忍者ブログ
うぃっと第56回公演「身も蓋もない話」ご来場ありがとうございました。…劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235]
学校の畑のチューリップにも、
花が2つ3つと咲き始めた頃…

こんにちは、しなやかしなちゃんです。


○今日のアンクル・ギャグ。

テストステロン。

男性ホルモンの一種。
精力や筋肉増大、
体毛やひげなどの発生、
答案用紙の廃棄など、
男子の性的特徴に強く関わりがある。


ランドセルや教室の机の奥深くに、
化石となったプリントの数々が、懐かしい(´Д`)

そんな化石のような話は、後半へどうぞ。

あ、でもその前に、
公演情報もあります。
↓ ↓ ↓
********
□1
うぃっと次回公演
「身も蓋もない話」
□2
「浅草キャンプ!」より
********
□1
うぃっと第56回公演
「身も蓋もない話」
5月10日(金)~12日(日)
あさくさ劇亭にて。


※公演チラシがなかなかできません。
明日の板橋cityマラソンが終わったら、何とかします。
しばし、お待ちを…


○詩劇×スタンツ?

毎年春の公演の方が、真面目な内容が多い。

例えば、去年は「説教」だった。

…あれは真面目な内容だったのか!

今回は、タイトル通り、身も蓋もない話。

リアルで話せば角が立ち、
ネットに流せば炎上必至。

珠玉のネタを磨きに磨き、
力を入れ過ぎ落として割って、
ガムテープで補修して、
素知らぬ顔でまた磨き…

これまで書かれたシーンも、

危険な情事に水を差したり、
自然災害に毒吐いたり、
聖書の教えに背を向けたり、
作者の脳内で奇妙な踊りが始まったり、

真面目であるが故に、
ロクでもないものばかりである。

表現手法としては、
90年代のうぃっとが主にやった詩劇のスタイルと、
今世紀おなじみのスタンツ、
その2つの融合を
「これまでとちょっと違った形で」
試みているところ。

身も蓋もない中での作業なので、
取っ散らかって仕方ない。
高く積まれた資料と共に、
自分も残骸となる恐怖をリアルに感じている(´Д`)

(つづく)

********
□2
2018クリスマス公演
「浅草キャンプ!」より

第5回。
過去を蔑ろにすることは、現在を蔑ろにすることでもある。

--------

8) ピーナツの殻

C:昔の写真とか、旅行の資料とか、メモとか、
整理しててわけわかんなくなる。
一体どれを取っておけばいいのか。

まるでピーナツの殻じゃないか。 
取っておいて何の意味があるのか。
何月何日何時何分、どこで何を食べたか。
事件でも起きなきゃ役に立たないこと。

逆につまらなくて意味のないようなことでも、
保管しなければならないものもある。
法律とか契約とか絡んでくるもの。
邪魔で棄てたくても棄てられない。

自分にとって記憶に甦り、胸が躍るものほど、
他人にとっては無価値なものだったりもする。

途方にくれてその場で寝てしまう。
ゴミのように。
そんな姿を上から眺めて気がついた。

「実はもう、
俺自身がピーナツの殻なんじゃないか?」



♪AC~
「浅草キャンプ」

--------

○思い出がいっぱいあるのは、悪いことではない

だが、思い出の品々に囲まれてると、
段々狭くなり、身動きが取れなくなってくる。

単にスペースが減るということではない。
思い出たちが「まあ、ゆっくりしてけ」と主をそこに留め、
動けなくさせてしまう。
片づけをしていて、そんな経験をした人は少なくないのではないか。

思い出の誘惑が怖くて放置しておくと、それらは殖え続けて、
いつの間にか包囲されてしまう。

さらにそこに果たせなかった想いや、
多忙にかまけて己に陽射しも栄養もやれず、
愛情に渇いたり、自己肯定ができなかったりが重なると、
モノにすがり、モノがモノを呼び、
ゴミ屋敷の完成に至る。

いいも悪いもないまぜの思い出の品々に魂を吸い取られ、
一緒に干からびていく…

そして、
「実は俺自身が、ピーナツの殻だった」ことに気づく。

じゃあそもそも、本体は何だったんだよ?
中身はどこへ行っちゃったんだよ??


いいことを教えてあげよう。

中身はもう、食べちゃったんだよ(´Д`)

--------

9) ピーナツの殻の逆襲

G:ゴーロゴーロ。
ボク、ピーナツの殻。

お前がゴミだと思って捨てたのは、
ピーナツにとっては本体だ。

ボクは中身を詰めればまだ使えるよ。

ピーナツの中身は売ってるが、
殻だけは売ってない。

♪AC~
「浅草キャンプ」

--------

○ピーナツの殻の言い分

では、ピーナツの殻となったボクには価値がないのか?
中身を食い尽くされて役目は終わったのか?

何を言うか。
ボクこそが本体なのだ。

ピーナツの殻には、中身が必要だ。
中身とは、仕事と生活であり、世の中に役割を持って存在することだ。

あれ? 
中身はもう食べちゃったんじゃないの??

もう一ついいことを教えてあげよう。

中身をもう食べられちゃった人は、新たな中身を持てばいい。
容器に合った中身を選ぶと良いと思う。

この国に住む、何千万の高齢者と言われる人たち。
終わったもの、厄介者、コストとして扱われることも少なくないが、
彼、彼女、一人ひとりの話を聴くと、学ぶことが多い。

モノが溢れ、「捨てる」ことが時代の流れとなった今日この頃だが、
捨てていいものといけないものがある。

きれいさっぱり過去が片付いたのをいいことに、
歴史の中で
「あったことをなかったことに」
「なかったことをあったことに」
お上や支配層の都合のいいように捻じ曲げる輩がのさばってる。

1つ1つのピーナツの殻の声を聴き、遺すことは大事だ。
これまで抑え込んでいた、気忘れてしまっていた
己自身の声も含めて。

(次回へつづく)

********

昨日、地元の幼稚園の修了式に行った。
園児が園長から証書を貰い、振り返って、
お母さん・お父さんと目が合って、
どちらからともなく笑みが浮かぶ、
親子の表情がよく似てて、微笑ましかった。
「顔が比例してる」という表現がピッタリくる。

生まれて数年なので、外観が似てる親子も多かったが、
佇まい、筋肉の動きに共通するものを感じる親子もいた。

人は生活の中で育ち、学び、継承していく。
この季節は寂しい気持ちになることも多いが、
他の人の人生の節目を見るのも悪くはないなと思った。

ではまた来襲。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]