忍者ブログ
うぃっと第56回公演「身も蓋もない話」ご来場ありがとうございました。…劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[65] [64] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54]
こんにちは、ニコちゃんです。
台風が西日本を中心に猛威を振るっています。
気をつけてお過ごしください。

******

うぃっと30周年記念公演
「過去は常に新しい。
未来は古くてカビ臭い。」

先日の公演のシーンより。
今回は<土曜日>。

写真はリハーサル中のものです。
3人なので2人ずつしか映ってません。
http://wittokyo.web.fc2.com/46_kta/sat.html

○未来は何になる

キョロ:
未来が見えるカメラがあるんだって。
俺たちの未来もわかるのかな。

赤ネコ:
サンマを撮ってみた。

キ:サンマは、骨になる。

サンマ:
キョロを撮ってみた。

赤:キョロは、肉になる。

キ:キョロは鳥じゃないのに。

キ:豚を撮ってみた。

赤:豚は、肉になる。

キ:牛を撮ってみた。

赤:牛は、肉になる。

サ:牛は、皮になる。

キ:ネコさんを撮ってみた。

サ:ネコは、皮になる。

赤:ミンチじゃなくてよかった。

キ:時を刻むのって、いい。

サ:ネコ肉を刻むのって、遠慮しとく。

キ:東京を撮ってみた。

サ:東京は、廃墟になる。

キ:俺たちの居場所はあるのかな?

○三味線と三線
http://wittokyo.web.fc2.com/46_kta/sat.html#sat2

赤ネコ:
そうか、オレの未来は三味線なのか…

キョロ:
それで、ネコさんは本当は一人なんですか?

赤:え!?
いや、実は黙ってたんだけど…
…俺たち11人兄弟なんだ。
ほら。
で、一番下のこいつは長靴を履いている。
十一郎っていうんだ。

キ:じゃあその上は?

赤:その上は結構大変な思いをしてる。
九郎と十郎っていうんだ。
十郎はにがぐつを履いていて、
にがぐつって言うと靴磨きの少年だ。
靴磨きの少年が株の話をすると暴落するんだ。
その上の九郎はぬがぐつで、
これがまた甘くてベトベトしてるんだ。

サンマ:
ネコさんが三味線ひいてます。

赤:その上の八郎はねがぐつで…

キ:ZZZ……

サ:キョロのいとこはイートコドリって言って、
なんかむかつくのよねー

キ:え?キョロが寝てるのに誰かが言ってる!
そんなこと言ってない!
キョロにいとこなんていない!!

赤:イートコドリって小鳥を食べるんだよね。

サ:イートコドリと一緒にいると、
九郎と十郎が私だけにのしかかってくるのよね。

赤:あ、お前たちか。

キ:イートハーブはハーブを食べるのよ。
草食と見せかけてジャンキー

赤:ハーブを食べるマングースか。

マングース:
私はフィギュアのマングース選手です。
羽生を倒すために日本のリンクにやってきました。

赤:羽生選手ならそこの将棋盤にいますよ。
氷の上で、寒そうです。

羽生:
待ってたよ、マングース君。
フフフ、私から三線が取れるかな?

○トリプルサルコー
http://wittokyo.web.fc2.com/46_kta/sat.html#sat3

赤ネコ:
おっす。
おら、見ざるのウラジマ太郎だ。
おっす。
おら、聞かざるのウラ、シマジロウだ。
おっす。
おら、言わざるのウラジマサブロウだにゃ。

見ざる・聞かざる・言わざるで、トリプルサルコーだにゃ。

コラ、お前たち、氷の上で将棋なんかするんじゃねえ!


マングース(サンマ):
私はフィギュアのマングース選手です。
羽生を倒すために日本のリンクにやってきました。

羽生(キョロ):
ダブルループ。

赤:俺たちの演技を邪魔する奴はただじゃおかない。

羽:トリプルアクセル。

マ:10秒。

赤:みゃああああ!!!!

羽:テレマーク、入ってない。

マ:20秒。

赤:いやぁ、それほどでも。

マ:チ、チ、チ、

赤・マ・羽:ドカーーーン


○物語の崩壊
http://wittokyo.web.fc2.com/46_kta/sat.html#sat4

サンマ:
これは…何ですか?

キョロ:
私たちのスライドショーです。

サ:おお、すごい!
こんな感じできれいにパッケージされた感動ストーリーって、
いつ頃からあったっけ?

キ:この20年くらいかな。
その時代から、何度もループしてるような気がする。
「子ども」も「親」も「学校」も「街」も、
1つのアトラクションとして、
グルグル回ってる。

サ:似たような色、味、模様の、
しょぼいバラエティのような日常は、
甘くしょっぱく消毒されたぬるま湯のように循環し、
そこから出られない。

キ:こっちは、何ですか?

サ:ドル箱です。
アイドルの缶詰め。

キ:作家も〆切に追われて缶詰めになりますね。

サ:今は可視化が求められているので、
瓶詰めが流行りです。

キ:ああ、ホントに瓶詰めになっちゃってる。

作者:
ああ、神様が、神様が沖の方からやってくる。
…神様サーフィンしてるのか?

キ:だいぶ困ってるみたい。

サ:ループから抜けられないくせに、
物語まで崩壊してきてますから。

キ:モノが行き渡り、
価格や品質で競争できなくなった今世紀、
「物語で売る」マーケティングがもてはやされた。
それが今、あちらこちらで破綻している。

作:神様…あ、神様、行かないで…

サ:耳が聞こえないとか、
目が見えないとか言って騙しても、
誰もついてきません。

キ:逆に本人が出演しても、
常連に愛想振りまくだけで子どもたちには冷たい。

作:偽物にも本物にも酔えない。
だとすると不本意ながら、
もうこれしかないじゃないか。

******

私はこれから吉祥寺でクラス会です。
楽しい夏休みをお過ごしください。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]