忍者ブログ
「TOKYO WANGAN WIT」〜うぃっとの見えるラヂヲショー〜ご来場ありがとうございました。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]
こんなチラシもらいました。

「小さい“つ”が消えた日」
http://www.gekidan-nakama.com/performance15summer.html
8/6~9まで。

「ことばのステージ」みたいなことを考える人って他にもいるんだね。

こんばんは、ニコちゃんです。
涼んでますか?

******
□1
「アンクル・ギャグの小屋 4
~うぃっとの宝船~」
□2
「アン・ズルニを呼ばない」
写真と解説
kobito6,7,8
******
□1
うぃっと第7×7回公演
「アンクル・ギャグの小屋 4
~うぃっとの宝船~」
2015/12/26(土)~29(火)
あさくさ劇亭にて。

猛暑のため、「七福神めぐり」は延期になりました。

--------
稽古場で「さんまいのおふだ」の絵本を2冊並べて学習。

※以前芝居で使ったこともある。
(サンマ伊能布田)

http://wittokyo.web.fc2.com/43_dareda/yamanba.html
http://wittokyo.web.fc2.com/43_dareda/yamanba2.html

A地点からB地点まで小僧と山姥が移動します。
小僧は時速□km、山姥は時速△kmで移動。

途中で小僧は川や砂山を出すことができる。
間違えて小僧が札を前に投げると、小僧も川に巻き込まれてしまう。

小僧はどの地点でお札を使えばいいでしょうか。


トントンカラリと音がする
気味悪くなって、よひょうが隣の部屋を覗いたら、
つうがニカニカ包丁を研いでいた。
「よひょう食いたやニーカニカ」

「見たな」
「おら何にも見てねえ」
よひょうが外に行くと、柿だの栗だのミカンだの置いてある。


中国産のウナギ。 ←元々安いのに5割引
ブラジル産の鶏肉。 ←スポーツ選手がドーピングに使う?

アリの1/3(は働かない)
キング・オブ・1/3
…を働かすには(NHK) ←余計なお世話

(つづく)

******
□2
「アン・ズルニを呼ばない」
写真と解説
第6回
kobito side(6)
「金を巻き上げる魔王」

こびとはオートモード。
「アンズルニ」のストーリーは、そのまま進行中。
http://wittokyo.web.fc2.com/48_anzu/kobito06.html

--------
「はいお兄ちゃんお姉ちゃんよっといで。
ここは錦糸町だく天地だよ。
並んでる並んでる。
馬券売り場にうし組もねこ組も

馬王の馬とも知らないで……」

「あ゛――っ、だく転した!!!」

「何だよ、みんなパーかよ」

魔王「悪いね。ごちそうさま」

こびとがいるのは、ゲームの運営側だけではありません。
次はユーザーモードのこびとが登場。
↓↓

--------
(7)
「うしとねこが集結する…」

こちらはユーザーモードのこびとさん。
ゲームにすっかり入り込んでる。
うしねこのキャラクターも用意してやる気十分だ。
http://wittokyo.web.fc2.com/48_anzu/kobito07.html

--------

こびと:なけなしの財産を総取りされて、
ねこもうしも怒った。

「魔王め……」

「やられた………」

「戦いはあとだ。魔王を引きずり出せ!」

「うしは右から行く。ねこ組は左側を頼む」

 魔王をさがしに、うしもねこも進む。



アン「魔王!!」

魔王「来るな!」

アン「え!?」

魔王「しゃがむんだ……」

あれっ??

魔王「こっちだ。ここから逃げる。」

アン「みんなを見捨てるの?」

消えた…

魔王「俺たちが一旦ここから消えなければ、
どっちも助からない。」

アン「わかった。」

おい!いいとこだろ?
戦闘シーンはねえのかよ。
お湯切る前にソース入れてんじゃねえぞコラ。
…運営の糞め!


国民的人気を誇る名作ゲーム「アンズルニ」だが、
その分、ユーザーの要求も高く、運営は大変である。

--------
(8)
「あるところに父と子と魔王がいました。」

再び運営のこびとさん。
旗を振ってゲームを制御してる。
http://wittokyo.web.fc2.com/48_anzu/kobito08.html

--------
こびと:てすてす。
運営は糞です。
只今マイクのテスト中。
暴言を吐いて許されるのは政治家だけです。
どうぞ?

男「風の夜、馬を駆りて、
わが子を抱いた父が道をいそぐ」

女「なぜ急ぐの?」

「魔王が子どもをさらおうとしている」

「霧が濃いから?」

「「こんなはずじゃなかった……」
 子をあたためながら父」

「枯葉のざわめき」

「今は夏だ、枯葉なんてあるものか!」

「おいで、坊や」

「魔王が迫る‥」

「渡さぬなら、力ずくでも」

「父はいそぐ、」

「子は叫ぶ……」

「でも実は父と魔王が
陰でつるんでいたとしたら?」

「保険でもかけてるの?
子どもがかわいそう」

「そんな酷いことはしないって」

「魔王と組んだら
命の保障はない‥‥」

「大丈夫。絶対無事なの。
完璧につるんでる。」

「どういうこと?」

「風の夜に、馬をかり、 zzz……」


「……父さんはね、

馬ドロボウなんだよ。」

--------
決めゼリフの旗振りもバッチリ。
本日も平常運行也。



(つづく)

******

金子ざんの「ぬけさく芸」を団員で観た。

女優の気づき
=「薀蓄を語った後、芸を見せる」

「これ、絶対ナ●さんにやらせよう」

ボスの返事
=「●マさんをそんなに偉くしていいのか?
逃亡生活30年、帰ってきた役とかどうだ」

ボスの気づき
「芸は本物よりわかりやすい」
「わかりやすさの源=体幹が安定してる」
「役者は盛り盛りに着飾り化けた時に奥にある本性が見える」


キャンプは疲れました。
てか、日中過ごすだけで疲れるわ。

休み休み、行きましょう。
また来襲。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]