忍者ブログ
うぃっと2019師走公演「僕らの近未来」ご来場ありがとうございました。…劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29]
こんにちは、ニコちゃんです。

球場に集う珍獣仲間の一人が、奈良で豆腐屋を始めたので行って来た。
生まれて初めての奈良。

美味い豆腐を食った後、宿でひと休みして外へ。
ちょうど燈花会の最中で、夜道は賑わっていた。
てんちゃんが好きな阿修羅像のいる興福寺も、夜間拝観ができた。

近々東京上陸予定の仏頭や、釈迦の十人弟子、八部衆等々いたので、
「いらっしゃい」「毎度」…
一人一人挨拶してたら時間がかかった。

家がクリスチャンだったこともあり、
子どもの頃仏教関係のものは見ようとしなかった。
今でも寺社仏閣には疎い私が、この歳になって新たな発見。

「なぁんだ、着ぐるみとかゆるキャラとかそういう流行もの、センスって、
奈良の昔からあったものの焼き直しじゃん。
何今頃気づいてんだよ俺!」

この目で見ないとわからないこと、
受け容れられる時が来ないと入って来ないことって、
ありますね。

では、今週も行きます↓

******
□1
見えるレディヲ
≪リーディング+≫
「ニコ先生の人生相談」
□2
稽古場情報
******

□1
うぃっとのレディヲショー
≪リーディング+≫
「ニコ先生の人生相談」全4回

全国のうぃっとファンの皆様、大変お待たせしました。
2013うぃっと夏公演で来場者に大変好評を頂いた
「ニコ先生の人生相談」の、
ツアーバージョンでございます。

全シーンを30分ものに4分割、
4回に分けて解説付きでお届けします。

題して、
≪リーディング+≫
「ニコ先生の人生相談」


→「リーディング」って言うんだから
台本を朗読でもするんでしょ?

ただの朗読じゃございません。
見えるレディヲショーです♪
衣装も動きも、
いつもの公演じゃ見れない
「アレ」も見れるかも?!


→で、何やるの?

うぃっとの芝居を

1)音声でお楽しみください

2)解説もつきます

3)見えます見えます…


→「音があって見て楽しめる」、
それって芝居と変わらなくない?

●文化センターの和室が会場なので、
残念ながら劇場のような臨場感までは得られません。
また、そんな中で全編一挙上演!というのも、
観る側も演る側も難しいので、
「30分もの4回」という形になります。

○ですが、今回の公演を見られなかった方には、
うぃっとの世界を体験する機会が得られるし、
ご覧になった方にはもう1回味わえます。

◎うぃっとの世界を短いシーンで区切って観れて、
解説も楽しめる、より近くで役者を感じられる、
通常の公演では得られない美味しい鑑賞の機会です。

「骨まで食える
うぃっとの芝居」


→それで、いつやるんですか?

10月から1月まで、全4回でお届けします。

第1回は、10月5日(土)又は6日(日)、
時間は夜18:30~21:00の間で考えてます。
(二部制になるかもしれません。
詳細はこれから調整します)

人数に限りはありますが、ゆったり観れると思います。


→初回はどのシーンをやるんですか?

台本の順番通り、オープニングからの5シーンです。

1)三両ワールド
2)おおおか
3)ことばのステージ
4)金市長
5)ニコ先生の園芸相談

約30分の本編となります。
これに解説と軽食が付きます。


…以下、詳細は次号をお待ちください!
「こんなこともやってほしいな」って
リクエストがありましたら、コメント欄にメッセージください。

******
□2
稽古場情報

リーディング+の企画の詳細と、今回のシーンの練習に入ります。
まずは肉叩いて塩振るとこからだなww

8/21水
8/28水
19:00-21:30
場所は江東区内の稽古場です。
詳しく知りたい方は、メルマガ登録してください♪
http://wanganwit.or-hell.com/Entry/1/

******

「風立ちぬ」
家族4人で観てきました。

戦争の悲惨さ、愚かさがあからさまに見える作品ではないので、
「若い人が見ても伝わらないだろう」という感想があるのもわかるし、
実際そういう人も多いかな。

でもそれは、一緒に観た人が伝える、対話する、そうあるべきだと思った。
作り手もそれを意図していると。


「戦争の風化」と言われ出してから何十年も経つが、
伝える側が通り一遍になってないか?
そもそも、簡単に言い切れて伝わるようなことではない。

逆に「わかりやすく伝わるように」なら、
「はだしのゲン」ぐらいやらないと足りないし、
それを子どもに見せるなとかいう教育行政の方が
よっぽど風化してる、背中煤けまくり。

「経験や知識や想像力がないとわからない、伝わらない」
そういう作品にしたこと自体もメッセージだと思う。
=「話そうよ」と。

親子で、もっと言えば三世代で観てほしい作品だ。
観てすぐ話すことはなくても、
まずは「一緒に観た」ってことが大事。
同世代で観て、補完し合うのもいい。

ではまた来襲。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]