忍者ブログ
うぃっと次回公演「ニコ先生と説教の森」ご来場ありがとうございました。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
冬のオリンピックは、
あんまり何にもない時期にやるせいか、
ついつい見入ってしまいますね。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

雪がすごいと思ったら、
メダルも一面銀世界のようで…

今日はあったかいけど、
あと1ヶ月ちょいで桜が咲くなんて全然思えないなあ。

というわけで、色々仕込んでます。
↓ ↓ ↓
******
□1
うぃっとのうたのじかん
□2
次回公演
「ニコ先生と説教の森」
□3
「TOKYO WANGAN WIT」
解説(12)
******

□1
GRANDSLUM 2018
うぃっとのうたのじかん
2/24土
夜18:30~21:00
江東区文化センター4階和室にて。
あっとビックリ稽古場公開。
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/ws.html

☆一緒に唄おう!あの歌を
<ミニワークショップ>

・覚えやすい歌をその場で練習して、ものにしちゃいましょう!

☆うぃっとのスタンダードナンバーを楽しもう

・歌は初めての方へ
→芝居じゃ見れないうぃっとのもう一つの姿をお楽しみください。

・よく知ってる方へ
→うたのじかんは久しぶりです。
「そうだそうだ、あんな歌もあった」
思い出しながら聴いてください♪

☆次回公演予告

・説教とか言ってるけど、どんなノリでやるんだろう?
・そもそもうぃっとの芝居って、何者なんだろう??
→来れば少しはわかると思います。

○参加費
→今回は公開練習として行うので無料です。

○軽食付
寒いのであったかいものにしようかな。
大人の飲み物は出ません。
飲みたい方は差し入れしてね(´Д`)

○会場
江東区文化センター
地下鉄東西線東陽町駅下車徒歩5分
江東区役所と西友の間。
階段上って左に入って(右はホール)4階へ。
和室でお待ちしてます!!

参加フォーム
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/ws.html#form

******
□2
劇団W.I.T.第54回公演
5月3日(木)~6日(日)
「ニコ先生と説教の森」
あさくさ劇亭 にて。
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

○開演時刻です。

5月3日(木) 19:00
5月4日(金) 19:00
5月5日(土) 14:00/19:00
5月6日(日) 14:00


○公演初日は憲法記念日

この日に向けたメッセージも考えてます。
そんな大層なものでなく、至って日常的な感じで。


○ぼちぼちシーンを書き始めてます。

・家電に説教
・空飛ぶ説教
・ありがたいお話 などなど。

胡散臭さ満点ですね。
うぃっとのことですから、
どんな二段オチ三段オチが待ってることか。

(つづく)

******
□3
前回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
解説です。

第12回
11)リスクの分さん

濃厚なエロに酔った後は、
ひたすら無意味でバカバカしいシーンで箸休め。

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
G=ガーギー木村
(カッコ内は2名運営時の担当)

--------

ハンガーC:
みなさんこんばんは、ハンガー猛です。
リスクの分散とよく言われます。
いくつかに分けて危険を軽減し、損害を少なくする。
しかし、世の中には自ら危険に飛び込んで行く人たちもいます。
私のような冒険家や突撃リポーターなどです。
私の仲間で、リスクの分さんって奴がいます。
彼はまさにリスクの中に飛び込んで行く、勇敢な奴です。
いや、むしろ、リスクを呼ぶ男と言っても過言ではありません。
そういった勇敢な奴らが複数いることで、
我々の中でもリスクを分散しています。
それでは、リスクの分さん、どうぞ!

分さんT:てぇへんだ てぇへんだ てぇへんだ

T:そこへ、結婚式場から数学教師が現れて、

メイドG(C):た~か~さ~ご~や~

C:目ざとく見つけた活動家が

T:ヘイトスピーチだ!

G(C):何と!

T:お前今、「高さ5や」って、高さに言及したよな。
ヘイトスピーチだ。

赤ネコ C:ヘイトスピーチの何たるかを知らんのか?

G(T):野球部の顧問が言った。

C:俺のノックを受けてみろ! ショート!

T:ヘイ、トス!

サンマG(C):…ピーチだ。 これはひどい。

C:何でだ?

G(C):桃が傷む。

こわいでT:
腿が痛む、良くないですねえ。
間違ったフォームで走るから、痛むのです。

サンマG(C):こわいで監督。

こわいでT:正しいランニングを学んでください。
いいですか?
これが、ランニングです。

G・C:あああああああ~~ (ランニングを持って走り去る)

C:といったわけで、今に至る。

G(T):今兄、樽。

T:てぇへんだ てぇへんだ てぇへんだ

G(T):今兄が樽に閉じ込められたって?

T:あっちの方だ


黒ヒゲC:
100G川。
重力100倍の川。
この川にはまって、
もう何年経つだろうか?
最初は昼寝をするつもりで
軽く立ち寄っただけだった。
しかしあまりの重力に、
起き上がることができない……
だが俺はトレーニングを重ね、
あと一歩で出られるところまで来た。
しかし最後の一歩が踏み出せない。
誰か来て、助けてくれ!!

蚊G:行きますぜ、ダンナ!
アリT:アリ、アリリ…

黒ヒゲC:おう!誰だか知らんが、ありがとう…

G:―――1!―――2!―――3!!……
T:アリ、アリリ…

C:うわぁっ、よせっ、痛え!!

G:当たるまで我慢ですぜダンナ!
―――9!―――10!―――11!!
T:アリ、アリリ…

C:待ってくれ、死んじゃうよ、やめろ!!

G:一生ここから出られないよりマシだろ
―――16!―――17!―――18!!
T:アリ、アリリ…

C:もう刺す場所があんまりないぞ…

G:今日はカンが悪いな、
―――23!―――24!―――25!!
T:アリリリリリリ…

C:ひぇぇぇぇ――――!!(抜けて果てる)

T:現場は加賀公園。被害者は黒ヒゲです。
全身20数ヶ所をメッタ刺しにされています。

♪ TOKYO WANGAN ~

--------

○リスクの分散→リスクの分さん

アンクル・ギャグから生まれたキャラクター。
このシーンはアンクル・ギャグの連発!
華麗な連続技をお楽しみください♪
↓ ↓ ↓

てぇへんだ

底辺→高さ

た~か~さ~ご~や~

height→ヘイト※
※ホントは「ハイト」と発音するらしいが、
誤ってヘイトと読む人が多い

ヘイトスピーチ

ヘイ、トス!→…ピーチだ。

桃が傷む

腿が痛む→ランニング

今に至る

今兄、樽

黒ヒゲ危機一髪


○黒ヒゲのシーン

もちろん舞台は100G川=重力100倍の川。
定番シーンだが、今回は蚊に加えてアリも登場してる。
ガーギー不在の回は、アリが黒ヒゲを刺すことに。

瓶詰めとか樽とか、閉じ込められてばかりのボスであった。

次回は「雨と官憲」
お楽しみに。

************

仕込むと言えば、今年も味噌を仕込んだ。
畑は不作のまま終わりそうだ。
走りはプチスランプで、あんまり練習していない。

走らない分、何をしてるかと言うと、

玄関ドアの内側の塗装が剥げてきたので、
この際だから全部剥いでる。


自然でも運動でもなく、単調な作業が心を癒してる。
なんて内向的。
80年代風に言えば、根暗。
全部剥げた頃には、春が来るかな?

ではまた来襲。

拍手[0回]

PR
凍った土がなかなか溶けないみたいに、
何事もなかなか進まない日々…

こんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

隠れた月は戻ってきたが、
今度は日に日に欠けてゆく。

春が待ち遠しいけれど、
来たなら来たで慌しい。

まずは、今日の一歩だな。
↓ ↓ ↓
******
□1
うぃっとのうたのじかん
□2
次回公演は5/3~6
タイトルは??
□3
「TOKYO WANGAN WIT」
解説(11)
******

□1
GRANDSLUM 2018
うぃっとのうたのじかん
2/24土
夜18:30~21:00
江東区文化センター4階和室にて。

無料イベントなので、気軽に来てね♪
唄っちゃうよ!
軽食付。

○うぃっとの歌を唄ってみませんか?

今回は公開練習会という形でやります。
普段の稽古場のように、まったり行きます。

最初にミニワークショップが付いてきます。
「うぃっとのうたを一緒に唄ってみよう!」

以前やった時の音がありました。
当日何回か練習して、一緒に唄ったものです。
こんな感じ

http://www.414miles.com/data/4songs.mp3

・くすりの再起堂
・レッドキャッツのテーマ
・わさび
・特急電車

参加ご希望の方は、メッセージでどうぞ。

******
□2
劇団W.I.T.第54回公演
5月3日(木)~6日(日)
あさくさ劇亭 にて。
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

○公演タイトルは?

「ニコ先生と説教の森」



…ほ、
ほんとに説教でいいんですか?

お客さん、
来るんですか??

遠くから来て
お金払って
説教聴きたい人なんて、
いるんですか???


…いや、
少なくとも宗教では普通でしょ!

子どもの頃教会に通ってたけど、
毎週日曜になると家族でミサに出かけて、
神父様の説教聴いてたぞ。

ウチだけじゃない。
毎週大勢集まってた。
あれはきっと、
説教が楽しかったからに違いない!!

うん、
実際話が上手な神父もいて、
私も大人になったら
こんな面白い説教がしたいな、
そう思ったもんだ。


…えええええ?
うぃっとは宗教なわけ???
宗教だったらちょっと…


何も説教に人が集まるのは、
宗教ばかりではない。
学校なんかもそうだろう。
元々学問なんて
そんな感じで教わるところもあるし、
高等教育じゃなくたって、
説教みたいな授業はあるぞ。

中学の時の理科の授業は、
教科の内容が5分ぐらいで、
他は全部雑談の皮を被った説教だった。


学校行かなくなった大人だって、
寄席にはいっぱい来てるだろ?
あそこでやってるのも、
ほとんど説教じゃないか!

【何だかんだ言って、
人は説教聴くのが好き】


…前回はラヂヲショーだったし、
うぃっとは語り芸の方向に
向かってるってこと??


そこまで立派なもんじゃございません。

耳で聴いてるだけで唸らせる
そこまでの芸は生憎持ってない。
当面仕入れるつもりもない。
こないだもラヂヲショーとか言って、
視覚に訴えまくってたし。

芸とも呼べないような反則技の数々なら、
取り揃えてます。
三回転ジャンプやトリプルサルコーも
軽々決めるうぃっとですから。

今度はどんなクソ技が出るか、
期待しててください♪♪♪

(つづく)

******
□3
前回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
解説です。

第11回
10)瓶詰めにされた男(後半)

瓶の中に閉じ込められたまま、
女の帰りを待つ男。
期待通りにペロペロしてもらえるのか??

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

T:ただいま。

C:あ…おかえりなさい。
わ、

T:どうしたの?

C:いえ…緊張して…

T:嬉しいの?

C:嬉しいです。

T:落ち着いて、深呼吸して

C:…空気がないんで、蓋を開けてください

T:あら、ごめんなさい

C:ああ、息ができる…

T:どんな風に食べてほしいか、よく考えた?

C:はい、ペロペロしてほしいです

T:ペロペロ舐めてほしいんだ

C:はい、頭のてっぺんからつま先まで、
表も裏も全部、ペロペロ…

T:どんな風に舐めてほしいか、
わかりやすく教えて。

C:はい、どうすればいいですか?

T:舌を出して。
こんな風に舐めてほしいって、
よくわかるように舐めて。
ほぉら、ペロペロ…

C:ペロペロ…

T:もっとよくわかるように教えて

C:ペロペロ…

T:美味しい?

--------

○何てことだ!

ペロペロしてもらえるはずが、
こっちがペロペロする側になってる!!

瓶の中から舌を出して、
どこをペロペロしてるのか。

女は瓶を持ったまま姿を隠してしまったので、
あとはお客さんの想像力におまかせだ。

男の方は、わかりやすいように、
舌を赤い手袋で表現してみた。


エロは君の心の中にある。
夜道を照らす灯のように、明々と燃えている。
いざ突き進め、妄想の花園へ!


次回は「リスクの分さん」
お楽しみに。

************

先週末=したまち演劇祭の最後の週、
浅草の東洋館で「かもだる田」「バロン」と二夜連続で観た。
演劇・芝居と言うより、溢れんばかりの芸!を堪能した。

かもだる田
=かもねぎショット
+だるま食堂
+多田さん

最後の方で七匹の子ヤギの七姉妹をやってて、
その順番とキャラクターがツボだった。

翌日バロンが最後に
「怖い母ちゃんや姉ちゃん」を唄ってた。

二夜明けて両方の記憶がいい感じに混じってきて、
実はバロンは七姉妹の弟のような気がしてきた。

自分はドラマより法螺話の方が好きだし、
そっち側の人間なんだろうな。
あらためてそう思う。

法螺って元々説教のことだしね。

ではまた。

拍手[0回]

すごい雪でしたね。
意外に溶けるのも早かった。
しかし、寒い。
寒い日は、寒いギャグに限る。

そこで問題です。

「但しイケメンに限る」の類義語って何だ?

答:
「顔が命のよしとく」

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。


「何当たり前のこと言ってるんだ」って?
そう思ったあなたは、ちょっと危ないぞ。
誤解してるかもしれない。

「但しイケメンに限る」と言われて、
「じゃあ俺は当然大丈夫だよな」
と思ったらとんでもない勘違い。

本当の意味は、
「顔が命だから、今回はパス」である。

※なお、ただしでなく但しと表記したのは、
世の中の「イケメンじゃないただし君」への配慮です。


それでは、行ってみよう!
↓ ↓ ↓
******
□1
次回公演は5月
□2
「TOKYO WANGAN WIT」
解説(10)
******

□1
うぃっと第54回公演
5/3(4?)~6
あさくさ劇亭 にて。

はい、今年もゴールデンウィークに公演です。

演目を色々考えてて、
なかなかまとまりません!!

今までのストックが多過ぎて(´Д`)

一旦それは脇に置いといて、
新作部分を考えてみる。

今一番したいこと、

したいこと…

それは…

……

…説教。

前にも言ったでしょ。

人間の三大欲求。
それは、

食欲。

性欲。

説教欲。


あ、帰らないで帰らないで。。。


説教なんか聞いて何が楽しいんだって??

いや、楽しいから。
痛くないから。

痛くない痛くない~

うーんと楽しくするから。
絶対楽しいから。
間違いなく楽しい。

少なくとも、
説教してる俺は楽しい。

………。

ほら、言うじゃない。
人を楽しませるには、まず自分が楽しまなくちゃって。
それよ、それ。


タイトルやキャッチフレーズも考えてみた。
こっちもいくらでも出てきて大変だ。

オヤジの説教。
神父の説教。
上司を説教。

説教の時間。
説教の森。
大いなる説教。
今ここにある説教。

ザ・説教。
説教ライブ。
説教マシン。
説教がいっぱい。
日本説教大会。

2億4千万の説教。
偏差値40からの説教。
遠近両用説教。

説教、はじめました。
午後の説教。
真夜中の説教。
花より説教。
不思議の国の説教。

部屋とYシャツと説教。
蝋人形の説教。
私を説教につれてって。

稽古場の反応も見ながら、決めたいと思う(´Д`)


○GRANDSLUM2018
うぃっとのうたのじかん
2/24土
夜18:30~
江東区文化センター4階和室にて。

無料イベントなので、気軽に来てね♪
唄っちゃうよ!

******
□2
劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第10回
10)瓶詰めにされた男

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

C:これはどういうことだ。
ゆうべ女に誘われて、部屋に入ったとこまで憶えてる。
気がついたら、瓶詰めにされていた。

T:あら、お目覚め?

C:開けてくれ!

T:わ、美味しそう。
食べちゃおうかな?
(指でぐるっとなぞる)

C:お!お、お、お、お!!!

T:でもまだお預け。
帰ってきてからにしよ。
(指を舐める)

C:ペロペロ、舐めちゃったり…

T:ペロペロしてほしい?

C:ペロペロしてほしい、です。

T:じゃあ帰ってくるまでに、
どんな風にペロペロしてほしいかよく考えておいて。

C:あの、こんな風にとか、あんな風にとか…

T:色々考えてくれてもいいわ。
帰ってきたら教えてね

C:はい…あ、あ…蓋されちゃったよ…

T:甘ぁいジャム。 
ピーナツバター。
ソフトクリーム。 
チョコレートパフェ。

C:ああ…

--------

舞台手前に、瓶詰めにされた男。
離れた後ろに、瓶を弄る女。

逆がいいって??
フフフ、残念だったな(´Д`)


○エロは人間の基本
蔑ろにされてはならないこと。

とは言え、
現代はエロが隔離され、分断され、
歪んだものとして存在しがちな嘆かわしき時代。
性的なものへの嫌悪がオンでもオフでも蔓延してる。
性が「売り物」か「タブー、汚いもの」にされやすく、
人前で気軽に語るだけでも難しくなってしまった。

それでもするけどな。
オヤジだから(´Д`)

何も全部脱いで見せろ!とか見せちゃる!とか、
猿のようにやりまくりたいとか、
そういうことではない。

もう少し自然に大らかに、
性について語れないものかなって思うだけだ。
そうでなきゃ息苦しいし。


で、舞台表現において。

まず裸体を出すのは、普通の小劇場じゃ難しい。
火や水などと並んで、基本NGと考えるのが常識だろう。
脱ぐならそれ用の場所へ行け、ということだ。

それでいいのか、
というのは置いといて、
少なくとも自分が今したい表現において、
「裸体を見せる」という方法を採る予定は、ない。

「成人限定」な作品を作りたいわけでもない。
小さい子どもでも、目覚めかけたクソガキでも、
拒まず集えるものを、作りたい、発表したい。

だからって、いい子ちゃん仕様にもしたくない。
「子どもが見ても、なんかわからないけどその深淵があることはわかる。
大人が見たら、その経験次第でいろんな想像が掻き立てられる」
そんなものが作れたら、言うことない。

そのものズバリな表現、言葉を用いずに、
いかにエロを出すか、
人々の想像力をくすぐるか、
表現者の腕の見せどころである。
人生経験を経た今、
そこは挑戦してみるべき、領域だ。


前置きで長くなってしまった。
次回、後半につづく。

************

で、「よしとく」のサイトを見てたら、
ピーターラビットのぬいぐるみを見つけた。
http://www.yoshitoku.co.jp/list/78/

あれ?
可愛くない。

相棒と一緒に驚く。
むしろ、キモいと言ってもいいレベルだ。

で、他のピーターラビットの画像や
家にあるぬいぐるみなども探してよく見てみる。

そこで、わかったこと。

よしとくさん、あなたは悪くない。

「ピーターラビットって、実はキモいんだ」

…あれ?
何か焦げてきた。。。
炎上の匂いが…

ひとまず退散か?
稽古場へ急げ!!

ではまた来襲。

拍手[0回]

先日の連休の旅の最後に、すごいトラップが待っていた!

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。


奈良で豆腐屋と会い、
翌日は平城宮跡を走ってから
夕方電車に乗って柏へ移動。

日曜は柏の葉公園10周30kmを走る大会。
フルを走るのに30km走ってすごく役立つのだ。

相棒と共に走り終えて北千住へ。
先日の公演の写真を撮ってくれた元劇団員のNM氏と会うために。

そして着いた店が…イタリアン。
店外からわかるくらいの猛烈なチーズ臭…

いやいやすごかった。
くれぐれも、今回だけな(´Д`)

******
□1
GRANDSLUM2018
うぃっとのうたのじかん
□2
「TOKYO WANGAN WIT」
解説(9)
******

□1
GRANDSLUM2018
うぃっとのうたのじかん
2/24土
夜18:30~
江東区文化センター4階和室にて。

○うぃっとのうたの秘密に迫る!

・「あの名曲」を一緒に練習して唄ってみよう♪

・まだまだいっぱいすごい歌がある。
その成り立ちも聞きながら、
うたのじかんをゆったり愉しんでみませんか。


「興味がある」
「一緒に歌ってみたい」
「私も何かやりたい」という方は、
連絡くださいね♪

#コメント欄からどうぞ。


○次回本公演は、
5/3(4?)~6
毎度おなじみ
あさくさ劇亭 にて。

詳しくは、また次号で。

******
□2
劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第9回
9)シレットクイズ(2)

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
G=ガーギー木村

--------

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した イヤな奴
シレット (シレット) シレット クイズ

C:みなさんこんばんは、シレットクイズの時間です。
本日の出題者は、港屋八兵衛さんです

T:こんばんは、4.5.6.7、港屋八兵衛です。

C:続いて回答者を紹介します。
____さんです。

※G:よろしくお願いします。

C:それでは早速問題をどうぞ。

T:議員要請に行きました。
署名を見せると
「区外の人が入ってる。当事者じゃないじゃないか」
と突っ込まれました。
ところが、
現に困ってるお母さんが赤ん坊を抱いて訴えると、
今度は「住民エゴだ」と言いました。
この議員は一体何が言いたいんでしょう!

C:回答をお願いします。

G:これは難しい。
大陸か半島の陰謀かもしれない。
あるいは、アメリカと財界がつるんで…
ウソです。簡単ですね。
議員は何を言いたかったか。
会場の皆さんでもわかりますね。
さんはい、

「お前の話は聞きたくない」

C:またのお越しをお待ちしてます。

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した クソ野郎
シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ

(CM)

※二人の時は、GのところはCが兼ねる。

--------

○困った議員

これは実話が元です。
何党とも言いませんが、
どこでもいるんだな、こういう議員が。

福祉とか子育てとかを話し合う委員会にいながら、
充実を求める要請に対して、粗探しして難癖つけて。
そういった輩の負の働きがなければ、
待機児問題がここまで深刻になることはなかったわけで。

はっきり顔に書いてありましたよ。
「お前の話は聞きたくない」って。

「こんな奴らがいなくなるまで、やめてたまるか」
おかげでボスは長いこと、
保育運動に関わることになりましたとさ。


次回は「瓶詰めにされた男」
ついにキタ!!
これテキストでも載せちゃっていいのだろうか???
「禁断の」なんちゃらです。
お楽しみに。
(つづく)

************

うっかり気を許して息を吸うと、
激しい臭いにぶちのめされる。

食べるものはチーズの入ってないものでお願いしたが、
正直、美味いのかどうかもわからなかった。

最初に出てきたのは胃袋とか言ってたが、
空気も吸いながら食べてるので、私にはゲ●の味がした(´Д`)

次に柔らかく調理された茶色の肉が出てきた。
基本、肉は大好きだが、×××の臭いに感じられた(´Д`)

臭いがそこまでさせたのか、イメージが増幅されたのか、わからない。
だが、わからなくていい。
再現テストとか絶対やめて!

お店の人に失礼な態度は取れないので、大人しくしてた。
お店を決めて誘ってくれた彼にも怒ってはいない。
知らなかったのだから。
どうもありがとう。
ただ、2回目はナシだぜ(´Д`)
今度は違うもので。

あと、これは別の場面で経験したことだが、
そういうネタで茶化されるのも、すごく嫌だ。

食べるものが体を作るし、
その責任を負えるのは本人以外にいない。

人の嫌がることについて、いろんな例で言われることが最近多い。
いじめ、差別、ヘイト、ハラスメント…

言葉とか視覚的な嫌がらせはもちろん困るが、
見えやすいし指摘もしやすい。

だが食べ物は直接体内に入るものだから、
それ以上にきつい面もある。

なのにフーハラは自覚してない場合も多く、
理解を得るのに骨が折れる。

人と一緒に飲み食いするのは嫌いではないが、
そういう理解を示そうとしない人も残念ながらいる。
「この人との会食はパスしたい」
そんな人がいるのも事実だ。


ではまた来襲。

拍手[0回]

箱根の山中を猛烈に追走中、
カメラにバッチリ映ってる前で、
足が攣ってきたので一瞬止まって、
その場で靴紐結ぶくらい
少ない動作で冷静に直す、

そんな駅伝選手を見れて、
新年から大変勉強になりました。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。
今年もよろしくお願いします。

各地のマラソン大会で、
これから流行るかもしれないな(´Д`)

写真は、
落ち着いて畑のネットを直すうちの女優


******
□1
今年の活動予定
□2
「TOKYO WANGAN WIT」
解説(8)
******

□1
うぃっと、
2018年活動予定


○うたのじかん、やります!

2月24日(土) 夜
東陽町にて。

先月、某所のクリスマスパーティで、
場繋ぎで短い曲やネタをやる機会があった。

仲間内の遊びとはいえ、
人前でピンで歌うなんて機会は、
公演の時2,3曲歌う以外、
最近ほとんどなかったので、
(カラオケすら行かなくなった)
いろいろビックリ。

マイクがあったから良かったけど、
声を支える力がだいぶ落ちていて、
自分の中では「うわぁ、どうするんだ」状態でしたが、
あんまり押し出さずに上手に繋ぐ力は、
昔から思えばついたよなぁ。

これが老人力、
もとい、おじさん力ってやつか!

で、思ったこと。

・今まで作ってきた、歌ってきた歌を
このまま錆びさせてしまってはいけないな。

・新しい歌もまた作ってみたいな。


本格的なライブではなく、
音の大きい楽器も使いません。
うぃっとのうたの世界を紹介する
稽古場の延長のような形でやります。

詳しいお知らせは次号以降またしますが、

「興味がある」
「一緒に歌ってみたい」
「私も何かやりたい」という方は、
連絡くださいね♪

#コメント欄からどうぞ。


○次回本公演は、5月のG.W.の予定です。

今のところボスとしては、
去年もやったような変則2本立て、
新作と再演にしようかなって考えてます。


今年はいぬ年だから、
フフフ、
あの作品かな…


詳しい日時・内容などは、
次の稽古場以降で決まり次第お知らせします。


******
□2
劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第8回
8)ババアの店(2)

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

T:いらっしゃい。
今日はひとりかい?

C:今日もひとりだ。
今日もひとりかい?

T:今はふたりだよ。
待ってね、いつもの。

C:いつもの。

T:はい。

C:こないださ、高校の同級生と飲んでてさ、
選択科目何だったっけ、って話になって、
そしたらさ、突然こう言ったんだ
「保育園落ちた!」

T:日本史、ね。

C:会話が弾まない…

T:だめよ、不倫しちゃ。

C:そういや、日本史って必修になったんだっけ。
どんな歴史を教えるかが問題だ。

T:そりゃあ、「聖徳太子は10人の言葉を聞き分けられる」とか。

C:「歴史なんて大河ドラマ見せておきゃいいだろ」って言った奴いたよな。
ホリエモンだっけ? 「歴史修正テープ」

T:エロビデオみたいなの? あれは無修正か。

C:そういや、お尻に貼るテープってあったじゃん。
ピンテープ?

T:ぎょう虫検査、やらなくなっちゃったんだって?

C:ぎょう虫って絶滅しちゃったのかな?

♪ ぎょう虫 ぎょう虫 お尻で ウヨウヨ

T:じゃ、またね

♪ ファウル ファウル ~

--------

○せっかく二人なのに

週刊誌みたいな会話。
つける薬もない。
ピンテープでも貼るしかないね。

20年前は、もっと色っぽいシーンのような気もしたが、
役者も観客も時代もお疲れなのに合わせて、もうね。

一応話のネタとしては、下記のように繋がってる。

------
選択科目

↓ 保育園落ちた
↓ ↓
↓ 日本死ね→不倫叩きの風潮
↓  ↓
 日本史→ホリエモン?の暴言
  ↓       ↓
歴史修正主義→歴史修正テープ
        ↓
ぎょう虫検査←ピンテープ

ぎょう虫の歌
------

だから何だ?と言えば、それまでだが。

さりげなくエロい会話に
行きそうで行かないとこが
いーじゃないか!


次回は「シレットクイズ(2)」
オチが読めたら、
一緒に叫んでみてください♪
お楽しみに。
(つづく)

************

これから奈良に行ってきます。
何しに?
豆腐食いにかな。

初詣は富岡八幡宮じゃなさそうだな(´Д`)
実はどうでもいいんだけどね。

有名な歴史とか観光名所って、
詳しくないしあまり興味もない。

広まってるメジャーな歴史なんて、
勝者に都合のいいものだから、阿りたくないしね。

ただ、土地土地の人に触れるのは、大切なことだ。
声高に叫ばれる、宣伝文句やおためごかしの類はスルーして、
土地や事物から沸いてくる、
生きている者、生きていた者の声を、
皮膚に染み込ませながら、
自分自身の歴史認識を築いていこう。


ではまた来襲。

拍手[0回]

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。


君は10年後の未来を知りたくないか?
知りたい奴は地下鉄に乗るといい。

窓の向こうに映るシワクチャのジジイが、
君の10年後の顔だ。

そして気がついた。
あの頃映ってた顔に、今なってることに。

「そうか、
俺は10年後の未来に辿り着いたんだ。
おめでとう!」


この10年、
走り始めて、運動量も増やした。
食生活も改善した。
ストレスの原因も、だいぶ整理した。

なんのなんの。
だからどうした。


ガッカリするほど時が経ち、
すっかりくたびれてるのを自覚した
年の瀬ですが、
いかがお過ごしですか?

前号のメルマガの文面に、
自ら励まされて、
今年最後の力を振り絞り、
書いてます。
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第7回
7)様々な類焼

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
※今回参考にした名作
小林秀雄「様々なる意匠」
--------

森の中。

C:「吾々にとって幸福な事か不幸な事か知らないが、世に一つとして簡単に片付く問題はない。
(中略)
而も、若し言葉がその人心眩惑の魔術を捨てたら恐らく影に過ぎまい。」

うーん、小林秀雄は難しいだにゃ。

「私は、ここで問題を提出したり解決したりしようとは思わぬ。
(中略)
このような私にも、やっぱり軍略は必要だとするなら、「搦手から」、
これが私には最も人性論的法則に適った軍略に見えるのだ。 」

「批評家の芸風を愉しむ俺ってすごいだろ」って知らしめるために、
ずいぶん回りくどい苦労をしたんだな。
その努力は認めよう。
今はネットの時代だから、何か目立つことやれば注目されるだにゃ。


T:牛を肉鍋で煮たネコ店長、炎上中。

水銀入りのサンマ、炎上中。

ショーケースに入った高校生、炎上中。

線路に入ったアイドル、炎上中。

国際試合であの旗を出したサポーター、炎上中。

守備妨害で優勝を逃した最後のバッター、炎上中。

逆送老人、炎上中。

このハゲ!炎上中。

W不倫子持ち議員全部乗せで炎上中。

叩く奴も、
叩く奴を叩く奴も、
叩く奴を叩く奴を叩く奴も、
火が燃え移って炎上中。


C:(何とか逃げ延びて)
はぁ…ネットは怖いだにゃ…

T:続いて大相撲、
8日目を終わって全焼は、

・段ボール工場
・隅田川沿いの木造密集地
・異常気象の森林
・すき家

以上、各社の提供です。

--------

○シーンタイトル=様々な類焼

もちろん、「様々なる意匠」から派生したアンクル・ギャグである。


○読書の秋?

ガラにもなく真面目に本を読んでる(ように見える)赤っぽいネコ。
小林秀雄に感化され、行動に移そうとする。

赤ネコの結論=「目立って注目される」
難しい本を読んでも、結局のところ、
本人の知的レベルに近い程度の理解や実践に留まるようだ。


○炎上中。

目立つために思いつくことも、
アホなポーズで自撮りしてネットに上げる、ぐらいで、
たちまち炎上してビビリまくり、
あちこちに上がる火の手を見て呆然とするのであった。

みゃあ。
ネットは怖いだにゃ。
SNSは怖いだにゃ。
そこらのガキでも店1軒ぐらい簡単に潰せる。
そいつの未来も同時に潰すけどな。


○続いて大相撲、

…炎上してますね。
公演やってる当時は、想像もしなかったし、
ここまでグダグダ長引くとも。

市場問題、大相撲、富岡八幡、
東京の東の名物にケチがつくことが最近多い。

光が強ければ、闇も深い。
オリンピックが来る分は、何が来るのだろう?

葛西橋の向こうへ逃げれば助かったみたいだ
(東京大空襲)


次回は「ババアの店(2)」
どうしてもお洒落な会話にならない男と女。
お楽しみに。

(つづく)

************

♪訪れてしまった 僕らの近未来
ふちが欠けた切手みたいな 僕らの近未来 ~
(「悪い奴がモーモーマンをやっつける」2001.10 より)


気がつけば、
「限界を受け入れる」体験を多く持った1年だった。

今月だけでも、
先々週のクリスマスパーティと、
先週のリレーマラソンは、正しくそうだった。
どっちも素直に受け入れられたのは、
一緒にいたのが高校の同窓生だったからかもしれない。

自分の知ってる自分の力の
2割でしか歌えない、
5割でしか走れない、
それでもその2割の、5割の100%を、
しっかり準備して、やる。

「もっとできるのに」とは思うが、
できない内外の諸事情を含めて、
これが今の限界、自己ベスト。

「向上することを諦める」のとは違う。
向上したけりゃ、体作るとこから、
息して立って歩くとこから、
積み上げる、それしかない。
1年365日、大晦日でも元旦でも。


2号続けて説教っぽくなってしまった。
おじさんだからな。

では、よいお年を。

拍手[0回]

ライネンキング。

来年こそ十二支に入る!
来年は王になるぞと吠えるネコの話。

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

「明日から本気出す」とも似てる。
だがそもそも、
そんな明日などあるのだろうか?


「お前は俺の若い頃に似てる」
先輩や上司に、そう言われた人がいる。

言われた方は様々な受け取り方をするだろう。

「そうかな?」
「いやいや、僕なんか」
「それって高評価?」

でもある時、気づいてしまった。
あの人はなぜ、
「お前は俺の若い頃に似てる」って言ったのか。

今回はそんなお話。
答は続きを読んでね!
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第6回
6)お前は俺の若い頃に似てる

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

T:お便りを紹介します。

「最近先輩から『お前は俺の若い頃に似てる』と言われます。
正直どう受け取ったらいいか、ちょっとわからないところもあります。
先輩は業界の中でも力があり、技術も高く、自分にとっては尊敬できる人の一人です。
ただちょっと通り一遍で、威勢はいいんですが、守りに入ってる感じもします。
自分は堅苦しいのは苦手なので、ちょっとずつ変えようとしてるんですが、
もちろん気を配りながら己を抑えてここまでやってきました。
先輩にはお世話になってるし、人間的にもよくできた人だと思いますが、
ぶっちゃけもう伸びしろはないと思います。
自分は若手のエースとして、次代を担う存在と見られています。
素直に喜んでおくのが正解なのでしょうか」

C:
♪ 明日になれば 明日になれば
明日になればと 言い続け
明日になったと 思ったら
明日は今日だった

約束の時間に 現れず
延ばして延ばして 待ち続け
地球の果てまで 延ばしても
明日はまだ 見えない

T:『お前は俺の若い頃に似てる』
そんな風に言う先輩は、お前のことをどう思ってるか。

こいつだけは認めたくない
甘すぎる
そんなやり方通用しない
躓くと、それ見たことかと内心思う
調子こいて、憎たらしい
世の中なめてる
おいしいとこだけ持ってく

そんな奴を丸めて蓋する魔法の言葉
『お前は俺の若い頃に似てる』

C:
♪ 延びる延びる延びる 影が延びる
延びる延びる延びる 影が延びる
影が延びて 影が延びて
影が延びて 日が落ちる

明日は 永遠に来ない
明日は 永遠に来ない
明日は 永遠に来ない
明日は 永遠に来ない

--------

○なぜそれに気づいたかって?

自分がおじさんになったから。
おじさんのボヤキが、自分の心の中からも聴こえるようになったから。

「こいつは俺のことなんか目標ですらない。
さっさと抜き去れると思ってる。

だが今は勢いやツキがあっても、そうそううまくは行かない。
仕事も組織も人生も、思ったようになんて行かないもんさ。

気づいた時にはガッカリするほど時が経ってる。
心も体も見た目も状況も、すっかりくたびれてる。
柵だらけで動けない。

お前は自分に任せてもらえれば思った通りの仕事はできると言いたいだろうが、
全体の2割も見えてないお前の全力のパフォーマンスは、
掌の上で踊る猿に過ぎない。
対して、年を経た俺たちは、見えてることの2割も動けない。

→結局思ったような仕事なんてできない。
組織でできることなんて限られてる。
人生なんて、借り物の眠ったような場面がほとんどだ。
せいぜい今のうち、ブイブイ言わしとけ」


○そんなおじさんの諦めから導き出される教訓とは

まずそんな前提に縛られないこと。
そこから抜けられない組織は衰えるし人は朽ちてくだけだから、
言ってもわからなかったらとっとと打ち棄てれば良し。

何のために人は人と一緒に仕事を進めるのか。
互いを縛り合い、潰し合い、能力や可能性を抑え込むためではない。
自分も相手も活かす、補い合い、力になる、
一人じゃ見えなかったものまで見え、手の届かなかったところまで届く、
それができなきゃ一緒にやる意味なんかない。

そういう意味のない事業、意味のない組織がうじゃうじゃある。
巻き添え食わないように避けて、枯らしてしまえばいい。

若い人に対して、
世代とか経験とかの括りでくるんで、上手いこと抑え込もうとしちゃいけない。
それは自分たち自身を抑え込んでることでもある。
そんな風に飼い馴らしても、組織も仕事も、枠の中から出られない。

私自身も守りに入るとやってしまうことだから、気をつけたい。
世代や経験の差を越えて、ぶつかり合えばいいし、協働すればいい。

やる気のある奴と、組む。
組んだら明日と言わず始動する。


…最後は強引に前向きな結論にしてしまった(汗
聴いてるか?俺


明日は永遠に来ない。
あるのはどこまでも続く今日だけ。
息絶えるまで、どこまでも。


次回は「様々な類焼」
いつになく勉強熱心な赤ネコが、ネットの炎上にびびる。
お楽しみに。

(つづく)

************

赤っぽいネコは、王になれない。
アキレスが亀に追いつけないように。
来年になると、来年がまた次の年に逃げてしまう。

むしろ己の若い頃に学ぼう。
ろくに物も知らず、全く不器用で、戦いにすらならなかったが、
気構えだけは立っていた。

曰く、
「私はいつも完成品」

常に王者の心持ちでいよう。


それではまた。

拍手[0回]

歴史は繰り返す。
ただの年表です。

1981/6 深川で軍司が襲
1981/10 幸四郎が白鸚を襲
2017/12 深川で宮司が襲
2018/1 幸四郎が白鸚を襲

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

白鸚は隠居名。
白鵬は隠居な。

ゴシップとスキャンダルと事件の
識別をせずに垂れ流すメディア。

タレントの不倫騒動なんて、
何かの宣伝以上の何ものでもない。
その「何か」が美味しいと思って食い付く奴は味音痴。
ゲテモノ食いの方がマシなくらい。

はい、そういうわけで、
今回のお話は高貴な人々の下衆な嗜みについて。
はじまりはじまり♪
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第5回
5)出歯亀論

C=しなやかしなちゃん
(うぃっと国の王子)
T=てんこ
(ふにゃばし国の王女)

※今回参考にした名作
「デカメロン」

--------

T:おお! おおお!
いいねいいね。
あのねえちゃんいいスタイルしてる。

牛(召使)「姫様、私にも私にも…」

おおお!

C:楽しそうだね。

T:王子も見る?
うひょう、キュッと締まってて
あ、王子は機械モノ嫌いだからやめとく?
いいねいいね…

C:何でも毛嫌いするのは良くないからな。
どれ?貸してみて

T:もう!
素直に見たいって言えばいいじゃない。

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん

C:(覗く。キュウリが見える)
ありがと。

T:どうだった?

C:ちょっと細過ぎるかな。
肌はあんまりゴツゴツしてない方がいいな。

T:旦那、結構要求高いねえ。
ちょっと待ってて。探してみるから。
お。これはいい!
肌に艶があってパッツンパッツンだ。

牛「姫様姫様…」

おおおおお!!

C:悪いね。
催促するつもりはなかったんだけど。

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。ナスが見える)

うーーん、

T:パッツンパッツンでしょ?

C:ちょっと黒過ぎるかな。

T:この贅沢者!

C:あ、でも、このシリーズいいから続けてよ。
1日10本ずつ、10日間とか。

T:そうかい?
まあ言われなくたって、やめられないんだけどね。
おおお!!! 完璧なフォルム。

牛「姫様、早く…」

おおおお!!
ラインがくっきり…

C:あ、並んでください。
僕が先ですから

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。オクラが見える)

お、そう来たか。 
綺麗な曲線だ。
でも硬いんだよな…

T:王子ったらもう手厳しい。
よし決めた。
王子の好みのど真ん中、探しちゃお!

牛「姫様、こんなのはどうですか?」

T:あ、これ、いいねいいね。
ボリュームたっぷりでむっちりしてて。
王子はこういう感じが好みだよきっと。

C:わざわざありがとう。
どれどれ?

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。大根が見える)

おお! むちむちで。
色に染まってない素朴な感じもいいね。
てか、いつから俺は草食になったんだ?

T:草食なのに、エロい。
王子も好きだね。

C:お互い様だろ。
あ、ちょっともう1回貸して。
えーと、この辺だったかな。
あったあった。
これはすごい。美しい。
地球上にあるのかってくらいの美だ。
これってむしろ、男より女性の方が好みかもしれない。

T:期待しちゃっていいの?

C:もうバッチリ。
今までのお礼ね。
ちょっと覚悟して、見た方がいいよ。

T:そんなにすごいんだ。 どれどれ…

♪でぃろんでぃろん でぃろんでぃろん
(覗く。上半身裸の王子が見える)

…………。

C:お気に召しましたか?

T:何で手ブラなの?

C:今いろいろうるさいから。
「男でも乳首出すな」とか。

♪ファウル ファウル ~

--------

5月公演で再演した「ふにゃばし」の
王女と王子の設定が早速ここに登場!

○双眼鏡でねえちゃんの体を覗き見してる王女

機械モノと人の噂話が大好きな王女だが、
こんなゲスい趣味を持ってたとは!
作者もビックリだ。


○何でも毛嫌いするのは良くないからな。

王子もツンデレ、
というかむっつり?


○でぃろんでぃろん

「キュウリ.net」のシーンではカカキンのサンバのリズムが出てきたが、
このでぃろんでぃろんも、「テクニカルファウル」初演の時に使われたものだ。
当時はカカキン同様踊っていたのだが、
今回はレンズの向こうのアヤシイ肢体を覗き見る効果音だ。

実際見えるのは、野菜なわけだが。


○このシリーズいいから続けてよ。

1日10本ずつ、10日間のお話。
いわゆる「デカメロン」ってやつだな。
作者は真夏の新幹線で1日目だけ読んでお腹いっぱいになった。
これでもかこれでもかと語られる宗教の権威の腐敗ぶりは、
今の世でも変わってないようだ。


○いつから俺は草食になったんだ?

大根のところで、王女が野菜を出して見せてたのに王子が気づく。
これが1つめのオチ。


○今までのお礼ね

王子も仕返しに、とっておきのものを見せる。
もちろん自らの上半身ヌード!
という2つめのオチのはずだが…
何で手ブラなの?


○今いろいろうるさいから。
「男でも乳首出すな」とか。

これがホントのオチ。
「どいつもこいつも風紀委員」
的な最近の風潮に対して毒づいてる。
バカバカしいネタにこそ、主張が入ってる。


次回は「お前は俺の若い頃に似てる」。
これも残酷な本音入り。

毒がいっぱい 栄養満点 うぃっとの芝居♪

お楽しみに!

(つづく)

************

大人になったから、
裸とか絡みとかナシで
とびきりエロいシーンを書きたい、作りたいって、
常々思ってる。

だが実際焼き上がるのは、
小学生のお楽しみ会みたいなお話。
王女の衣装は災害用のアルミシート。


知ってる人は知っている。
家庭料理が一番美味い。

立派なお店になれなくてもいい。
私は炊き出し鍋になろう。

それでは、また。

拍手[0回]

うぃっとが一番よく使う稽古場までの通り道に、
富岡八幡宮がある。

こんばんは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。



地元の人は大変だろうな。
これから年末年始で賑わう時期なのに。
今年の深川の冬は、寒そうだ。。。

ブルブルブルブル…
今日は電車で行こうかな?

******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第4回
4)シレットクイズ(1)

C=しなやかしなちゃん
T=てんこ
G=ガーギー木村

--------

3)シレットクイズ(1)

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した イヤな奴
シレット (シレット) シレット クイズ

T:みなさんこんばんは、
シレットクイズの時間です。
本日の出題者は、赤っぽいネコさんです

C:どうも、赤っぽいネコです。

T:続いて回答者を紹介します。
____さんです。

※G:よろしくお願いします。

T:それでは早速問題をどうぞ。

C:俺が物事を短い言葉で言うと、
「全然わかりません。
もっと具体的に言ってください」
と言われる。
じゃあと思って、
今度は詳しく説明し始めると
「もっと簡潔に言ってください。
何を言いたいのかさっぱりわかりません」
と言われる。
こいつは結局何が言いたいんだ。
俺に何を求めてるんだ。
こっちがさっぱりわかんねえや。

T:回答をお願いします。

G:それは困りましたね。
具体的で簡潔で、それで話が通るって、
気心知れた仲間内か、
誰でもわかりきったことか、
あんまり中身のないことぐらいでしょう。

C:でしょ?
何でそんな無茶言うんでしょうか?

G:答は簡単です。
その人があなたに言いたいことは、
ただ一つ。
「お前の話は聞きたくない」

T:ありがとうございました。


♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した イヤな奴

T:あなたも、シレットクイズに出演してみませんか?

♪君のとなりに 君のとなりに
君のとなりに いるだろう
したり顔した したり顔した
したり顔した 糞野郎

T:応募はこちらまで。じゃあね、バイバーイ♪

♪シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ
シレット (シレット) シレット クイズ

(CM)

※二人の時は、GのところはTが兼ねる。


--------

○シレットクイズ

いわゆる「シルエットクイズ」なのだが、
回答者がしれっと憎たらしい答を出すのが特徴。
それを聞いた出題者が怒り狂うのも見どころ。
クイズと言うより悩み相談のような気もするが…


○回答者____さん

練習の時からいろんなキャラクターでやってみました。
あなたの知ってるキャラクターで想像してみてください。
楽しみが広がりますよ。


○この回の内容を整理すると、

・具体的で、
なおかつ簡潔で、
話が通るのは、
ごく限られた関係内か、
話自体にあまり価値がない場合である。

・にも拘らず
両方を求める聞き手は
あなたに対してどう思っているのか。


「お前の話は聞きたくない」

あ、もちろん、
作者の生きてきた中で味わってきた実感も入ってます。
救いのない、胸糞悪い話。
ひねくれてますかね?

筋って通らないもんです。
悔しいけど、諦めたくないけど。

相手や場面によって、やり方を工夫しないとね。


次回は「出歯亀論」。
あの古典が、覗きのレンズ越しに甦る?!
お楽しみに!

(つづく)

************

ガスコンロと椅子を新調した。
机もポチッと注文。
お世話になったモノたちとはお別れも。

寒いけど、風通し良く、
カードを切って、いいカードに替える。
モノも体も。
日々、生まれ変わり。

傍らで日常が切り裂かれても、
今日を生きないと。

それではまた。

拍手[0回]

こんにちは、
うぃっとのボスのしなやかしなちゃんです。

蔵前のドイツ料理店が都電の冊子に載ってた。
相棒が前から通るたびに気になってたそうだ。
「マイネクライネ」

それって津軽では
「ダメだ、来られない」って意味だったような。
俺が思い出したのは、
昔、ぴあだかフロムエーだかに載ってたネタ。

…俺って根っからアンクル・ギャグ(´Д`)


そういやあ、
蓄電池で動く電車のことを
DENCHA(デンチャ)って言うんだって。
「DUAL ENERGY CHARGE TRAIN」の略。

ちなみにイタリアの登山電車の歌
「フニクリフニクラ」の作曲者の名前は、
デンツァ。

東西問わず、
世の中アンクル・ギャグでできている。

↓写真は夏に行った下関

♪行こう行こう、火の山へ~

それでは今週も、行ってみよう!
↓ ↓ ↓
******

劇団W.I.T. 第53回公演
「TOKYO WANGAN WIT」
~うぃっとの見えるラヂヲショー~
http://park10.wakwak.com/~wittokyo/stage.html

公演の解説です。

第3回
3)ババアの店


C=しなやかしなちゃん
T=てんこ

--------

T:いらっしゃい。
今日はひとりかい?

C:今日もひとりだ。
今日もひとりかい?

T:今はふたりだよ。
待ってね、いつもの。

C:いつもの。

T:はい。

C:おしぼり。
じゃなくて、口がさびしくないやつ。

T:あ、いつものね。
(マイクを渡す)

C:♪

T:はい、サービス。

C:何だこりゃ。

T:ヘタ。

C:歌手じゃないからな。

T:女と二人きりで唄う歌じゃないでしょって。

C:女はお気楽だよな。

T:そうよ。
男もお気楽じゃない。

C:こうやって毎日、出されたものを飲み、食い、

T:交替する?

C:やだね。哀れさが引き立っちゃう。
別に俺が料理出したってちっとも哀れじゃないけど、
でも女はさ、
出されたものを食ったってちっとも哀れじゃない。
男だけさ。

T:言う割にはよく食べるね。

C:しつけがいいからさ。

C:こないだ入った店でさ、
いきなりピチピチした魚を出してきたんだ。
動いてるやつ。
「何だこれは?」って訊いたら、こういうんだ。

「一昨日きな。
おとと生きな」

T:一昨日でも、昨日でもよろしくってよ。

C:後悔しなくなる飲み物をご馳走になったのって、
いつだったっけ?

T:もう、切れちゃった?

C:…また来る。

T:じゃ、また。


♪ ファウル ファウル 
気まぐれな 出来事
テクニカルファウル

--------

90年代にシリーズ化した「ババアの店」。
うぃっと新聞に連載してた。

男と女の、甘くて苦くてしょっぱくて煮え切らないお話。
話の設定に追いつけるくらいの実年齢になってきた。

初演の頃と大きく変わったのは、
当時は「イカした台詞をキメるいい男」だったのが、
今は「ギャグかまそうとして滑るオヤジ」になったところ。

いずれにしろ、
ボスにはハードボイルドは無理なようだ。
一生消えないギラつきは隠しようがない。


○こうやって毎日、出されたものを飲み、食い、

初演では男はヘアヌードを見ながらぼやいてる。
台本の内容は全然違うのだが、
この辺のフレーズだけは被ってる。
裸の写真を見てなくても、
哀れさが引き立つ男になったぜ。


○後悔しなくなる飲み物

過去にご馳走になったんですね。
男と女の間に、
これまで何があり、
あるいはなかったのか。
多く語らないから、
いろんな想像ができる。

○♪ファウル ファウル

このジングルは初演の時のものをそのまま使用。
最初この部分だけ曲ができてて、
後で足してできた「テクニカルファウル」は、
ちょっとアイドルっぽい曲だ。


○ボスより。

うちの女優は素晴らしいので、
滅多にNGを出すことはないのだが、
今回ババアの店に関しては、
相当繰り返して練習した。
なぜか。

ババアに常に求めていたのは
「この女には勝てねえ」
って存在だったのかもしれない。
男がカッコよくてもカッコ悪くても、
常に手が届きそうな高さで、かなわない。


永遠に
恋していたい
それだけだ

今日の一句でした。


次回は「シレットクイズ」。
人に伝えるのって、難しい。
でも、伝わらない理由がこっちにあるとは限らない。
お楽しみに!

(つづく)

************

なぜメルマガで作品を惜しげもなく公開し、
解説・ネタバラシするのか。

芝居を観たお客さんに対しては、
作品を愛してほしい、
ずっと憶えててほしいから。

観てない・これから観る人たちに対しては、
「まだまだこれからいっぱい書きまっせ作りまっせ」
予告も兼ねた意思表示。

自身にとっては次へ進むため。
1つ1つの作品は、永遠であり、
作る者・作り続ける者としてはとても愛着が深い。
だが、愛にズブズブに嵌ると次へ行けなくなる。
書き記し、残すことで、一区切りつけることはできる。

芝居やるだけじゃ、
やった芝居自体は消えちゃうから、
作品だけが想いとして残っちゃうんだよね。


次はどうする?
年内はゆっくり考える。
そう言ってる間に終わっちゃいそうだな。

また来襲。

拍手[0回]

メルマガ登録はこちら
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]