忍者ブログ
「TOKYO WANGAN WIT」〜うぃっとの見えるラヂヲショー〜ご来場ありがとうございました。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
最近人が亡くなったニュースに、
やけに意識が行く自分に気づいた。
(ああ、歳は取りたくねえ)
おはようございます、ニコちゃんです。

門天で公演やってた頃、
すぐ近くの店で打ち上げやってたら、
斜め後ろに北の湖がいたことがあった。

特に会話とかはしなかった。
だって、見た目やっぱり怖かったし。

理事長降りたばかりの頃で、少しやつれて見えた。
あんなに強い人でも大変なんだなあって思った。
その後も大相撲はゴタゴタ続きだったからな。
使い切っちゃったんだろうな。

個人の寿命としては早過ぎたけど、
責任を立派に果たせたってことでは、
不幸じゃなかったと思う。

俺たちは後半型だから、
まだまだくたばらないぜ。

今日のメニュー
↓ ↓ ↓
******
□1
「アンクル・ギャグの小屋 4
~うぃっとの宝船~」
2015/12/26(土)~29(火)
あさくさ劇亭にて。

□2
「アン・ズルニを呼ばない」
写真と解説
【boy's&girl's side】10

******
□1
「アンクル・ギャグの小屋 4
~うぃっとの宝船~」
2015/12/26(土)~29(火)
あさくさ劇亭にて。
--------

先週の稽古の日は、埼玉国際女子マラソン。
→マラソンは埼玉だが爆発したのはパリだって?

あちこちで爆発したらしいが、
ゴール地点がたくさんあったの?
→マラソンテロじゃなくて劇場だって?

うちも500人ぐらい集めたら爆発するのか?
少なくとも86人亡くなったって?
役者が3人だから、83人集めないと。

俺は手と足入れて21人。
俺たち3人で63人集めることができて、
十二支と7匹の子ヤギと七福神で合計26人、
合わせて89人、
俺たち3人本体は助かる!

チケット代の代わりに香典貰おう。
ヒヒヒ、香典86人分…

で、貰ったのが
コーデンスライスチーズ、
コーデンマーガリン。
ベチャベチャだし。


100人でも1000人でも、
ヨーロッパでもアラブでも、
一人一人の命は1つ。
悪い冗談は芝居だけにしてくれ。


「アンクル・ギャグの小屋 4 」
~うぃっとの宝船~
あさくさ劇亭にて。
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html


毎週毎週不謹慎なことばかり言う奴はどこのどいつだ?
ツラが見たいもんだ。

おう、見せてやらあ!
↓ ↓

○出演
ガーギー木村
てんこ
しなやかしなちゃん


こんなくだらねえ芝居が
観れない日本にしちゃいけねえ。
一億総決起だ。
国会囲むぞ。

何?
俺は入ってない三千万の方だって?
しょうがないから浅草でも来るか。
で、いつだって?
↓ ↓

○開演時刻
12/26土 18:00~
12/27日 14:00~/18:00~
12/28月 19:00~
12/29火 14:00~


はい、並んで並んで。
開場は開演の「概ね」30分前。
お金は当日でも多分大丈夫だけど、
腰が重い人は前もって買っといた方が動きやすいよ。
↓ ↓

○チケット
2000円。
直売所 
http://wittokyo.cart.fc2.com/


未就学児の入場は歓迎でござる。
老若男女、国籍問わず、ウェルカムです。
特段の配慮はしないので、お互い仲良く観てくら拝。

※爆弾・銃器・凶器の類は堅く持込禁止だ。


******
□2
「アン・ズルニを呼ばない」
写真と解説
【boy's&girl's side】
第10回

18) エンディング(boy's side)

男は再び魔王として、荒れ狂う学園の現場に戻ってきた、のか?
過去を悔やんで悪夢の妄想の沼に幾度も幾度も嵌り続けるのか??

http://wittokyo.web.fc2.com/48_anzu/anmaou18.html

--------

魔王:
ひとりぼっちの者たちよ
私はあなたを理解しよう
ひとりでたたかう者たちよ
私はあなたを支持しよう

あなたのその無謀さも やさしさも
周到さも やるせなさも
潔さも ずるさも
すべて 知っている
私はすべて 知っているから。

今はどんな局面か?
鴬張りの廊下を踏みしめ、思いを巡らす。
着いてみないとわからない。



激しい物音と、怒声がきこえる。
角をまがる。
机が降る。
椅子が飛ぶ。
ガラスが弾ける。
砂が舞い上がる。

「アンはどこだ?」
「彼女を呼んでくれ」
「やつがすべてを知っている」
「もうアンに頼るしかない」

木刀も鉄パイプも、
銃口も爆弾も、
バラもビラも札束も、
群集も罵声も、
存在も孤立も、
怖くない。


「どうする?」
「そこをあけろ」
「早くなんとかしろ」
「何か手はあるのか」

俺の学校には制服なんてない。

「アンはどこだ」
「アンを出せ」

「さあ、決断を」
「決断を」
「決断を」
…………

時は来た。
いざ、進まん。
彼女を、アン・ズルニを、

「アン・ズルニを」

アン・ズルニを、呼ばない。

(シーツをはがしてまとい、
ベッドの上に立つ。)

伝説よ、さらば!
俺に、ついて来い。

--------

魔王は往く。
希望への道か。
死地への旅立ちか。
終わりのない彷徨か。

(boy's side、終わり。)

******

誰もがいつかはくたばるが、
暴力に打ちのめされるのだけは絶対嫌だ。

表現者としては、美しいままで死にたい。
生活者としては、愛する者に見守られて最期を迎えたい。

また来襲。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]