忍者ブログ
「TOKYO WANGAN WIT」〜うぃっとの見えるラヂヲショー〜ご来場ありがとうございました。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[70] [63] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [62] [61] [60]
こんにちは、ニコちゃんです。

【はいたい】
1)歯が痛いこと。
2)敗れ去ること。

【はいしゃ】
1)歯のお医者さん。
2)負けた奴。

歯には異常はありません。
ハートがちょっぴり痛いかな?


本日のメニュー
↓ ↓

******
□1
2014クリスマス公演
「アンクル・ギャグの小屋(3号店)」
□2
アンクル・ギャグのレシピ
******

□1
うぃっと2014クリスマス公演
「アンクル・ギャグの小屋(3号店)」
12/24(水)~28(日)


「3号店だって?
1号店と2号店は?」


「だいぶ前に潰…」


「シーッ、それは内緒だ」


「隊長、1号店の記録です」
http://wittokyo.web.fc2.com/ug/


「隊長、2号店の終了も 確認しました!」
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/dp01.html

「わかったわかった、
それより3号店はどこだ?
今度は大丈夫だろうな?」



「…こっちです」
 ↓ ↓ ↓

○劇場
あさくさ劇亭
台東区西浅草2-8-2

つくばエクスプレス浅草駅
徒歩4分。

東京メトロ銀座線田原町駅
徒歩6分。

ゆりかもめ豊洲駅
徒歩100分。


「和式だから、
玄関で靴脱いで
上がるんだぞ。」


○チケット
前売・当日 2000円

※前売特典、アリ。

直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/


○開演時刻

12/24(水) 19:00
12/25(木) 19:00
12/26(金) 19:00
12/27(土) 14:00
12/28(日) 14:00

○内容

・整地ワニ、死ニアリ。
・うぃっとの十二支。
・三ドブミュージック。
 /他

ギャグというのは、元々猿轡のことであり、
笑わせるのではなく、絶句させる、空気を凍らせる、
何も言えなくしてしまうのが、本来の意味である。
(「歴史のなんとかをなんとかする会」教科書より)


○公演チラシ、できました。

公演情報を見る
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

稽古場ネタなど、随時書いてきますね。

******
□2
アンクル・ギャグのレシピ
(第5回)

うぃっとのボスの
しなやかしなちゃんです。

アンクル・ギャグのレシピをお届けします。

-------

「公演タイトルに見る
アンクル・ギャグ」
その2

本公演タイトル一覧

http://park10.wakwak.com/~wittokyo/kiroku.html

チラシはこちら。

http://wittokyo.web.fc2.com/2001_2005.html

うぃっとの21世紀、
ガーギーが加わって作風が急転回したこの頃、
堰を切ったようにアンクル・ギャグが!!
公演タイトルにもよく現れてます。


24)「誰も 知らない(SAMBA CARNIMAL)」(2002/6)

「誰も知らない」

♪鉛筆が一本 鉛筆が一本~ 
と歌い出して、

♪どうしてなのか 誰も知らない~
になってしまうところから来ました。

当時流行ってた映画のタイトルと同じ?
…たまたまです。

アンクル・ギャグなのは、
「SAMBA CARNIMAL」の方。

「サンバカーニバル」が
「三バカアニマル」になっちゃった!

赤ネコ、キョロ、サンマの三バカが初めて出てきた作品です。
サンバカが今日までずっとメインでくるとは全く思わなかったよ…


25)「整地は西にある。」(2002/10)

聖地…それはわれらにとっては、市民球場のある広島のことを指す。

イソジマン、ジコギマン、ショクムタイマンの三人は、
悪を重ねることによって聖地へ近づいていく。
いい奴になると敗退だ。

三人は競争を勝ち抜いて、ついに聖地ガンダーラに着くが、
地軸が反転してそこは瓦礫になってしまう。

→というわけで、整地。

この話は今回の「整地ワニ、死にアリ。」のベースとも言えるが、
登場人物も設定も全く違うところから始まります。
お楽しみに♪


26)「水溶液の農奴(SAMBA CARNIMAL2) 」(2003/5)

ベタに「水溶液の濃度」から。
臨海部の特区で使い捨てにされる労働者を描いてます。

アンクル・ギャグから社会問題へ鋭く斬り込む!
…俺たちってすげえ!!!
最後には練炭自殺というとんでもねえ話です。

近年そういう作品あんまりないけど、
昔のアングラなんてそんなんばっかだった。


27)「アン・ズルニを呼ばない 」(2003/7初演)

「案ずるに及ばない」
アンクル・ギャグ飛ばしまくり。

ここでアン・ズルニというヒロイン登場。
学園ものですよ。

そして魔王がヒーロー。
生徒なんだけど、実は長欠してる教員だったりする。

魔王は療養中で学園ドラマは妄想のはずが、
どっちが現実だかよくわからなくなる。

すげえカッコイイ話だが、
対立する「うし組」と「ねこ組」のキャラが際立って、
うしとネコは、その後今日までうぃっとの芝居で抗争し続ける。

勝手に動き出したキャラクターに、作者も役者も掻き回されてる。
おかしいな、
うぃっとは三人しかいないのに。


28)「海神L。」(2004/5初演)

「海が見える」→「海神L。」

ほらまたアンクル・ギャグから
「波打ち寄せる断崖に立つLの形をした海神」の伝説ができてしまった。

海神を見た者は戻って来れないんだって。

→じゃあそれを知ってるお前は誰なんだ!って。

→いやいや、だから伝説なんだって。

海神は青山って奴で、
青山は実はサンマ?

→サンバカの別ストーリーとも言える。

赤井(赤っぽいネコ)
黒田(黒っぽいキョロ)
青山(青っぽいサンマ)

ちなみに、
私のいるランニングチームの名前も「海神L。」です。


…続きは、また次回。


◎気になった作品の台本、差し上げます。
〆切は今月いっぱい。
メールに作品名を明記してください。

******

負けをひきずるつもりはないけど、
すぐに切り替えるのは無理。

…ユニをしまい、冬支度に入ります。

ではまた来襲。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]