓ ↓ ↓
直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/

(次号へつづく)

********
□2
前回公演
「身も蓋もない話」より

シーンの紹介と解説。

出し惜しみしてるわけではない。
なすべきこと、使命感は人一倍あるのに、
枯渇しやすいんです、MPが。

--------

14) MPが削られる…

C:志を持つ者が、上手く行かないのは、
根回しができないからだ。
「そんなの、電話1本しとけば、
一声掛けとけばいいことでしょ」
それが簡単にできる人はそう言う。

しかし、1本の電話、1つのあいさつ、
それをするだけで、どれだけのMPが消費されるか。

型通りのあいさつ、既存のテンプレートに、
違和感を感じてしまう。
例えば今年の入学式の挨拶で、
「誠におめでとうございます」というフレーズが、
3人続いた。
その語感に、何とも言えない引っ掛かりを覚えた。
「誠に」と重ねるごとに、誠には聞こえなくなり、
めでたくなくなっていく。
ではどう言えば、心の底からめでたいのか。
そうやって考えただけで、MPを消費する。

T:MP。マジックポイント。
マジックパワー。
Mはメンタル、マインドを指す場合もある。
魔力や精神力、意志力の量、ということだ。

C:お前はあいさつ1つに、
魔力とか精神力とか使うのかって?
呆れないで理解してほしい。
決まったマニュアルや定型文と折り合わず、
時候のあいさつや世間話にも、
1回1回膨大なパワーを必要とする人が
世の中にはいるってことを。
「簡単じゃん」って言う人の、
無神経な電話や一言に、
これまでどれだけ削られてきたか。

MPがなくなってくると、
鉄棒から落ちるみたいに、
セロテープが剥がれるみたいになる。
粘りがなくなり、支えてられなくなる。


T:そもそも、志ってなんぞや。
それは果たせるものなのか。
果たせた例は、この世にあるのか。
あなたは私は、見たことがあるのか。

--------

○型通りのあいさつに違和感

たとえそれが儀礼的な要素の強い、
黙ってただ出席することに最大の意味がある(とされる)
会や式であっても、
型通り右から左に流れていくと、
「それ違うんじゃない?」
「ホントにそれでいいの?」と思ってしまう。

○粘りがなくなり、支えてられなくなる。

ホントにそうなんだ。
前にも書いたけど、
歌で言えば声が支えられなくなって、
ドヘタクソになる。

字を書いてもやっぱり支えてられなくて、
ペン先があっちへこっちへ暴れ、酷い字になる。

メールの1本、コメントのレス一言が書けなくなる。
無理に返そうとすると…
…とんでもないこと書いて送っちまったりする(´Д`)


○志って果たせるものなのか。

果たせた例に、私はなりたい。
ずっとそう思って生きている。

(つづく)

********

芝居はウソだしヤラセだし、お約束もいっぱい。
だけどその中にどうガチの粒を混ぜ込むか。
そういう面白さは捨てられない。
風船だと思ってふわっと受け止めようとしたら鉄球だった、
…なんてワクワクするじゃん。

ではまた来襲。

拍手[0回]

洗濯する時は、粉石鹸を使う。
洗浄力を出すため、しっかり泡立てる。
それでもできるだけ少ない量で済むよう、少なめの水で洗う。
泡立ててる間、洗うものを洗面台で軽く湯に浸す。
粉石鹸は残りやすいので、多めの水ですすぐ。
洗濯機は全自動だが、途中で設定を変える。

便利なものは活用したいが、
自分で調整できないものは無理(´Д`)
↑これが理解も共感もできない人と付き合うのは難しい。
できれば関わり合いたくない。
せめて、放っといてください。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。
一昨日、55歳になりました。

「なかのしくみ」が見えないと
落ち着かない、納得できない性格です。
人に仕事を振るのは得意じゃないな(´Д`)

【今週もじいさんの説教が始まったのか?】

********
□1
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

12/26木~28土
あさくさ劇亭にて。

出演:
しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村

--------

おじいちゃん!
何度言ったらわかるの?
チューブが詰まったら、赤ちゃんが通れないでしょ!

俺からの返事は一つ。
押しつけがましいアドバイスは、一切お断りだ。

撃ち方、用意。

--------

開演時刻:
12/26木 19:00
12/27金 14:00/19:00
12/28土 15:00

開場は開演の1時間前です。
特にお構いはしませんが、
寒いので、中でゆっくりお待ちください。

チケット:
前売・当日共2000円
(小中学生1000円)

☆前売特典

・【先着30名様限定】
本公演を記念して、
うぃっと特製
「近未来つうしんき」を
プレゼント。

あくまで芝居の小道具扱いです!!
技適マークとかついてませんから(´Д`)
日本国内で、実際に使用とかはできません。
オモチャとしてお楽しみください。

…是非前売で買ってくださいね♪
↓ ↓ ↓ ↓
直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/

(次号へつづく)

********
□2
前回公演
「身も蓋もない話」より

シーンの紹介と解説。

子どもの頃、テレビで怖いシーンになると、
柱の陰に隠れて、耳を塞いだものだ。

さてここに、怖ーい仕事が載ってる紙がある。
ああ見たくない、触れたくない。
でも処理しないと、ずーっとこいつに祟られる…

そこで考えた、一つの解決策。
今回は、そういうお話です。

※ネタをネタとして読めない方は、クソしてネタら?

--------

13) ゴミ屋敷の作り方

♪茶茶壷 茶壷 茶壷には蓋がない
 底を取って 蓋にしろ

G:フッター。
書類の一番下にあるのに、フッター。

自分の仕事を人にフッター。
書類の一番下に入れておく。
「フッターって言うんだから、一番下に決まってるだろ」


T:あ!こんなところに仕事埋めやがって!

「それを防ぐために天地返し」

G:太郎を眠らせ、書類の下に書類は降り積む。

T:あ!また下に埋まってる。

「それを防ぐために天地返し」

G:次郎を眠らせ、書類の下に書類は降り積む。

T:どうせまた埋めたんでしょ

「それを防ぐために天地返し」

G:真ん中に、古くてやってない書類が溜まっていく。

C(ニコ先生):
負のオーラを出して、ブラックホールになる。
いろんなものを引き寄せて、ゴミ屋敷ができる。
ステージの真ん中、土に還ります。

G(キムラ教授):
しかし、すべてのものは家に帰るんです。

C:訊いてませんから。

G:いいえ、すべてのものは我に返るんです。

C:一貫性がないですね。
土なんですよ、やっぱり。

G:ステージが一旦下がったものが真ん中に近づいて行くと、
慣性でさらに上の方に抜けて行きます。
そのようにして、家に帰ったものは、我に返るんです。


C:我に返ったらどうするんですか?

G:こんなことしてる場合じゃなかったと、家に帰るんです。


C:結局そうやって、土に還るんですよ、最後に。

G:慣性が働きますから、
中央に留まるなどということはないのです。
何かしら摩擦のようにエネルギーの損失がないと、
中央に留まることはできないのですね。
何が摩擦として働くのでしょうか。

C:ブラックホールです。
書類を何度も何度もひっくり返してると、
真ん中の方に仕事が溜まって、
毒を発してブラックホールになる。
すべてのものを真ん中に吸い込むようになる
→すべてのものは土に還る。

G:なるほど、すごい考えですね。
仕事を溜めるとブラックホールができる。
これは宇宙科学の画期的な発見だと思いますよ。

--------

○フッター

常識ある社会人にとって、人間関係は最も大事。
角を立てず、さりげなく、円滑に仕事を振る方法は、
溜まっている書類の山の「一番下」に入れてやること。
特に、憎いあいつなら最適。
人に仕事をなすりつけて、責任は逃れて、
気づかなければ時限爆弾のように…

※良い子は決して真似してはいけません。
※でもいきなりシュレッダーにかけちゃうより良心的(´Д`)

○天地返し

必殺技には返し技がある。
だが天地返しをしたところで、自分に返ってくるだけである。

○ブラックホール

処理されることなく真ん中に溜まった書類。
ブラックホールのそもそもの発祥である。
1枚の紙、1個のオマケ、一片のピーナツの殻が、
ゴミ屋敷を形造っている。
それは個人に限った問題ではない。
社会のダニ、組織のガン、何でも来いだ(´Д`)

(つづく)

********

そんな私でも、
「食洗機のフィルターは毎回洗ってください」とか言われると、
「は?」とか思ってしまう。

手で洗うのがヤだから食洗機使うんだろボケ(´Д`)

場所取るし、かかる時間は手洗いの方が短いし、
そんな面倒があるなら買わねえよ。

コーヒーメーカーにも変なことが書いてある。
「サーバーをあらかじめお湯で温めて頂きますと、
保温効果が高まり、よりおいしくお飲み頂けます」


書いてあることに間違いはない。
だがそもそも、
「お湯を沸かさなくてもコーヒーが飲めるように」
お前はそこにいるんじゃないのか?
てめえで温めろ(´Д`)

最初の洗濯の話とは矛盾しない。
自分で工夫したり、状況に応じて調整できる余地は、ないと困る。
だが、機械様の都合で、
そいつを通さないのと同じような手間を食うのは、解せない。
理解できても、したくない。

ちなみに、洗濯で一番苦手なのは、
干す時「ネットに入ったものを取り出す」工程。
工夫のしようがないからな(´Д`) 

ではまた来襲。

拍手[0回]

大掃除をまとめてする時間がないので、
気づいたところから、少しずつやってます。

こんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

風呂場のカビは、だいぶ前から気になってて、
手が届くところは軽く落とした。
(やり過ぎるとキリがないので適当なところで)
蛇口の周りはクエン酸で水垢を落としたり…

で、日々気をつけることとして、

・浴室に極力モノを置かない。
特に石鹸やシャンプー等は、外に出している。
手桶なども床に触れない場所に。

・鏡や台など、手の届く範囲で拭き取る。
洗濯の際にも、洗いに出すタオルでサッとひと拭き。

…を続けてたら、
何だか蛇口がピカピカ光って見える今日この頃。
みなさんいかがお過ごしですか。

自分の体はサッと流すだけなのにね(´Д`)

【今回のメルマガは、かなり説教モード】

********
□1
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

12/26木~28土
あさくさ劇亭にて。

出演:
しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村

開演時刻:
12/26木 19:00
12/27金 14:00/19:00
12/28土 15:00

開場は開演の1時間前です。
特にお構いはしませんが、
寒いので、中でゆっくりお待ちください。

チケット:
前売・当日共2000円
(小中学生1000円)

☆前売特典

・【先着30名様限定】
本公演を記念して、
うぃっと特製
「近未来つうしんき」を
プレゼント。

あくまで芝居の小道具扱いです!!
技適マークとかついてませんから(´Д`)
日本国内で、実際に使用とかはできません。
オモチャとしてお楽しみください。

…是非前売で買ってくださいね♪
↓ ↓ ↓ ↓
直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/


○未来の中に、自分たちがいるように思えない。
…そして僕らは、言葉を失くしていく。

僕らが今話してるのは、
お別れの挨拶かもしれない。

そして、考えるべきことも、
お別れの挨拶なのかもしれない。

この世に生まれてきた意味って、
この時代の、この国のこの街で、生きてる意味って何だろう?

もう新たに子孫を残すというのは、現実的に難しい。
わが子が子孫を残してくれるかどうかも、甚だ怪しい(´Д`)

人は何を遺すのだろう?
私は、あなたは、僕らは何を遺せるだろう?
何を遺せばいいのだろう??

せめてそれを考えながら、生きていこう。
それが自分の考えた誠意の形。
トマトだって、倒れながら実をつけてる。

…なんて言って、
劇場に来てみたらアンクル・ギャグばっかりだったりして!

(次号へつづく)

********
□2
前回公演
「身も蓋もない話」より

シーンの紹介と解説。

端的に斬っているが、
解説すると説教ぐらい長くなってしまうシーン。
説教するのもパワーが要るが…
…よし、やるか。

--------

12) 大人って勝手

C:スマホ見て歩くなとか
依存するなとか言いながら、
電車の中で強制的に広告動画を見せられる。

G:大人って勝手だよね。
世の中って勝手だよね。

T:マナーがとか、
人の目を気にしろとか言いながら、
もの食べてる映像ダラダラ流してる、音立ててさ。

G:大人って勝手だよね。
テレビって勝手だよね。

C:子どもは母親が家で見ろとか言いながら、
人手が足りなきゃ活躍しろとか。
保育園なんて可哀想とか言いながら、
企業が儲かるならどんどん作りなさいとか。

G:大人って勝手だよね。
手のひらって勝手だよね。

T:外国人を叩きながら、
観光して金落とせ、移民して働け。
パチンコ依存を叩きながら、
カジノを作れと騒いでる。

G:大人って勝手だよね。
議員ってチンピラだよね。

C:駅前の自転車を、
通行人の邪魔美観を損ねると、
害虫並みに嫌って迫害してたくせに、
有料の貸自転車がそれ以上の場所取って増殖してる。

G:大人って勝手だよね。
行政って勝手だよね。

CTG:結局みんな、
金づるにしたいだけなんだよね。

--------

○広告動画

街を歩くとその手の映像だらけで疲れる。
「買え」「食え」「サービス使え」…
車内だと逃げ場がないからさらに困る(´Д`)

歯止めも規制もロクにない、
「金になれば正義」の世の中。
俺たちはそんな近未来の世界にいる。

○音を立ててモノを食べる映像

番組、広告を問わず、垂れ流しだ。
食べ物が映ること自体過剰だが、
それは置いといても、
他人がモノ食ってる姿なんか見たいとは思わない。
その上音まですると、萎える。

落語で蕎麦食う音はどうなんだ、って?
あれは芸だ。
芸でもない他者の生理的な音を垂れ流されて聞かされるのは、
不快でしかない。

俺が育った昭和の世の中では、
そういうの「みっともない」「はしたない」ことだったと思う。
叱る大人が大体いた。

ガキの頃はその注意の仕方がすごく嫌で、怒ってたもんだが、
今はそういうこと言わんのかね。
>当時熱心だったおじさんおばさんよ!
今はじいさんばあさんだと思うが。

「箸の上げ下ろしから」
グチグチ飯が不味くなるほど言ってたあの情熱を、
何であんたらが大好きで毎日見てるテレビに対してぶつけないのさ!
結局てめえが優位に立てる相手に言ってただけなんじゃないの?
あとは逃げ切るだけだから関係ねえのかよ!

なんてことを考え出すと、
親・教師を含めた当時のエラそうな大人を
一人一人呼び出して説教してやりたくなるが、
今となっては探し出すのも難しいし、
墓石に説教しても仕方ない。

○大人って勝手

やれやれ。
説教は長くなると暑苦しくなる。
なので、残りはまとめて。

母親、外国人、自転車…
叩きやすい相手を叩き、儲けになりやすい対象を煽る。
政権与党だけでは足らず、
チンピラみたいな政党がのさばる時代。

嫌なこと、嫌な奴、嫌なシステムが多過ぎる。
未来の世界では、そんなのとっくになくなってると思ってたが、
いいことはなくなりやすく、嫌なことは断てない。
ブラック労働とかブラック校則とか、いつの時代だよ。

やりきれない。怒りが収まらない。
だが自分自身も、その歯車の一つとして、
動いてる・機能してるところもある。
否定できない。拭えない。

昭和の少年(もうすぐ55)は、
憤然とし、やがて憮然と立ち尽くすのであった。

(つづく)

********

「憮然」というのが、
怒ってるような意味で使われるようになったのは、
自分の内なる感情として捉えずに、
外から見た印象に近いのかもしれない。

落胆して、絶句して固まったような状態は、
他人から見ればムッとしてるようにも見える。

「砂を噛む」もそう。
つまらない、味気ない、新たな展望も特にない。
淡々と、延々と、砂漠を往くような日常。
そんな奴は傍から見たら、
不機嫌で不本意で、
「こんなはずじゃない」風に見えるんじゃないか。
(単に「臍を噛む」と混同してるのかもしれないが)

「笑顔が普通」「楽しいのが当たり前」
そんな風に思わされてる、
おままごとから抜けられない
21世紀の日本の社会だからこそ。

人の気持ち、内面を、
簡単に丸めてわかった気になったり、良しとしたり
し過ぎてないか?

そんなにきれいにまとめて、どこへ急ぐ?
「そこを」急いだって崖かもしれないし、
戦場が口開けて待ってるかもしれない。


ではまた来襲。

拍手[0回]

こんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

今日のお昼に、間違えて劇亭に行っちゃったお客さんがいるようです。。。
おかしいなと思ってチラシをよく見たら、来月でした(´Д`)
…ということです。

ごめんなさい、チラシがわかりづらくて。
(そう言うしかない)

しかしすごいと思ったのは、
公演期日が12/26、27、28。
今日の日付は11/29。
はい、1個もダブってませんから!!

もしもーし、
「師走公演」ですよー!!!

…というわけで、
間違わずに12月に来てくださいね。
12月29日に来ても、遅いですからね。

うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
12/26木~28土 あさくさ劇亭にて。

開演時刻:
12/26木 19:00
12/27金 14:00/19:00
12/28土 15:00

********
□1
前回公演
「身も蓋もない話」より

シーンの紹介と解説。

突撃リポーターの適性を見出したハンガー猛だったが、
冒険家としての活躍も見逃せない。
これはあの「魔の海域」に潜入した時の記録である。

--------

11) さるがっそうかい

ハンガー:
地球上には
人間を寄せつけない恐ろしい場所もある。
陸地だけではない。
海の上でもだ。

サルガッソー海。
バミューダトライアングル。
そこは船の墓場と呼ばれる。
海藻が絡まって動けなくなり、
やがて食糧も尽き、死んでゆく…

♪チリン チリーン チリン チリーン

ハ:これは… 亡霊の声か?

サル1:
♪チリン チリーン チリン チリーン

サル2:
見ざる 聞かざる 言わざる ♪バシーン
見ざる 聞かざる 言わざる ♪バシーン

1:俺たちサルが合奏するだにゃ。

2:お前も一緒にやるだにゃ。



♪チリン チリーン ♪バシーン
♪チリン チリーン ♪バシーン

ハ:あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーーーー!!!!!!!!!

--------

特に解説はありません。

○なぜ海に突然サルが現れたのか?

関係資料は廃棄したので、わかりません(´Д`)

○サルなのに、なぜ「だにゃ」なのか?

個人のプライバシーに関しては公開できません(´Д`)

○魔の海域とか言って、実はスタジオでやらせなんじゃないの?

適正に処理されたと認識しています(´Д`)

(つづく)

********
□2
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

12/26木~28土
あさくさ劇亭にて。


季節×草の匂いのする河原を走ってると、
抜かれて干された雑草のようにくたばる己の姿が、
容易に想い浮かぶ。

そろそろくたばり方も考えときたい年頃になった。
そうは言っても、染み付いた匂いは取れない。
川で生まれ、川でくたばる。
上等だ。


出演:
しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村

開演時刻:
12/26木 19:00
12/27金 14:00/19:00
12/28土 15:00

開場は開演の1時間前です。
特にお構いはしませんが、
寒いので、中でゆっくりお待ちください。

チケット:
前売・当日共2000円
(小中学生1000円)

☆前売特典

・【先着30名様限定】
本公演を記念して、
うぃっと特製
「近未来つうしんき」を
プレゼント。

※前号で「近未来通信機」と書いたのは誤りで、
正しくは「近未来つうしんき」です。

あくまで芝居の小道具扱いです!!
技適マークとかついてませんから(´Д`)
日本国内で、実際に使用とかはできません。

はい、言いましたよ。
言いましたから!!
オモチャとしてお楽しみください。

「それでもいい」って方は、
是非前売で買ってくださいね♪
↓ ↓ ↓ ↓
直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/


軽薄にバブルに向かった昭和の末期、
東京の東側は時代遅れの象徴だった。
ビルは灰色に煤け、浅草はダサクサなんて言われた。

だからどうした。
世界はそんなの気にしない。
日本人が少なくなって、
東京人はさらに目立たないが、
元気のある者が動くしかない。



ダサくてクサくて重厚な芝居をお届けします!
ヘラヘラ笑いながら走る俺たちを観に来てくれ。

(次号へつづく)

********

公演のお知らせを郵送したら、返事が来た。
俺の文章に、「方丈記」を思い出したんだと。

♪ゆく河の流れは絶えずして、
しかももとの水にあらず。

これは方丈記。

♪海が見えた。海が見える。
五年振りに見る、尾道の海はなつかしい。

これは放浪記。

♪…

やっぱやめた。
三段オチの答は劇場で!

最近あざといぞ(´Д`)

ではまた来襲。

拍手[0回]

お元気ですか、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

公演チラシがやっとできました。

画面でも見れますが、
手に取って見ると、ワクワク感が全然違います♪

住所が変わってない方には、
来週あたりに案内を発送します。

↓ ↓ ↓
********
□1
うぃっと 2019師走公演
「僕らの近未来」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

12/26木~28土
あさくさ劇亭にて。

こんにちは、しなやかしなちゃんです。

「どんなお芝居なのか、
観る前にわからないと困る」

最近そんなリクエストをもらいます。

・お話の内容は?
・上演時間は?
・お客の年齢層は?
・歌やダンスや殺陣はあるのか?
・役者はイケメンか?

…うぃっとなら、
あなたの痒いところに手が届きます。

うぃっとはこんな芝居です。

○ドラマではない。

・コントみたいに短いシーンが連なっている。
・全体としても一応話は繋がってる。
・設定はかなりいい加減で、伏線も回収されない方が多い。
・キャラクターはあるが、ずっと同じキャラではない。
・お笑いではないが、身も凍る寒いギャグが炸裂する。
・ドラマのような緊張感、カタルシスを得るのは難しい。
・逆にそれが疲れるという人には向いている。

○何に似てるか。

・キャンプのスタンツや小学生のお楽しみ会。
バカ丸出しでも、小難しい大人には難解に見える。

○もっと言えば、夢に似てる。

・さっきの話がどっか行って全然違う話になる。
・途中でふっと醒めて、もう一度入ったりする。
・見る人の想像力、バックグラウンドに負うところが大きい。

終わってみて
「あれは何だったんだ?」となるのが夢。

「あれは何だったんだ?」を
観に来てください!

てか、
そもそも芝居なんて夢みたいなもんだし。

説明責任だ、整合性だ、
エビデンスだ費用対効果だって
言ってられっか(´Д`)

そんなものはスーツと一緒に脱いで
劇場までダッシュだ!

師走だからな。


出演:

しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村

開演時刻:

12/26木 19:00
12/27金 14:00/19:00
12/28土 15:00

開場は開演の1時間前です。
特にお構いはしませんが、
寒いので、中でゆっくりお待ちください。

チケット:

前売・当日共2000円
(小中学生1000円)

☆前売特典

・【先着30名様限定】
本公演を記念して、
うぃっと特製
「近未来通信機」を
プレゼント。

直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/

(次号へつづく)

********
□2
前回公演
「身も蓋もない話」より

シーンの紹介と解説。

CMみたいに短い、ギーのソロシーン。

(G=ガーギー木村)

--------

10)「置かれた場所で咲きなさい」って言うけどさ、

G:
「置かれた場所で咲きなさい」って言うけどさ、
ホントにそれでいいの?
都合よくあんたたちに合わせたりしないわよ。

いいのよ、咲いたって。
花の種類は変えられないから。
あんたたちの好みの色や形に、塗り替えたりもしない。

あんたたちが忌み嫌う、不気味な貌(かお)をした花、
抜いても抜いても生える雑草や、
つい手を出すと漏れなく毒が入ってる花かもしれない。

いいのよね、咲いても。
置かれた場所に咲けって言ったのはあんたたちなんだから。


あんたがあたしを駆除しようとして、
天敵を放とうと、除草剤を撒こうと、
あたしはそれに適応して、咲き続ける。
もっともっと強くなる。
誰も枯らすことができないくらい。

あたしはここにいる。
どこへも行かないよ。


--------

○「置かれた場所で咲きなさい」

この言い方は嫌いだ。間違ってる。
人をゲームの駒として使いたい管理者の都合に過ぎない。

ちなみに、ハンガー猛はこう言っている。

「どんなに才能があって力のある奴でも
活躍できる場があるとは限らない。
パスが回ってこなければ、
できることは限られるし、
ボールが来たとしても、
自分が待ってた競技のものではないかもしれない。」
(「ニコ先生と説教の森」より)
http://wanganwit.or-hell.com/Entry/222/

○いいのよ、咲いたって。

それでも「あえて咲く」という選択もある。
それが望まれていない毒花であろうと、
知ったこっちゃない!

すぐ炎上させられる、
口を開けば「不適切な表現だ」と言われ、
公開を中止されたり自粛したり、
なんて時代に、
こんなアウトローのカッコよさは
なかなか見れるもんじゃない(´Д`)
(つづく)

********

札幌は東京都です。
11月に桜が咲いてます。
大臣は名前を憶えてもらおうと、暴言を吐きます。
命を守る行動なので、許されます。

政治のレベルが低過ぎて、
ネタにする気も起きない。

日本の未来、
地球の未来はどうするんだ?

ああもう、
本格的に説教でも始めようかな(´Д`)

また来襲。

拍手[0回]

メルマガ登録はこちら
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]