忍者ブログ
うぃっと次回公演「ニコ先生と説教の森」5月3日(木)~6日(日)あさくさ劇亭にて。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162]
【今回はちょっと、重い文章になります。】←芸風


今年も残り2週間余となりました。
こんばんは、ニコちゃんです。
この先は、創作者しなやかしなちゃんのボヤキです。

内省的になりがちな1年でした。
最後の最後までそんな調子。


私にはいつか書きたい、伝えたい、
深く追求したいテーマがいくつかあって、
それが書けてない、出せてない思いが常にある。
慢性的にインプット過剰感、
アウトプットへの強迫観念がある。

その圧で押し出されたものが作品や文章として出るので、
役に立ってないとも言えないが、
飽食で便秘のたけぞう君みたいでカッコ悪い。
もう少し何とかしたい。


ところが、
今回の舞台で使えるものを探そうと、
過去の作品、ネタ帳、
メルマガ、公演パンフの文章を漁ってたら、
もうビックリ、愕然とした。

自分が語れてない、追求できてない、
と思ってることの多くは、
既にどこかの機会で語られていたり、
何とか説明しよう、解き明かそうと
途中まで手掛けられていたのだ。

その時々の流行りものや社会情勢で、
挙げられる例は変わっても、
追いかけてるテーマ自体はあまり変わってない、
良く言えばぶれてない、
悪く言えば決着がつけられないのだろう。


「途中まで書いてあるなら、
続きをやればいいからラッキーじゃん」
そう思えればいいのだが、
それらの多くは作品の一部として加工されているので、
バラして使いづらい。
労力を思い浮かべただけで疲れてしまう。

結局、一つの思想、体系としての自分自身という樹と、
ガップリ向き合うことから逃れられないわけで、
そんなことはわかりきってるが、
ここまで52年もかかって大して進めてないし、
しんどいわ。

******

うぃっと2016クリスマス公演
「アンクル・ギャグの宴」

12/23(金)14:00/19:00
12/24(土)14:00/19:00
12/25(日)14:00
あさくさ劇亭 にて。

公演情報
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html
チケット
http://wittokyo.cart.fc2.com/

世を余りにバカバカしい笑いに包んだ古今東西の天才奇才は、
周りが引くどころではない苦悩や果て無き探求を経て、
そのバカを産み育て、愛されてきた。

悩み苦しんだからと言って、巨匠になれるとは限らないが、
バカの深淵には手をかけた。



老いも若きも劇場に集い給へ。
あまりのくだらなさに口あんぐりさせた際には、
その口に底無しの闇をひと振りスパイスして進ぜよう。

公演まであと9日。
(つづく)

******

□2
「ニコ先生の人生相談 2」
解説編

24) おくさんの庭
http://wittokyo.web.fc2.com/50_niko/24.html

------

おくさん:おかげさまで、
トマトの苗も大きくなってきました。
それから、頼んでもいないのに、
かぼちゃがどんどん伸びて、
花が咲いちゃいました。

ニコ先生:よかったですね。
やはりいい土を使っていると、
植物もすくすく育ちますね。
その上 いろんなおまけもついてきます。
それがまた、楽しいんですね。

お:ニコ先生のご指導のお蔭です。

ニ:いえいえ、奥さんの愛情が、
ゴミを資源に変えて、
生きものたちを輝かせている…
素晴らしいことです

お:それでまた、相談なんですけど…

ニ:はい、何でもどうぞ

お:花は咲いたんですけど 
実がつかないんです



ニ:おやおや。
でも大丈夫ですよ。
自然にまかせておけば、
生きもの同士で何とかしてくれます。

お:生きもの同士で 
食べるとこまでやられちゃうと 
さびしいんですけど…
朝起きてみてみると、
丸ハゲになった苗と、
そのそばでケプーとお腹が膨らんだ
シャクトリ虫を見つけることが多くて、
ついついロケットパンチを出してしまうんです

ニ:さわやかな朝のあいさつですね

お:蜜蜂さんが飛んで来てくれればいいんだけど…

ニ:ぶんぶん飛んでいませんか?

お:ハエさんなら 
ぶんぶん飛んでるんですけど…

ニ:ハエさんでもいいじゃないですか

お:イヤですわ、ニコ先生。
悪い冗談がお好きで

ニ:ハエさんがお手手すりすり 
ふっふっってやってる間に
花粉がついて、
実がなったりしませんかね?



お:……想像しちゃったじゃないですか!!

------

すぐ近くにいるのに、
電話で相談してる設定のおくさんとニコ先生。


○頼んでもいないのに、
かぼちゃがどんどん伸びて、

ニコ先生は生ゴミを堆肥にして土を作る。
ところがおくさんは虫が苦手。
そこでこのようなすれ違いが生じる。


○ハエさんがお手手すりすり

すりすりしてるニコ先生は、
ホントにハエさんみたいに見える。
おくさんが妄想してしまうのもわかる。
…いやいや、ラジオ番組だから、姿は見えないはず。

これも定番シーンですね。

次回「おくさんの庭 2」
衝撃の結末へ。

******

「教育は人格の完成を目指し、」
その途上にあることを、この身に感じている。
夜風が温度通りに冷たく当たるように。

こんな風に悩めて、人間らしく生きれて光栄だ。
大きな樹を遺して死ねるよう、精進するわ。
願わくは、こんな話をして通じる人と、もっと話したい。


それではまた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]