忍者ブログ
「TOKYO WANGAN WIT」〜うぃっとの見えるラヂヲショー〜ご来場ありがとうございました。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181]
この国の当事者に私たちがなれるのは、
いつのことなのか。

こんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

権力に気を許してはいかんのだよ。
結局のところ、
われらの世代はそれを十分に学習してこなかったし、
次に伝えることも全然できなかった。

それでも俺たちは生きている。
まだ終わってない。
これからだ。

******

うぃっと第52回公演
「うぃっと名作劇場」
ふにゃばし/
ひかり1975ひよこ2005
http://wittokyo.web.fc2.com/52_funyahikari/

前回公演のシーンの解説、第3回です。

-------

「ふにゃばし」

4.ぶたかいの王子(3)

d)

王子:おい、ブタ

豚:ブー

子:今から精魂込めて
とっておきのニセモノってやつを作っちゃるから
よぉく見とけ!


豚:ブ?

子:この鍋で煮ると鈴の音色がして、
指をつっこむと あつい

豚:ブーブーブーブー

子:あついんじゃ
ほんものになっちゃうから、 
よし、こうしよう!

e)

王女:何?あの音色は

使:ぶたかいが鍋で肉を煮てるんです
この鍋に手をかざすと、
人のうわさ話がよくきこえるそうです

女:ほしい!
ぶん捕っておいで

使:ひとりじゃ重いんで
ついてきて下さいまし


♪闇に煙る お月さんは
キライ キライ
味噌汁に 浮かぶ 
玉子のよう
まん丸い お月さんは
こわい こわい
それはまるで
可愛いあの子に
誘われた夜みたい

--------

○鍋で肉を煮ると音色

原作では湯を沸かす鍋だったと思うが、
肉鍋にしたのは、当時作者が牛丼屋だったから。

○闇に煙る お月さんは

「奥羽組織のうた」より。

こわいこわい 饅頭こわい
キライキライも何とやら…

欲しいものを手に入れたい王女と
うまいこと誘い出したい王子。
そんなギトギトの欲望に合う曲を入れてみた。

--------

「ひかり1975ひよこ2005」

4)品川

T:おや、ひよこさん。
いつもお速いですね

C:はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、
どうも、運転士のハンガー猛です。
ひよこの気持ちになって、しゃべります。

T:何をそんなに急いでるんですか?

C:速く疾走るのが電車の使命、
電車の性でございます。

T:どこまで行くんですか?

C:東海道を通って京へ、
京から西国を駆け抜けて博多まで。

T:あ、知ってるそれ。
「トーカイ」 「ドーゴ13」 「次」
東海道53次ってやつだよね。

C:そんなもののような、
何か違うような…

T:実は私もそっちへ行くんですよ。
ご一緒しましょう

C:東海道中ひざくりげですか。

T:ひざくりげ。
あ、マラソンランナーにいましたね、そういうの。
女子でオリンピックで途中でキケンしましたね

C:ああ、あの「あるよあるよ」に止められた?

T:あれは男子ですね。

C:よく見てますね。
マラソン、くわしいですか?

T:はい、マラソンと言ったら、
いつも江戸と京都の往復してるあるね
あれは飛脚の佐川、あるね
肉喰いながら走ってる、あるね

C:さて、そろそろ急がないと。

T:え?とっとと行っちゃうの?

C:われら電車は、疾走るのが仕事。

T:そんなぁ……。
あ!そっちじゃないよ、右のレール、右!!

C:あ、そうか、ありがと。 あれ?!

T:「う・そ」!!
そうやって1日じゅう山手線ぐるぐる回ってて下さいーーっ!

--------------

メイドに続いてハンガー猛も騙すうそ。


○トーカイ+ドーゴ13+次=東海道53次

ドーゴ13は、道後温泉にいるスナイパー。
作者が行ったことないので、湯の中の絵は描けなかった。

○ひざくりげ

女子マラソンの世界記録保持者。
→いや、ラドクリフだからそれ。

○「あるよあるよ」に止められた

アテネで抱きつかれて金獲り損ねたのは、
男子のデリマ。

○飛脚の佐川、肉喰いながら走ってる

佐川が肉食うとか、平成の人は知らないって!

○山手線ぐるぐる

そもそもハンガー猛が車両を持って走ってるので、
線路は簡単に移れると思うが、
単純な前しか見えない性格のせいで
ぐるぐると…



(つづく)

--------------

美人の転校生の誕生会に行かなかった話のつづき。

その数日後、
何と!
違う女の子の誕生会に行ってた俺。

その子は前からいた子だし、
マンションじゃなくて
小さい戸建てに住んでた。
美人というより怪しい存在。
…まあ、
大人っぽい雰囲気の子だったね。

家にステレオなんかあった。
ラジオから流れてきたのは
小坂明子の「あなた」。

なぜ憶えてるかと言うと、
彼女が詞を替えて唄ったから。

♪あなたが いーてほしくない~
(じゃあ呼ぶなよ)

そう言えば、何で誘われたんだろう。
母親が何か凄味のある人だった。
俺のことを気に入ってたのか、
「これからも大学まで一緒だよ」って言ってくれた。

いや、でも、
全然何にもなかった。
中学になる頃には、
いなくなってた気がする。
私立に行ったのか、
引っ越したのか。
全然憶えてない。

そんなもんだよね。

(つづく)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]