忍者ブログ
うぃっと次回公演決定!「浅草キャンプ」12/21~24あさくさ劇亭にて。 劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218]
そんな、あんまりだ!
もう梅雨明けだなんて…
こんにちは、しなやかしなちゃんです。

○ワールドカップのアノ試合を見てて、
この国の政治を動かすエライ方々を
思い出さずにいられなかった。

「大事な問題と向き合わず、
解決のゴールを狙わずに、
パスだけ回してやってるフリして、
国際社会の中で、
ジリジリ浸食され後れを取りながら、
実はその戦法で生き残ろうとしてる?」

…ないないない。
そんな勝ち抜き規定はどこにもない。

サッカーは次への道が拓けたが、
政治はどうなるのだろう。
まずは監督代えないと。


○高校の演劇部の時、男は学年に一人。
ほとんど女ばかりだった。

1つ上の先輩に、世代を代表する役者がいた。

きれいでもない。
可愛くもない。
性格もいいとは言えない。

けれども芝居は上手かった。
近隣の高校で一番ってくらい上手かった。

1つ下にもそんなタイプの女がいた。
これって、母校の伝統なのか??

そもそも10個上の大先輩が極めてた。
すごくヤな奴で、すごくいい役者。
※個人の感想です。

いいんだ、別に。
器量や性格に恵まれなくたって、
芝居が上手けりゃ生きてける。
全然関係ない仕事についてたとしてもだ。


…今年の後半がスタートです!
↓ ↓ ↓
********

□1
劇団W.I.T.第54回公演
「ニコ先生と説教の森」より
今週の説教

公演のシーンから一話ずつお届けします。

5)美女のメンタル

生着替え中の独白。

--------

私は美女を見ると、嫉妬する。
話がしたい、つきあいたい、
ヤりたいと思う前に、
猛烈にライバルとして意識する。

自分がそこまで美しいとは思ってない。
ナルシストにもなれない程度の奴だ。
なのに、だから、嫉妬する。
敵わないから、ライバルなのだ。

もちろん世の中、絶望ばかりではない。
美女は、合成できる。
核融合よりカンタンで、
錬金術よりホンモノだ。
瞬間的になら、
男の中にも存在させることができる。
そう、私にだって…

形や習慣を観察することで、
美女の外観をコピーすることはできる。
だが俺は、
それ以上に美女のメンタルが知りたい。
自分のものにしたい。



--------

○このシーンでのキャラは?

前のシーンがニコ先生。
次のシーンがハンガー猛。
この台詞はその間の着替え中のもの。

→なので、素の役者の姿に近い。

→すなわち、
しなやかしなちゃんによる説教。

→誰に?
己に確認してる、言い聞かせてる。


○美女は、合成できる。

これはホント。
舞台の上で、美女の花を咲かせることは、
役者に多少の力量か才能か意思があれば、
それほど難しいことではない。
本人が不細工だろうと男だろうと、
あんまり関係ない。

そりゃあそうさ。
男女どちらにとっても、
美女は憧れだからな。
芸人の真似して笑いを取るより簡単だ。
自分の顔や体でできない人でも、
絵や文章や面や人形や音で、
美女は作れる。

但し、
「どんな場面でも、好きな時間だけ」
美女を出現させ、思い通りに操るのは、
さすがにかなり難しい。

「それができたらもうほとんど美女だよ」
ってくらい。

美女を続けられるって、
すごいメンタルだし、
まぢ、嫉妬するわ。


では、美女とは何なのか?

ここにはいないようだ。

嫉妬してる嫉妬してる…

これもちょっと違う…


次回をお楽しみに。

************

□2
稽古場公開第3弾
「七夕に棚ボタ~道具であそぼう」
7/7(土)18:30~21:00
江東区文化センター運営室
(いつもの和室と違って1階です)

今度の土曜日です。
お暇なら来てね!
美女に逢えるかも、なれるかも♪


○七夕に棚ボタ
「また会おうよ」

○道具であそぼう
「明日から使える小道具・ツール」


その日私は、
地下鉄東西線東陽町駅を降りて、
1番出口から区役所方面へ向かった。

少し歩くと前方に区役所の建物が見えた。
そこでその手前の道を右に入った。

しばらく行くと左手に「P」。

文化センターの駐車場だ。

さらに少し行くと「消防水利」の標識だ。

前方に文化センターの正面入口があるが、そこまでは行かない。
標識のところを左折し、階段を下ると、

左手前が工作室、
そして奥が運営室だ。


はあ、やっと着いた。
まずは茶だ茶だ♪♪


◎参加費無料。軽食付き

●通常の稽古の延長なので、
誰も来なくてもやります。
途中から来ても大丈夫。

「行ってみたい!」
→コメント欄からメッセージください。

********

劇団を始める時、相棒に選んだ女性は、
可愛くてきれいで性格のいい人だった。
芝居は…上手いとは言えなかった。

だがそんなこと、どうでもいい。
芝居なんか、俺が上手くしちゃる。
素材の良さは、何物にも代え難い。

いい役者になったと思う。
俺が育てたんじゃなくて、
勝手に育ったのがちょっと癪だけど。

そんな罰当たりなこと言うもんじゃない。
彼女は自分で力をつけた。
素直に讃えるべきだろう。

いい役者になって、
引き出しが広く深く多くなった分、
美女が埋もれないよう働きかけるのが、
俺にできる数少ない務めだ。


ではまた来襲。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]