忍者ブログ
うぃっと2019師走公演「僕らの近未来」ご来場ありがとうございました。…劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
こんにちは、ニコちゃんです。

問題です。
うぃっとの昨年の公演のタイトルは、次のうちどれでしょう?

1)ガッカリ館
2)ガッツリ感
3)やっつけ感

答は 1)です。
うぃっと検定3級に出るので憶えておくように。

…書いてて寂しくなってきたところで、
今週のメニューです。

******
□1
両国門天への道
□2
「ニコ先生の人生相談」
□3
新・うぃっとの芝居のつくりかた
******

□1
両国門天への道
http://wittokyo.web.fc2.com/monten/

公演まであと1ヶ月となりました。
今回は最寄りのJR総武線・両国駅からの道です。

1)両国駅西口、国技館の反対側に出ます。

2)そのまま南へ。 

寄り道「どすこいドリンク」
http://wittokyo.web.fc2.com/monten/847.jpg

3)両国二丁目交差点を右折します。

4)少し行くと花屋があるので、

5)その先の信号を左折して右折。

6)ももんじやの角を左折。

7)そのまままっすぐ行くと、

8)両国門天、到着です。

こっちは春日野部屋。
http://wittokyo.web.fc2.com/monten/776.jpg

ここでうぃっとが公演やるんだって。
そいつはすげえや!

(門天です!
春日野部屋ではやりません)

…というわけで、次は公演情報です。

******

□2
うぃっと2013夏公演
「ニコ先生の人生相談」

2013年7月5日(金)~7日(日)
両国門天ホール にて
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

ラジオの園芸相談でニコ先生のファンになったおくさんは、
セキュリティホールでの講演会に出かけるが、
厚いウォールに阻まれて辿り着けない。

時は流れて七夕の夜、
ニコ先生とおくさんは逢うことができるのか?

ラジオ番組が流れる。
おくさんは妄想に耽る。
妄想は無限に広がり、
謎は増えるばかり。

キッチンにいるだけじゃ、
ベランダに出るだけじゃ、わからない。
「ニコ先生の人生相談」なのに、
「おくさんの大冒険」もありなのだ。

「目を閉じると見えてくる、
耳を塞ぐと聴こえてくる」
うぃっとの芝居が、
時空を捻じ曲げ、
地軸を反転させ、
犬のように人を喰って、
あなたを連行します。

☆ ☆ ☆

チケット好評発売中。
http://wittokyo.cart.fc2.com/
前売特典
リアル「ニコ先生の人生相談」もお楽しみに♪

******

□3
新・うぃっとの芝居のつくりかた

うぃっとの芝居は「即興なの?」って時々言われる。
設定もストーリーもあやふやで、
ドラマとして落ち着いて見れないので、
そう取られるのかと思うが、違う。

台本は、かなりちゃんとしたものがある。
中身は雲を掴むようだが、お話が向かっている方向も一応ある。
…じゃなきゃ終わんないし!

即興が嫌いかって言ったら、そうでもない。
ただ、うぃっとの公演でそれをやることは、まずない。

演出家が「パン」と手叩いて、台本とかナシで、何かやってみる。
若干の設定は、あったりなかったりする。

これって「エチュード」ってやつ。
エチュードは、練習だ。
これが、見せるお客が居ると、「インプロ」ってものになる。
超ざっくり言うと、そうだ。
※あくまで俺の解釈ね。

うぃっとの芝居は、エチュードでもインプロでもなくて、
どちらかと言うと「スタンツ(寸劇)」に近い。

ちなみに私は、
エチュードは好きで、
インプロは苦手で、
スタンツが得意だ。

エチュードは、その場で入り込めて、
自分と、他者と、あるいは演出家と向き合えて、
それがすごくいい。
台本のある稽古のように台詞や詳細な設定に邪魔されずに、
入り込む・向き合うことに没頭できる。

だが、インプロは苦手だ。
お客に見せるってだけで全然違うものになる。

ひとたび役者として起動してしまったら、
そこにいる全ての人たちと向き合いたい。
しかし、お客を無理矢理、同じリングに上げることはできない。

お客さんと向き合うには、「練られたことば」が必要だ。
※ここで言う「ことば」とは、テキスト・ワードという狭い意味ではない。

その練られたことばを準備するのに、私は時間をかけたい。
それでいて、今作ったかのような、触ると壊れそうな形で届けたい。
だから、スタンツなのだ。

次号に続きます。

******

この情報過剰でお腹いっぱいな世界の中で、
作品を人に伝えていくには、
いろんな試行があっていい。

ぶれるのではなく、自ら動く。
あと1ヶ月、静かにもがきます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]