忍者ブログ
うぃっと次回公演「ニコ先生と説教の森」5月3日(木)~6日(日)あさくさ劇亭にて。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174]
4月ってのは、意外と気候が激しくて、
なかなか落ち着かないものだ。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

この季節特有の、
海の上にいるような
空気の匂いと肌触りが好きだ。

…まあ、海の上なんだけどね。

空が歌ってるような、
風も雨も光も一緒になって
映画のように踊る、
その中で、
流れ行く者たちの
人生を想う…


******

□1
うぃっと第52回公演
「うぃっと名作劇場」
ふにゃばし/
ひかり1975ひよこ2005
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

5/4(木)~7(日)
あさくさ劇亭にて。

○構成・演出

しなやかしなちゃん

○出演

「ふにゃばし」
てんこ/しなやかしなちゃん

「ひかり1975ひよこ2005」
ガーギー木村/しなやかしなちゃん/てんこ


○開演時刻

5/4木 19:00~
ひかり1975ひよこ2005

5/5金 14:00~
ふにゃばし

5/6土 14:00~
ふにゃばし
ひかり1975ひよこ2005

5/7日 14:00~
ふにゃばし
ひかり1975ひよこ2005

※6日・7日は2本上演です。
「ふにゃばし」
「ひかり1975ひよこ2005」の順です。
チケットは1日有効となっています。
途中休憩が入りますが、そのまま続けてご覧ください。
終演は17時の予定です。


○チケット
2000円

両方見れて同じ2000円、特別前売券発売中!
とりあえず買っておこう。
うん、そうしよう。

うぃっと直売所
http://wittokyo.cart.fc2.com/


○劇場
あさくさ劇亭
台東区西浅草2-8-2

地図
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/photo/gmap5_.gif

------

あの人のことが 好きでした。
まだ 子どもの頃のはなしです。

いっしょにいる時は
気がつかなかったけど、
学校がかわって
はなればなれになって
とても好きだと
思うようになりました。

夢の中で 何度も
あの人に 会いました。
あの人はわざと
いじわるなことをいって
にげていきます。
わらいながら
あたしは 追いかけます。
子どもの時のままのふたりです。

何人も好きな人ができたけど、
やっぱり
くり返し くり返し
あの人の夢をみて
あたしは 大きくなりました。

あの人を想う気持ちが
こんな形で表われたの?

夢遊病者の ように、

夢遊病者の ように?
あたし ビョーキじゃない

そう おめでたい ビョーキ。
好きだという思いが
形となって表われる。
君の強い想いは
なんだって可能にする

好きだと 思うだけで?

そう、 ここを 海に
かえることも、 できる

好きだと思うだけで
ここを海にできる…
でも、こんなに 好きだと
思っていた あの人には
会えないじゃない、
想いすら
伝わらなかったじゃない

ほんとはね、
わかっているの 自分でも、
会いたい あの人は
あの時の あの人、
会いにいきたい あたしも
あの時のあたし、
何年も こうやって
思い出のなかを さまよっている。

それはとっても
気持ちいいことなんだけど
目が覚めてみれば
こんなふうに キズになるのね。
ノスタルジーだけじゃ
いきられない、
わたしが海を 想う 気持ちも
ノスタルジーなのかな?

私の想いひとつで
本当に 海がもどってくるのだろうか

------

↑「ふにゃばし」のこのシーンは、
初演の台本から抜き出したものだ。
今回再演にあたり、
基本的に初演の内容をそのまま使っているが、
順番を変えたり、
組み替えたところがいくつかある。

本番の舞台では、
これらの台詞がどんな形になって現れるのか。
観る人はその辺も含めて、
愉しんでくれればと想っている。

作者は1993年のうぃっと
(このシーンは てんこ)だが、
構成は2017年のしなやかしなちゃん、
ということだ。

厳密に言うと、
構成と演出との間の境界線なんて「ない」。
少なくとも、
「わからない」。
演出と役者の間だってそうだ。
少人数でオールインワンでやってる
うぃっとの特徴とも言える。

「過去へ遡る」ことを
今回は強く意識して取り掛かった。
2017年から1993年へ、
そしてそこから振り返った
70年代や昭和の頃の風景、空気、想い…

シーンの持つ質感を掴み直すのに、
あえて同じやり方や順番を採らない。
そんな荒野の砂嵐の中を、
歩いている最中だ。

遭難したまま、
当日を迎えたらどうしよう?
スリル満点の稽古が進むのであった。

公演まで、あと13日。

(つづく)

******

かすみがうらでは、暑さにやられた。
すっかり焼けてしまって、
ゴールした時は
帰還した日本兵みたいだった。

海の上にあるこの街に来て、
もうすぐ25年になる。
どれだけの風を、
ここで浴びてきたのだろうか。

それでは、また。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]