忍者ブログ
「TOKYO WANGAN WIT」〜うぃっとの見えるラヂヲショー〜ご来場ありがとうございました。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73]
婚尼痴話、
丹胡茅庵death。
献花上等、
不和駆油!

こんにちは、ニコちゃんです。
残念な同級生を持って残念です。

「八紘一宇」って!
某国会議員が、
戦後70年の節目に、
やらかしてくれた。
生まれて半世紀、
何見て生きてきたんだか。

あれかな?
夜露死苦とかと一緒で、カッコイイと思った?
つくづく残念だ。

******
□1
「アン・ズルニを呼ばない」
5月5日(火・祝)~10日(日)
あさくさ劇亭にて。

-------

こびと1:あー、やっと休憩だ

こびと2:おつかれ――

1:シフト1名じゃん

2:シフ1シフ1…

1:モリカンで大丈夫かぁ?

2:平気平気。
旗立てもあるから、見てるだけでいいし。

1:お前すげえな。
あいつ歩いてるぜ。

2:歩いてるョ

1:よく自動で制御できるな、あんな複雑な動作

2:複雑? 単純だよ

1:あれが単純かぁ?

2:パターンだよ パターン

1:だってあいつ、考えごとしてるぞ

2:考えてるように見えるだけ。

1:見えるだけ。

2:そうそう、パターンで動いてるだけだよ。

1:そ、そうだったの!

2:精神活動が鈍っている典型だよ。

1:それにしても余裕だな。

2:30分ぐらい放っといても平気だよ。

1:ハハハ。じゃ、遊びに行ってくるね

-------

私たち人間は、こびとたちによって動かされている。
出口のない悩みに陥った時は、
「今、こびとさんが休憩中なんだ」
と思えば少しは気が楽に…
…ならないか。

今回の公演では、「中の人」=こびとさんの日常や心境にも触れてみます。
お楽しみに。

-------

○出演
しなやかしなちゃん、てんこ、ガーギー木村

○開演時刻
5/5(火)6(水)=18:00
5/7(木)8(金)=19:00
5/9(土)10(日)=14:00

○チケット
前売・当日 2000円
予約はこちら 
http://wittokyo.cart.fc2.com/

******
□2
2014クリスマス公演
「アンクル・ギャグの小屋(3号店)」
解説第6回。
「三ドブミュージック」

トラップ恐岩家の栄華は儚いものだった。

-------

メイド:
大変よ。
銀行が潰れて恐岩商事の財産がなくなったわ。
でも大丈夫。
みんなで仲良く歌を唄って暮らしましょ。

♪新幹線ばかり可愛がる
在来線はロングシート
地獄のロッカーJR
メイドだけど鵜飼よ

れんこん:
♪レモンの味する わんこそば
わごむの味する わたあめ
わせりんの味の わっぱめし
ろうじんの味の わさび漬け

恐岩:
♪恐岩牛乳 レーズンバター
羽毛布団 浄水器
和牛のオーナー 中華鍋
金銀ダイヤの 先物

ALL:
♪騙される奴が 悪いのよ
56億7千万円
オオカミに子ヤギが食べられた
お腹をハサミで ジョリジョリ

-------

メイドが元気なのはなぜだ?
れんこんはあくまで平常運転。
恐岩社長は壊れたのか?

急転、舞台は逃避行へ!

-------

恐岩:ナチスが迫ってる。このままでは捕まってしまう。
どうする?

れ:自爆テロだな。

メイド(ヤギのお母さん):
大丈夫。 私にまかせて。
私の可愛い子ヤギちゃんたち、みんなで一緒に逃げましょ。
丘を越えるのよ。
空には真丸お月様。 お顔肥えてるわ。

♪FAT FACE GO! GO! GO!~

れ:検問だ。

ヤ:子どもたちを隠すのよ。
ちょうどいいところにオオカミのお腹があったわ。

れ:すいません。これ、棺桶です。死体運んでるんですよ。
え? 変なものなんて入ってないですよ。
何なら蹴ってみてくださいよ、こうやって。

ヤ:さあ、子ヤギちゃんたちを出さないと。 ジョリジョリ…

恐:痛たたたた…もうちょっと丁寧にやってくれよ。

ヤ:あらオオカミさん、生きてたの?
お腹が空いて困らないように、今助けてあげる。

れ:恐岩サン、サヨウナラ…

-------

あっさり棄てられる恐岩。
メイドがヤギのお母さんだった時点で、
恐岩に勝ち目はなかった。

それでも人は生きねばならぬ。
業よのう…

-------

ヤ:さあみんな、山を越えるのよ。
山を越えると年も越えるわ。
年越しそばを食べないと。
今日スーパーで海老が安かったから買ってきたの。

♪暗い海老満天
サーチ ハイアンドロー
フォロー海老 バイウェイ
海老パス ユーノー

ヤ:橋を渡りましょう。
橋を渡ろうとすると、怖い怖いトロルが、

恐:やい、腹が減ってるんだ。
何か食うもんよこせ。

ヤ:トロルかと思ったら恐岩さんじゃないの。

恐:今まで一緒だったのにずいぶん他人行儀だな。

ヤ:あーら恐岩さん、後ろにいたんじゃなかったの?

恐:さっき川に流したのはお前らだろ。

ヤ:あーら恐岩さん、お腹が空いてるの?
でもこの海老は私たちのお夕飯だし。
そうだ。
私は小さいヤギのオカアサドンなの。
もうちょっと後で、もっと大きいヤギのオカアサドンが来るから、
そっちからもらうといいわ。
じゃあね。ホーホホホ。

恐:毎度。

-------

以下、中くらい、大きいヤギのオカアサドンがやってくる。
…ずーっとやってろ!

******


あ、学校は一緒じゃないですから!!

そりゃ、当時の学校は酷かった。
だが、たとえ戦後の教育を反面教師に育ったとしても、
かつて日本が踏み入った、誤った道に戻るのは愚かすぎる。

ではまた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]