忍者ブログ
うぃっと2019師走公演「僕らの近未来」12/26木~28土 あさくさ劇亭にて。…劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [239] [238]
元号を跨いだゴールデンウィークもあと少し。
10連休の方も、
普通の連休の方も、
休みって何?の方も、
元気でお過ごしですか。

こんにちは、うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

日常モードに戻った今度の週末には、
うぃっとの公演があります。
楽しみにしててください♪♪♪


…というわけで、現在公演準備の真っ最中。
世の中青空と太陽と時々雨の休日モード。
だが、こちらは連日の稽古と、
その合間に作るもの、詰めることが多い。
正直かなりピリピリしてる(´Д`)

極力いいコンディションでいきたいので、
食事と睡眠だけは気をつけてるが、
作業の進行と創作的なものを同時期にやるのは、難易度が高い。
MPを大量に消費する。

下の庭で草むしりをしてるのだろうか。
普段なら心地よい草の匂いが、
「休日の空気」という圧力をかけてくるようで、きつい。

娘が帰ってきてて、当然まったりしてる。
「テレビのバラエティの男のナレーションの声が気持ち悪い」
と思うのはいつものことだが、
こんな状況だと余計にきつい。
あんなくだらないものにMPが削られるのが癪だ。

窓も襖も閉めざるを得ないが、
それはそれでまた、広いスペース感を失い、窮屈になる。

食べ物のドーピングや睡眠削って、
気合や勢いでやっつけるのは、もう疲れた。
若い時から散々やったし、体を蝕む。

なので、限られた時間と体力で、
頭を使ってできることをできる方法でやっていくしかない。
50代には50代のやり方がある。

長年、年齢自認が追いつかず、
ヒィヒィ言いながらも自分は35ぐらいの感覚でやってきたが、
こんなところで実年齢に追いつく機会を得たようだ。

しかし、MPが足りない…

↓ ↓ ↓
********
□1
うぃっと次回公演
「身も蓋もない話」
□2
「浅草キャンプ!」より
********

□1
うぃっと第56回公演
「身も蓋もない話」
5月10日(金)~12日(日)
あさくさ劇亭にて。
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

いよいよ今度の金曜が初日です。
気がついたら、ボスはだいぶ老け役にシフトしてきた感じ。

天皇の代替わりと掛けたつもりはなかったが、
今回は「引退と余生」がお話の中に入ってます。

送り方、送られ方、色々ありますが、
会いたい人には思い立った時に会っておくとよいと思います。
いなくならないうちに。

…はい、というわけで、
劇場でお待ちしてます。

思いもかけないあの人に、
会えるなんてこともあるかも…


「身も蓋もない話」

出演
しなやかしなちゃん
てんこ
ガーギー木村☆

開演時刻
5/10(金) 19:00
5/11(土) 14:00/19:00
5/12(日) 14:00

※開場は開演30分前です。
☆ガーギーは声の出演のみの回もあります。

チケット
前売・当日共 2000円
小中学生 1000円

チケットはこちら↓
http://wittokyo.cart.fc2.com/

劇場
あさくさ劇亭
台東区西浅草2-8-2
つくばエクスプレス浅草駅 A2出口より徒歩どうしても5分。
東京メトロ銀座線田原町駅 3番出口より徒歩やっぱり6分。

地図↓
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/photo/gmap6_.jpg


○MPが足りない

MPとは進駐軍の憲兵のことである。

…じゃなかった、
マジックポイントとかマジックパワーとか言って、
魔力を表す数値。
精神力とか意志力とかだったりもする。

MPが足りないと、
いざここでの頑張りがきかない。
判断力も鈍る。

言い換えれば、
そういう難しい場面では、MPの消費が多い、ということだ。

もうね、
鉄棒から落っこちるみたいな感じ。
支えてらんないの。

MPがない時に字書くと、
ヘロヘロで、すげえヘタクソで面白いよ(´Д`)
歌でもそう。
「誰?この音痴」ってくらい。

MPの有難みを知らなくて、
人に無闇にMP消費させたり、
無神経な言動でMP削りまくる奴って嫌!

飯食って寝て、MP回復させるしかないね。

(つづく)

********
□2
2018クリスマス公演
「浅草キャンプ!」より
最終回。

12)ばかずをふむ

キャンプにはいろんな人が来ている。
測量の旅の途中の伊能と弟子のサンマの姿も。
どんな仕事でも熟練が必要で、弟子は一生懸命学ぶが、
慣れてくるとどうなるか。
「浅草キャンプ」ラストシーンはそんなお話です。

--------

伊能:サンマもだいぶ測量がわかってきたようだな。

サンマ:いやあ、それほどでも

伊:明日は朝早いから、もう休むぞ。
お前も早く寝るんだぞ。

サ:はぁい。

(消灯)

サ:あ、いけね、厠へ行っとくんだった、と。
……!!!

伊:ギャアア!!!!



サ:うわっ…

伊:バカもん。
頭を踏むんじゃない!

ばかずをふむ。
漢字で書くと、
「馬鹿、頭を踏む」

出来の悪い弟子でも
経験を積んだから大丈夫と思って油断してると、
痛い目に遭う。
慣れは怖い、という意味。

お前みたいな奴は、
海でも山でも行ってしまえ!



サ:海だぁ!!(ザバーーーッ)

End.


--------

○測量の旅

伊能が最初に行ったのは、1800年、55歳の時。
今ぐらいの陽気の頃か。
北へ行ったり西へ行ったり、何て健脚なジジイなんだ。

とっくにこの世にはいないけど、
今もサンマと一緒に測量の旅をしてるらしい。
サンマは芭蕉とも旅をするので、
場数という点では踏みまくってる。

サンマは海を呼ぶことができるので、
津波を起こしては海岸線を変えてしまい、
その度に測量し直してる。

自分の不始末なのに旅に行けて、羨ましい限り。
それなのに師匠の頭を踏むサンマ。
もう焼いて食うしかないだろう。

結局また津波起こしてるし(´Д`)

(おしまい)

********

芭蕉も伊能も深川に住んでる。
(時代が100年ぐらい違うのは置いといて)

二人のずーっと後輩で、
やはり深川ゆかりのちょっと偉い奴がいて、
この度大役に抜擢されたって話を聞いた。

そいつは誰だ?
そいつの話が知りたいって??

つづきは、劇場で。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]