忍者ブログ
「TOKYO WANGAN WIT」〜うぃっとの見えるラヂヲショー〜ご来場ありがとうございました。劇団W.I.T.のメルマガです。基本、斜め上なブラックジョーク満載の文面なので、真に受けて炎上させないでね。
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143]
オリンピックって、こんなにいっぱい種目があったっけ?
色々一気に来られて頭が処理できないまま終わりそうだ。
おはようございます、ニコちゃんです。


○ニコ先生の区民農園

広島に行く前に収穫した枝豆。


でかくなったオクラ。

あんまりでか過ぎると食えない。

ひまわりもこの頃はまだ元気。


******

□1
稽古場より

○巨大不明催事?

豊洲で稽古してたら、隣の部屋の表示に書いてあった。
???
ググってみる。
なるほど、コミケのシーズンだった。
豊洲ならではだね。


○マタヨシイエス

CSで何度も何度も放送してる。


○何で柱の話になったか忘れたが、

「ネコよ、寅年を取りたかったらこの柱の周りをグルグル回るのだ」


○脚の回転が速いのって、グルグル回るような絵を描いたりする

・頭の回転が速いのもグルグルで行けそうだ。
・頭がパーなのもグルグルだ。
・ガッカリしてるのもグルグルだ。

これらは区別がつくのだろうか?
実は同じなんじゃないか??


○五輪のプールが緑色なのは?

・養生テープって言ったら緑でしょ?
→幼児用プールって言ったら緑。
→プールって言ったら緑。

・選手村に風呂がなくて、
「入浴剤が無駄になったわ」とか言ってた日本選手がいた。
そいつが怪しい。


○辰巳のプールの北にある水素なんとかって何だっけ?

・水素バーベキュー
・水素ドッグラン
・水素カトリック教会
・水素ガスステーション
・水素ニアン博物館

正解→ https://www.tokyo-suisomiru.jp/


○人間、40秒しか全速力で走れない。

・40秒でマラソンを走り切るために、脚の長さを100mにした。
・トラックを跨げてしまうので、トラックに壁を作る必要がある。

******

□2
「ニコ先生の人生相談 2」
解説編・第8回

8)周年

写真
http://wittokyo.web.fc2.com/50_niko/08.html

------

T:私は…今年でいくつだったっけ?

C:あなたは、今年で、ちょうど、ちょうどだったと思う。

T:ちょうど、ちょうどか。



C:相変わらず、冷える。

T:そうでもない。もうすっかり夏だし、昨日と比べたら今日は…やっぱり、冷
えるね。

[C]:行くよ、3回転ジャンプ。それっ!

[T]:あっ!ずるーい

[C]:バーカ、これがそうなんだよ

C:危ないじゃないか

[C]:すいません! よし、もう1回行くぞ、見てろ…

TC:あ…:(ふたり、笑う)

C:「ひとりになる」ってこと、わかるか?

T:さあ、私にはちょっと…

C:最近ひとりになったことある?

T:ここ30年はないんじゃないかな?

C:ひとりに なってみようか

T:でも どうやって?



C:私にもよくわからない。案外簡単な気がする。
こうやって片方の手を、そーっと外していくんだ…ほら簡単だ…それから

T:それから?



C:1歩離れて…もう片方の手も同じように…もう1歩…

T:…もう1歩…

------

30年連れ添った男と女が、ひとりになる、離れる話。
前後のシーンの繋がりから、ニコ先生とおくさんのようにも思える。
たくさんあるニコ先生とおくさんの世界・ストーリーのうちの一つなのかもしれ
ない。

だが台本では、C(しなやかしなちゃん)とT(てんこ)のままになっている。
舞台上のキャラクターを通して、世界中のカップルのことを言ってるのかもしれ
ない。
そのうちの一組の話なのかもしれない。

○相変わらず、冷える。

初演は七夕、今回も初夏なので、夏の設定のはずだ。
しかも庭仕事で屋外だ。
夏なのに寒い。
気温は高いのに冷えるのだ。

代謝が下がってるのか、
加齢で感覚が鈍ってるのか、
愛情が冷めてしまったのか、
命の炎が枯れてきたのか、
それとも…

わからない。

○私にもよくわからない。案外簡単な気がする。

わからないと言ってるくせに、手際がいい。
わからないのは、やったことないからであって、
一度やってしまったら、もう動き出してしまって、やり直せない。
少なくとも、元の位置には戻れない。

憎い台詞だ。
初老の男の、甘いトーンのくせに、苦くて、渋くて、不味くて食えない。

だがこのシーンの元は、32年前、作者が20歳前に書かれている。
細かい言い回し以外は大体一緒だ。

いや、一つだけ大きな違いがあった。
32年前(の30年後)は、年齢がわからなくて訊くのが男で、
冷えると先に言ったのが女だった。

作者はあの頃、どんな風景を浮かべながらこのシーンを書いたのだろう。
今となっては記憶の上書きで絶対わからないが、
その頃の想い、未知なる過去へ旅立ってみたくなる。


(次回は「それぞれの道」。
ニコ先生の一大決意とは?
次々号をお楽しみに)

------

次号は、
「アンクル・ギャグの小屋 4
~うぃっとの宝船~」解説編
第24回
「壁から出てきたのは(3)」
をお届けします。

******

なんか雨すごかった。

次回、
いよいよ来るぞ。
公演のテーマ、タイトル。

ではまた来襲。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
メルマガ登録はこちら
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/01 ニコちゃん]
プロフィール
HN:
丹胡茅庵(ニコちゃん)
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 湾岸WITメルマガ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]